相棒 season20の無料動画と見逃し再放送・再配信はこちら【ネットフリックス・アマゾンプライム・TVerで見れる?】

サムネイル画像
【公式見逃し配信】
無料でフル視聴する方法

「相棒 season20」
\無料視聴するならAbemaプレミアム/

 

Abemaプレミアム
公式サイト


※無料期間中の解約なら、0円。

猫画像1
この記事を読むと、相棒 season20を無料で視聴する方法がたった3分でわかるよ♪

相棒 season20の見逃し動画を無料でフル視聴する方法

結論からお伝えすると、 相棒 season20の見逃し動画はAbemaプレミアム で視聴しましょう。
広告なし・CMなし・31日間無料・全話フルで快適に視聴することができます。
TELASAは、本来は有料の動画配信サービスですが、14日間も無料期間が用意されているので、その期間であればどれだけ動画を見てもOK。

猫画像1
もちろん、無料期間のうちに解約すればお金は一切かからないよ♪

相棒 season20の動画見逃し配信状況

Abemaプレミアム以外の、他の動画配信サービス(VOD)も含めた配信状況をまとめましたのでご覧ください。
動画配信サービス 配信状況
配信中
配信中
配信中
配信なし
配信なし
配信なし
配信なし
配信なし
配信なし
配信なし
配信なし
配信なし
配信なし
配信なし
配信なし

シーズン一覧

  • 2021年11月10日放送 第5話 光射す

    角田は、行方不明の娘を捜している元刑事・水木と会う。そんな中、男の死体が発見され“密室殺人”と疑われた。特命係が聞き込みをし、隣人の老婦人・三宅富士子には部屋から出ない息子がいることが判明。日中、息子に事情を聞こうとするがうまくいかず…。ある日、水木たちが男が亡くなった部屋を非公式に家宅捜索していたことが分かる。実は、問題の部屋に女性が監禁されているというネットの書き込みがあったからだというが…⁉

  • 2021年11月3日放送 第4話 贈る言葉

    陣川(原田龍二)は、高校時代からの友人で、現在はゲームクリエイターとして活躍している鴫野大輔(黒田大輔)から結婚式のスピーチを依頼され、大張り切り。しかし、内容が今ひとつのため、鴫野が長年世話になっているというスピーチライターの宮森由佳(瀬戸カトリーヌ)を紹介される。興味を持った右京が、陣川に同行し、由佳から話を聞いていると、陣川の携帯に鴫野から連絡が。突然、殺人事件の容疑が掛けられ、警察から事情聴取を受けているという。助けを求められた陣川は、右京と亘(反町隆史)をともなって急行。殺されたのは鴫野の下で働いていた元社員の男性で、死の直前、『お前を絶対に許さない。全てを公にして謝罪しろ』というメールを鴫野に送っていたという。内容から、ゲーム開発に関して、鴫野に恨みを持っていたと思われるが、鴫野自身は容疑を全面否認。それを信じた陣川は、右京と亘を巻き込み、独自の捜査を始める。ところが、その矢先、鴫野犯人説を裏づける、決定的な証拠が発見されて…!? 人気ゲーム開発の裏に秘められた殺意 カリスマクリエイターが隠したい秘密とは!? 陣川の熱い思いが、意外な真相をあぶり出す!

  • 2021年10月27日放送 第3話 復活〜最終決戦

    右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、青木(浅利陽介)をともなって、加西周明(石丸幹二)が生前、準備していた仮想現実の世界に足を踏み入れる。そこに、官房長官・鶴田翁助(相島一之)の“弱点”が隠されていると踏んだ右京たちは、加西のアバターに案内されるまま歩を進めるが…。いっぽう、元内閣情報官の栗橋(陰山泰)は、柾庸子(遠山景織子)の一件をめぐって捜査一課から厳しい追及を受けていたが、関与が疑われる鶴田をかばってか、完全黙秘を貫いていた。同じ頃、警視庁では、異例の事態が起きていた。広報課長を務める美彌子(仲間由紀恵)に辞令が下り、思わぬポストに異動することになったのだ。背後には鶴田の手引きや美彌子の思惑があるとみられるが、真相は不明。そんな中、鶴田は加西が握っていたと思われる、自身の“弱点”を潰しに掛かるが…!? 加西がVRの世界に遺した“切り札”の正体は!? いっぽう、警視庁内では権力をめぐる不穏な動きが… カオスと化した事態の中、特命係が驚がくの真相に迫る!

  • 2021年10月20日放送 第2話 復活~死者の反撃

    右京(水谷豊)と亘(反町隆史)が、自室で死んでいる中郷都々子(織田梨沙)を発見した。一見、自殺に見えるが、玄関は施錠されておらず、部屋が冷房で極端に冷やされているという、不可解な点もあった。それでも捜査一課は、都々子の死を、自殺として処理。納得いかない右京と亘は、捜査を続行しようとするが、亘が罪をなすりつけられた“鍵泥棒”の一件が尾を引く。形式上、特命係を統括している峯秋(石坂浩二)が、マスコミに糺弾されるなど、外部から圧力が掛かったのだ。背後には、官房長官・鶴田翁助(相島一之)の暗躍があると思われるが、尻尾を掴むことはできない。そればかりか、これまでの経緯から、亘が免職の危機にさらされる。しかし、ひるまない右京は、加西周明(石丸幹二)が遺した“鍵”に鶴田の弱点が隠されていて、それこそが一連の出来事の真相解明の足掛かりになると推理。右京と亘は、青木(浅利陽介)をともない、鍵が示す“ある場所”を訪れるが…!? 時の官房長官の周囲で相次ぐ不審な死… 真相解明の鍵は加西が仕掛けた巧妙な罠!? 権力の巨大な壁が特命係に立ちふさがる!

  • 2021年10月13日放送 第1話 復活~口封じの死

    半年前の春。官房長官の鶴田翁助(相島一之)は、加西周明(石丸幹二)暗殺事件を主導しながら、愛人である柾庸子(遠山景織子)の“自白”によって罪を逃れた。そんな中、鶴田が師と仰ぐ元官房長官の朱雀武比古(本田博太郎)が、3年前に仮出所していたことを知った特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)は、裏に鶴田の思惑があったのではと探りを入れる。すると、拘置所に収容されている庸子の接見が突然、禁止となった。不審に思った右京と亘が事態を探りはじめた直後、鶴田が突如、“こてまり”に姿を現し、驚愕の事実を告げる。なんと、庸子が拘置所内で自殺したという。 冷徹で残忍な鶴田による“口封じ”を疑った特命係は、庸子の死の真相を突き止めるべく捜査を開始。同じく彼女の死に疑問を感じた元弁護士・中郷都々子(織田梨沙)も独自に動きはじめるが、やがて事件には想像以上に複雑な思惑と陰謀が絡み合っていることが発覚。そして、ついには、亘が逮捕される事態に――! 不審な死を遂げた庸子の自殺の真相とは!? 加西暗殺の“仕掛け人”たちの思惑が交錯 国家権力の闇が再びうごめき始める!

>

現在放送中のドラマ