ドラマ | どうする家康見逃し動画2023年01月最新!再放送・無料フル配信はこちら【ネットフリックス・アマゾンプライム・TVerで見れる?】

サムネイル画像
本日から 3月3日 まで無料!

31日間無料で動画視聴

※2021/04/16時点の情報となります
最新の配信状況は配信サイトなどでご確認ください
この記事を読むと、どうする家康を無料で視聴する方法がたった3分でわかるよ♪

こんな方にオススメ!

  • どうする家康の第1話を見逃してしまった...
  • どうする家康の最終話まで一気に見たい!
  • どうする家康の見逃し配信はないの?

目次

どうする家康の見逃し動画を無料でフル視聴する方法

結論からお伝えすると、 どうする家康の見逃し動画はNHKオンデマンド U-NEXT で視聴しましょう。
広告なし・CMなし・31日間無料・全話フルで快適に視聴することができます。
U-NEXTは、本来は有料の動画配信サービスですが、31日間も無料期間が用意されているので、その期間であればどれだけ動画を見てもOK。

もちろん、無料期間のうちに解約すればお金は一切かからないよ♪

NHKオンデマンド U-NEXT

  • 無料お試し期間
    31日間無料
  • NHK作品
    10000本以上
  • トータル作品数
    24万本以上
  • 料金
    2,189円+990円(実質無料)
  • ダウンロード再生
    可能

ドラマ | どうする家康見逃し動画2023年01月最新!再放送・無料フル配信はこちら【ネットフリックス・アマゾンプライム・TVerで見れる?】

動画配信サービス 配信状況 お試し期間&特典

配信中

配信中

配信中

配信なし

配信なし

ドラマ『どうする家康』の動画は、NHKオンデマンド U-NEXTで配信中です。

※注意!

PandoraTV(パンドラ)・Dailymotion(デイリーモーション)などのその他海外の動画サイトでは違法にアップロードされた本編動画がある場合があり、画質・音質が悪いのはもちろんのこと、外部リンクへ誘導されることによりウィルスやスパイウェア感染の可能性もありますし、個人情報の漏洩やワンクリック詐欺など事件に発展する可能性もあります。

本日から 3月3日 まで無料!

31日間無料で動画視聴

NHKオンデマンド U-NEXTで作品を観る方法

エンタマ編集部のポイント
NHKを見れるサービスの1つです
NHK作品も映画ドラマアニメも楽しみたいという方にぴったりなサービスです。
毎月付与されるポイントを使うことで実質無料でNHK作品がみれるのが大きな強みです。
無料お試し期間
31日間無料
視聴可能作品
U-Next配信作品+NHKオンデマンド配信作品
料金
U-Next月額料金+990円
ダウンロード再生
可能
ポイント付与
月1200ポイント
本日から 3月3日 まで無料!

31日間無料で動画視聴

  1. NHKオンデマンド U-NEXTの公式サイト へアクセス
NHKオンデマンド U-NEXTの会員登録は3分もあればカンタンに登録ができるよ♪
会員登録日から31日以内の解約であれば課金されないので、無料期間だけ楽しみたい方は解約を忘れないようにね♪

どうする家康の番組情報

どうする家康 放送情報

NHK総合 毎週日曜20:00~20:45
NHK BSプレミアム・BS4K 毎週日曜18:00~18:45

どうする家康 再放送情報

NHK総合 毎週土曜13:05~13:50

 

 

口コミ

SAKURA 50代前半 女性

5.0

徳川家康といえば、江戸幕府を開いた英傑として知らない人はいませんが、そんな彼の若かりし頃の姿はとにかく壮絶な苦労を重ねて生き延びた人物です。描き方によって彼の周囲の人々のキャラもかなり変わり、それぞれの視点で表現も180度変わってしまうことも珍しくありません。そんな家康が如何にして並み居る戦国大名を制覇していったのか。大河ドラマとして家康を主人公にしたのは滝田栄さん主演の「徳川家康」からちょうど40年ですから、その間により成熟してきた家康像がどう表されていくのか、とても楽しみにしています。

もっと見る
まりあん 50代前半 女性

5.0

このレビューはネタバレを含みます このレビューを隠す

家康の生涯を描くとなると、どっしりと重厚で豪華なイメージがありましたが、今回は主演が松潤で、脚本が「コンフィデンスマンJP」の古沢良太さん!ということで、かつてないポップな作風の家康物語になるのでは?と期待しています!この前家康がフューチャーされた大河ドラマと言うと「おんな城主直虎」で、これもまたかなり新鮮な家康像が阿部サダヲさんによって演じられましたが、今度は主役!しかも松潤!ということで、想像が追い付きません。私は正室の瀬名がとても好きなので、彼女を有村架純さんが演じてくれることがとても嬉しく、楽しみにしています___その行く末は途方もない悲劇ではありますが、彼女の存在が広く知られることは意義があると思うので…。「鎌倉殿の13人」が面白過ぎて、おそらく凄いロスにハマる人が沢山いると思いますが、それを引っ張って塗り替えてくれると良いなぁ。期待しています!

あおい 30代後半 女性

4.4

大河ドラマの王道、戦国時代の家康を描くのでとても楽しみです。脚本家の古沢良太さんは数々のいろんな名作ドラマを作っており、仕掛けのある展開が得意と印象です。大河ドラマはある意味結末は誰もが知っている話ではありますが、それを古沢さんがどうアレンジしていくのか楽しみで仕方ありません。「どうする家康」というタイトル通り、ちょっと頼りない家康の姿が見られるのかなと予想しています。いろんな俳優さんが家康を演じてきましたが、松本潤さんはどんな家康になるのか今からワクワクしています!

もっと見る
みかん 50代前半 女性

5.0

今回も舞台になる静岡県浜松市は「おんな城主直虎」や「いだてん」、古くは元祖・正統派とも言うべき「徳川家康」などの舞台になり、既に盛り上がっています。岡崎は生誕の地として、静岡(駿府)は大御所として確固たる地位を築いてから、というイメージが強いですが、浜松での徳川家康は発展途上でどちらかと言うと情けない人間臭い部分がとても強く、そういう意味で親しまれている偉人ですね。そんな家康が出世階段を駆け上がっていくところを、どんなふうに松本潤さんが演じてくれるのでしょうか。メインビジュアルの美しい青が印象的で、今年の族滅大河「鎌倉殿の13人」とは全く違う世界に連れて行ってくれることを楽しみにしています。

もっと見る
手裏剣 60歳以上 男性

4.0

このレビューはネタバレを含みます このレビューを隠す

「麒麟が来る」では、風間俊介さんが、優しそうな家康を演じていましたが、今回は松本潤さんなので、ワイルドなイメージがします。愛妻の築山殿を有村架純さんが演じるようですが、信長役の岡田准一の長女、篤姫の父、信長への讒言で、家康に泣く泣く命を奪われる築山殿の悲劇が、注目です。だれが篤姫を演じるのか見物です。

ノリ 30代後半 女性

4.5

「どうする家康」すでにこのタイトルだけで、これはコメディになるのでは?と期待が持てます。思えば戦国時代の終わりに生まれ、他でもない戦国の世を終わらせたのが徳川家康。その人生には「どうしよう……」と頭を抱えたことも多かったに違いありません。どうなる?どうしよう?どうする!?波瀾万丈な人生を送った彼がどんな風に描かれ、どんな苦労をすることになるのか。また、コメディが強いのか、はたまた思いがけずシリアスの連続なのか。今から期待しています。

もっと見る
忍者パン 50代前半 女性

3.0

このレビューはネタバレを含みます このレビューを隠す

嵐の活動休止からほとんど表舞台での活動がない松本潤がNHK大河ドラマでついに始動開始!その役はなんと徳川家康。勝ちと成功のイメージしかない家康だが、幼きころに半ば人質として家を出され哀れな境遇で過ごしながら、周りの要望で生まれの岡崎城に帰還し、藩を守ることから天下取りの道がはじまった苦労人。常に前へ、勝ちに進むためにどうする?と思案してきた家康。そんな家康に惚れついてきたおなじみの武将や人々、敵視する者どもを、誰もが主役を張ってもおかしくない俳優陣のキャスティングでバッチリ固めている。このキャスティングであれば歴史に興味がない層でも(私含め)きっと画面に釘付けになることだろう。また新たな歴史ブームが生まれそうな期待感でしかない。

ryo. 50代後半 男性

4.7

戦国時代の覇者3傑の、最終勝者となった徳川家康を松本潤さんが演じる、イメージとは違う人間像に期待が高まっています。三河の小さな大名の殿さまであり、幼少期には織田信長とも交流があった?と言う逸話。その織田信長を岡田准一さんが演じる期待感、豊臣秀吉はムロツヨシさんと聞いて、タイトルが「どうする家康」今までにない、コミカルな大河ドラマになるような魅力を感じます。松本さんの表情や、仕草、演技力に期待したいです。

もっと見る
ToMo 50代後半 男性

4.8

江戸幕府を開き、日本に平安の世の中を270年間築いた初代の将軍、徳川家康。幼少期から、織田信長や豊臣秀吉も同じですが、波乱万丈な人生を生き抜き天下人になった人を「どうする家康」と、選択の連続、ピンチの連続であったようなタイトルで、非常に興味深いです。もしあの時…と、歴史にもしはありませんがそんなストーリー展開と、松本潤さんの演技力、築山御前架純さん、武田信玄の阿部寛さんなど、イメージと全く違う配役が楽しみです。

もっと見る
To 50代後半 男性

4.8

タイトルが今までにない斬新さで興味を引きます。しかも、松嶋菜々子さんが松本潤さん演じる“家康”の母・於大の方の配役。家康の諜報機関の最大の立役者の服部半蔵には山田孝之さん、恐ろしい命令を要求してくる織田信長には岡田准一さん、一番闘いたくなかった武田信玄には阿部寛さん、中国大返しで先手を取られてしまった豊臣秀吉がムロツヨシさんと知り、益々楽しみになりました。過去の大河ドラマとは一味違う一面が見れそうで待ち遠しいです。

もっと見る
K 50代後半 男性

4.6

NHKならではの豪華キャスト、そして今回は鎌倉殿とは一味違った切り口で、戦国時代の末期に尾張、三河と名古屋・愛知を中心に天下人に3人もの人物が成りあがっていく、ドラマとしては一番面白く、各大名や、参謀たちの知恵の戦いを感じられる僅か4~50年の話。滅亡してしまった大名家、成りあがって江戸時代を生き抜いた大名家。そこには選択の連続の中で、上手く結果的に立ち回れた者が生き残ったサバイバルゲーム。その覇者、徳川家康の人生観が楽しみです。

もっと見る
エイト 50代後半 男性

4.9

今の東京が首都である基本の地盤を作った徳川家康。京都の暑くて寒い土地柄の都が、関東平野と言う何もない荒野に追いやられたような環境の中、三河の小大名だった松平家が織田信長を恐らく憎みながらも従わざるおえなかった環境をじっと耐え、一番若かった家康の忍耐が江戸幕府になったと思える人生。どれだけの、どうする?が家康に降りかかってきたのだろうか。今川義元の敗北、武田信玄の侵攻、豊臣秀吉との対峙、松本潤さんの演じる家康が楽しみです。

もっと見る
Jump 40代前半 男性

3.0

このレビューはネタバレを含みます このレビューを隠す

史実で判明している範囲内やNHKから発表されている範囲内でネタバレがあります。主人公である徳川家康を嵐のマツジュンが演じます。徳川家康の人生は周囲に振り回される前半と天下人として周囲を従わせる後半で印象が全然、違います。私の個人的なイメージですが、マツジュンは「花より男子」の道明寺のイメージが強く、徳川家康のイメージとは合わない気もしますが、そこをどう対応するか、楽しみです。また、今回は配役も超豪華です。主人公の徳川家康だけでなく、家康の母である於大の方に松嶋菜々子さん、織田信長役に岡田准一さん、お市の方に北川景子さん、武田信玄役に阿部寛さんなどなど、名前を見るだけでワクワクします。

いま 30代後半 女性

3.0

このレビューはネタバレを含みます このレビューを隠す

初回は「弱気なプリンス」を強調するためにコミカルな演出が目立ち、見やすかったです。家康の家臣たちのキャラクターもしっかり立っていて、本能寺の変後の伊賀越えなどの深刻な場面もテンポが良く楽しそうだなと思いました。また、妻の瀬奈が良妻に描かれているところが興味深かったです。織田信長に妻子を殺すように命じられたときのシリアスな展開は、かつてないほど悲劇的になりそうですね。以上の点から、メリハリのある新しい歴史ドラマが見られるのではないかと期待しています。

ユナユカ 30代後半 女性

3.8

どうする家康の初回を見ました。松本潤さんとその脇を固める大河主役級の岡田准一さん、野村萬斎さんなどなどとても初見は興味のわく事前情報だったので、見るのが楽しみでした。見た感想は家康こと松本潤さんの成長が見れそうな期待感と次回も見てみたいと思える内容でした。少し頼りなく、優しさを感じさせる家康がどう成長していくのか見守っていきたいです。また、映像も鮮やか過ぎず、暗すぎず、とても柔らかな色合いで戦いのシーンも描かれているので、私はこの映像が好きでした。

もっと見る
もぐ 30代後半 女性

4.0

このレビューはネタバレを含みます このレビューを隠す

前大河の最期に出てきた印象として、みずみずしい主人公だなと感じていたけれど 始まってみたら想像以上にポップな印象のロゴ、冗談を大真面目に言っているナレーションに度肝を抜かれた。いささか、CG臭さの感じられる映像もあったけれど、ナレーションの印象等から意図的な映像演出なのかな、とも思う。 いい意味で、自分が持っていた家康の印象を崩された。イケメンも多く配置され眼福。主演の演技も役の年齢に合わせた演技で好印象。後半もテンポよくすすみ信長の台詞にまた驚かされた。

タケ 60歳以上 男性

3.5

松潤が好きで観てしまいました。第1回目から、家康の苦悩爆破で、見方によってはコミカルな感じにもとれるような気がします。以前に彼が出演していたとなりのチカラというドラマの継続のような感じの演技も垣間見れましたので、やはり松潤は松潤だなと思いました。それはキムタクの演技はキムタク本来のものと同じような感じです。あと、CGで馬上の表現をしていましたが、ちょっぴり漫画チックなので笑ってしまいました。馬上の岡田さんもあまりカッコよく写りませんでした。

もっと見る
たか 40代前半 男性

4.0

このレビューはネタバレを含みます このレビューを隠す

毎日ここを批判コメント一色にしたいために1日中張り付いているCNNさんを退屈させないために時々投稿してあげていますwww。 個人的にはどうする家康は大河の傑作ドラマとして評価される作品ではないかと思っている。 現在と過去を見事に繋げてくるので毎回集中して見ている。枝葉ばかり、重箱の隅ばかりに気を取られて森を見ない視聴の仕方をしてしまったら、この大河ドラマどうする家康の本当の楽しさ深さ悠久感を味わえなくなる。 いちどCNNさんが何故わずか2話にしてこの大河への肯定的コメントを嫌うのか500字いっぱいのコメントで知りたいものだ。多分そんな文章能力はないだろうwww。 そういえば前作について、【これは大河ドラマとは言えない、小河ドラマだ】とコメントしたらあっと言う間に40票もの賛同票を頂きましたな。

natsu 50代後半 男性

4.5

このレビューはネタバレを含みます このレビューを隠す

前半と後半で一変したことがとても印象に残っています。前半は時代劇というよりもまるで家康と築山殿の恋愛物語を見ているかのような穏やかで思わずキュンキュンしまうほどでした。このような始まり方をした大河ドラマは初めての経験でしたので新鮮でもありました。 後半は同じドラマを見ているのかと思えるほど穏やかさがまったくいかにも時代劇、という印象になりました。 これまで大河も含めて家康のことを取り上げた番組は相当数鑑賞してきましたが今回ほど弱くて意気地なしの家康の姿を見たのは初めてでしたので、新たな1面の家康を知った思いです。

ひま 30代前半 女性

4.0

当初「どうする家康」という大河らしからぬタイトルに疑問を持った。 しかし超有名人物の家康でさえ今もなお研究が進み、まさに「どうする」と決断を迫られる連続だったと言われている。 放送されているのはまだ2話だがこの計90分だけでも松潤家康は「どうしよう!」とうろたえる姿が8割ほど…だと思ってしまうのは決して自分の大袈裟な表現ではないはずだ。 「どうする」を繰り返した先に彼はナレーションで語られるような神君家康公となるのだろうか? クセが強い信長、家族、家臣たち…古沢さんの脚本なのでこれから出会う人々もきっとクセが強いに違いないが、彼らの織りなす一筋縄ではいかないであろう物語を1年間楽しみたい。

もっと見る
Jump 40代前半 男性

3.0

このレビューはネタバレを含みます このレビューを隠す

今川義元の舞がかっこよかったです。さすが、野村萬斎さんと思いました。初回で退場したのは残念ですが、義元が説いた「王道」は主人公である松平元康(後の徳川家康で、以下「元康」で統一して表記)の心の支えになると思っているので、時々は出てくると信じています。正直、第一話の主役は義元だと思っています。元康は良い場面があまりなかった気がします。この頃の元康はこれが当たり前なのかもしれないので、しょうがないかもしれません。最後に織田信長や武田信玄が出てきました。信長が怖すぎます。信長も元康に大きな影響を与える人物だと思うので、今後の展開が楽しみです。

りこ 50代後半 女性

4.5

大河でこのタイトルはどうかなと思いながら、まずは1話を最後まで見てみました。大河への先入観というか歴史や時代劇での家康のイメージが強いせいか、おい家康!しっかりしなよ!と常に心配になる出だし。これが現代向けに脚色した家康なのかとあ然としましたが、逆に考えるとその頼りなさ情けなさを冒頭にさらけ出し、今後の成長する姿に惹きつけられていくのかなとも思いました。視聴年代を若く設定し、若者が苦手な暗く重いシーンはなるべく出さずサクサク進めるのかなと続きを見ています。松本潤さんが演じる頼りない家康の成長を楽しみにしています。

もっと見る
ayumi 40代前半 女性

3.0

このレビューはネタバレを含みます このレビューを隠す

初回から豪華なメンバーで楽しめました。野村萬斎さんの演じた今川義元・・・カッコ良すぎました。松本潤さん演じる家康は実力を隠している感じがあったので早く全貌を見せて欲しいです。王道と覇道の違いについてのセリフもなかなか感動的でした。一話で桶狭間なので信長時代の幕開けから描いていく感じかなと思っています。義元が討たれましたが、息子の氏真は健在なので駿府に戻っても一波乱起きそう。ラストに出て来た山田裕貴さん演じる平八郎が存在感抜群でした。逃げる君主を認めないという正義感や武将としての想いは味方にしたら頼もしそう。有村架純さん演じる家康の妻、瀬名は明るくて可愛かったのではまり役だと思いました。家康が子供が二人目を妊娠した矢先に戦いに駆り出される形だったので気の毒と思っちゃいました。

ayumi 40代前半 女性

3.0

このレビューはネタバレを含みます このレビューを隠す

平八郎役の山田裕貴くん・・・泣かせる~。家康を主君と認めないと言っていたけど、本心は父や祖父のように命を張って死にたい本心聞いたら今までのことがすべて納得でした。次回予告で平八郎討ち死にというセリフが聞こえたので真相が気になります。あと松島菜々子さん演じる母、於大もなかなか大物そう。兎年生まれなのに寅年生まれにしてみんなに家康を披露するあたりはやり手だなぁと思いました。来週は家康と再会するみたいなので楽しみです。あと武田信玄演じる阿部寛さんもイケオジそうで魅力的なのでもっと見たいです。信長は幼少期の家康をいじめてただけではないような気がしています。自分の味方にするためにトラウマを作っていた?、怖いけどどこか兄貴要素もあってこれからどんなやりとりをするのか楽しみです。

mii 40代後半 女性

1.0

初回とっても面白くない。 まず松潤さんに家康感なく、演出というか普通のドラマとしても興醒めにて、開始10分程度で見切りをつけました。

もっと見る
ふぁんみ 40代前半 男性

4.5

松本潤さんがどんな徳川家康を演じるのかにすごく興味がありました。初回は、家康のどこか頼りない部分も垣間見えて、良かったです。織田信長、豊臣秀吉に比べると、どこか地味な印象を徳川家康に持っているので、新しい家康像を松本潤さんが今後どのように確立していくのかとても楽しみにしています。

もっと見る
浜松 30代後半 女性

3.0

以前浜松市に住んでいたことがあり、静岡県が舞台のお話なので、大河ドラマが家康と聞いてみないわけがありません。 しかも、主演は松本潤。 まつじゅんは、わたしの大好きな俳優の一人なので、もう始まる前から楽しみでたまりませんでした。ようやく始まったかという感じで、見ています。 毎回大河ドラマでは、自分の知らなかった歴史や出来事・現在の様々な場所の情報を知ることもできるので、新たな発見もあり、楽しんでいます。これからも楽しみにしています。

もっと見る
るりり 40代後半 女性

5.0

どうする家康、松本潤さんの悩み多い徳川家康が岡田准一さんの威圧感がある織田信長に振り回されそうな所が目が離せません。感情の起伏が激しい大河ドラマは珍しく毎週楽しみにしています。戦国時代を扱った大河ドラマは数多いので一癖ある登場人物に興味が惹かれます。織田信長と徳川家康の距離感がどうまる?とまだ二回目だけどハマりそうです。実際の戦国時代はハードでこれから悲しい出来事もあると思いますがドラマの展開が楽しみです。

もっと見る
まりな 30代後半 女性

3.0

このレビューはネタバレを含みます このレビューを隠す

松本潤さんが家康を演じている姿がとても似合っています。長髪を束ねたり甲冑姿が格好いいです。第一話目から演技に引き込まれました。コミカルでやや頼りない雰囲気ですが一生懸命奮闘する役柄に元気をもらえました。脇役も個性的な人ばかりで見ごたえがあります。有村架純も可愛いです。夫婦仲に惹かれます。内容もよく、登場人物の発言にハッとさせられます。回を重ねるごとにどんな風に家康が成長していくのか楽しみです。

チョコ 20代前半 女性

3.7

このレビューはネタバレを含みます このレビューを隠す

徳川家康という日本人なら誰しもが知る偉人で、今まで多くの映像作品で登場してきた人物なので、ありきたりなドラマになるのかなと思っていました。しかし、家康の優しくて臆病で、平和主義な部分に焦点を当てることで、まったく新しいドラマになっていると感じました。大河ドラマでは歴史上の人物のかっこいいところばかりが強調されがちですが、あえて弱点ともいえる部分に焦点を当てたところが非常に面白かったです。また、家康の子供時代の描写がほとんどなく、第一話で結婚と子供が生まれるところまで話が進んでいたところに驚きました。大人になってからの家康の姿を中心に描かれると思うのでそこが非常に楽しみです。

toshi 50代後半 男性

4.8

波乱に満ちた人生を送った徳川家康の真の姿?どうする家康!と、常に選択を迫られる人生を送ったのであろうストーリーが、一話、二話で存分に描かれていて、さすが大河ドラマ!と、期待が膨らむばかりです。尾張の織田信長、尾張の百姓だった豊臣秀吉、岡崎の城主に生まれながらも人質生活を送って、成長した岡崎の徳川家康。戦国時代の乱世の中で、この3人が愛知を中心に集まり戦国時代を終わらせるという浪漫と、焦りまくる家康が楽しみです。

もっと見る
ゆず 30代後半 女性

4.0

キャストの皆さんのパワーが感じられる大河ドラマです。松本潤さんの家康はちょっと頼りないところもありますが、誰よりも妻子思いというところは好感が持てます。岡田准一さん演じる織田信長のすごいオーラにも彼が登場するたびに圧倒されます。北川景子さん演じるお市の方も登場しましたが、とてもきれいで見惚れてしまいます。ムロツヨシさんの秀吉も飄々としていてイメージに合っているなと思います。今を時めく話題の俳優さんが一堂に介して演技をしているというだけでもとても見ごたえがあるなと感じています。

もっと見る
ふゆ 30代後半 女性

4.5

このレビューはネタバレを含みます このレビューを隠す

徳川家康に対してのイメージががらっと変わりました。 今まで、戦略的で思慮深く落ち着いているのが徳川家康だと思っていました。 ドラマの家康は織田信長に恐怖心を抱いています。信長が来たことを知ると部下を見捨てて逃げたり、部下に「認めない」と言われてしまったり、とても頼りない感じに見えます。 でも、そこが人間くさくて良いなと思いました。 どんなに立派な人だって、人間なので完璧ではありません。 時は戦乱の世。問題はこれからも次々と出てくるでしょう。 家康、がんばれ!と思わず応援したくなるのと、これからどう成長していくのか楽しみです。 家来の方が楽しそうに踊る「えびすくい」、家族ではまってしまい、子供が何度も再生して笑い転げています。

なお 30代前半 女性

4.7

このレビューはネタバレを含みます このレビューを隠す

前回の大河がとても面白かったので、引き続き今年も見てみようかなと思い視聴しています。松潤と岡田くんの師弟関係が家康と信長という形でみられるのも面白く、秀吉がムロツヨシさんなのか、と配役に驚くところもいっぱいです。北川景子ちゃんも美しくて、大好きな俳優さんがたくさん出ているので、引き続き視聴します!よわよわな家康がこれからどのように成長していくのか、史実をどように大河で表現していくのか楽しみです。CGがふんだんに使われているので、風景の不気味さがリアルです。

ひっとー 50代前半 男性

3.0

お市役ははまり役だと思いました。自分のイメージ通りです。

もっと見る
ねこさんの休日 30代後半 女性

3.5

キャストが豪華だと思いました!歴史が好きなのですが、平安時代以降は戦いが続いたり、政治中心の世の中のイメージで、とっつきにくい感じがありました。だけど、家康の時代は長く続いたので凄い人なんだなと思っていたのに、タイトルは勿論、家康役の松本さんが「どうする?」と悩んでいるシーンを見ると、私が持っている家康を覆してくれそうで今後が気になります。家康の歴史の本を読んだことはありますが、いざこのドラマを見ると、瀬名の存在は知らなかったので、視聴していくうちに、学ぶことが多そうな気がしました。

もっと見る
ひっとー 40代後半 男性

3.0

北川景子さんのお市役は本当にはまっていると思います。お市は戦国時代一の美女と言われていたので、北川さんのイメージに合っています。また、秀吉は、家康とお市の婚約話にどのように感じたのでしょうかね?最終的にはお市の娘を側室に迎えて、淀君になるわけですが、この辺の歴史のめぐりあわせが何とも言えません。この二人が夫婦になっていたら歴史はどうなっていたのでしょうか?お市は、その後の非業の生涯を終えることはなかったのかな?歴史はそのあたりを考えさせられます。

もっと見る
SAKURA 50代後半 女性

5.0

このレビューはネタバレを含みます このレビューを隠す

序盤からぐいぐいと、この後の悲劇のための布石が行われているのが判って、史実を知っているだけに既に怖いです。今川と織田に挟まれた、弱小松平家の当主としていつも「どうする?どうする?!」と悩み続けている家康を見ていると、こっちが禿げそうになるくらいのハードモード。そして、瀬名との関係が微笑ましいだけ、胸が痛くなるような展開が待っています。それにしても岡田准一さんの織田信長の圧倒的魔王感が素晴らしい。この人、絶対本能寺で光秀を返り討ちにしてそうだなぁ。

ゆきかぜ 50代前半 女性

5.0

このレビューはネタバレを含みます このレビューを隠す

三話で、既に家康、信長、後の秀吉が出そろっているの凄いインパクトだなぁ。しかも”猿”とさげすまれている秀吉を演じているムロツヨシさんの演技、絶対自分をバカにして蹴飛ばしている相手を全部覚えていて「絶対復讐してやる」っていう、目だけ笑っていない表情が怖すぎる…。お市さまを演じている北川景子さんがとても可憐で、しかも初恋が家康っていうのが萌ポイントです。そんなところにも容赦なく悲劇の種がどんどん撒かれていて、この先が本当に怖いです。

50代後半 女性

5.0

このレビューはネタバレを含みます このレビューを隠す

有村架純さんの瀬名がとても可憐で、これまでにない築山殿になりそうで嬉しいです。しかし今は彼女がおかれている状況は史実を知っていても大ピンチに変わりなく、それを古沢良太さんの脚本がどう描いていくのかが楽しみですね。もう瀬名の生きる先にある”悲劇”はどうしても免れないので、その隙間をどう埋めていってくれるのか、せめて、しあわせな時を少しでも長く生きて欲しい、と願わずにはいられません。そして今川氏真のキャラクターが凄く良い。彼はしぶとく生き延びていくのが判っているので、割と安心して見ていられますが、溝端淳平がどう演じてくれるか、期待しています

口コミをもっと見る

口コミを書く

各話のあらすじと感想

2023年2月5日放送 第5話 瀬名奪還作戦

今川に捕らえられた瀬名(有村架純)救出のため、元康(松本潤)は家臣達の嫌われ者・本多正信(松山ケンイチ)を頼る。正信は服部半蔵(山田孝之)と奪還作戦に臨むが…。

口コミがありません

2023年1月29日放送 第4話 清須でどうする!

清須城を訪れた元康(松本潤)。待っていたのは信長(岡田准一)との相撲勝負!藤吉郎(ムロツヨシ)や信長の妹・市(北川景子)との出会い、新たな運命が待ち受ける!

最新の感想・コメント

KT 50代後半 男性

4.8

このレビューはネタバレを含みます このレビューを隠す

まさか、織田信長の妹の市姫役に北川景子さんが登場するとは。メインキャストではないが、他のドラマでは主演を並行しての主演。しかも、徳川家康演じる松本潤さんとは幼少期に出会っていて、武芸をこなす活発な姫役。浅井家に嫁いだ芯の強い女性像が、今回のドラマで更に魅力的に感じました。織田・徳川の強い絆、それは鬼の織田信長に従っていた徳川家康だけでは無く、幼少期からの繋がり、市姫を嫁がせるまで考えていたかもしれない展開に、新鮮な織田信長を見た気がしました。始まったばかりですが、楽しみで仕方ありません。

ryo. 50代後半 男性

4.8

このレビューはネタバレを含みます このレビューを隠す

面白いストーリーでした。芯の強い物静かなイメージだった織田信長の妹の一日姫が、幼少期の竹千代が初恋の相手、そして武芸を嗜む活発な北川景子さんの姿。今までの市姫のイメージが根本から変わりましたが、織田家に預けられていた時期を考えると、こんな話しがあっても不思議ではなく、信長も市姫を嫁がせることで今川の防衛線を強固にしたかったかもしれないと、説得力のあるストーリーでした。フラれてしまった市姫が、松平を大切にするように進言したのも印象的なシーンでした。

2023年1月22日放送 第3話 三河平定戦

今川義元のかたき・信長を討つ!岡崎に戻った元康(松本潤)は織田軍の圧倒的な兵力になすすべもなく。今川へ忠義を貫くか?織田に寝返るか?自分を捨てた母と運命の再会!

最新の感想・コメント

ayu 40代前半 女性

3.0

このレビューはネタバレを含みます このレビューを隠す

家康軍が負け続けて、一瞬、平八郎が討ち死にとの一報が入って「ほんとに??」と思いましたが、生きていたので良かったです。あのミニコント誰得?と思っちゃいました。今回は阿部寛さん演じる武田信玄の出演シーンが前より多めでしたが、ほんと迫力あって好きです。まだ今川の一家臣でしかないので格違いなのは分かりますが、書状を踏んで返して来なくてもいいのに。ほんと戦国時代って力のあるものが正義な感じがしてしまいます。元康の母、於大のように逞しくないと女性でも生き残れないのかも共思いました。再会してすぐに織田軍へ付くようにささやくあたりは大物だなぁと思いました。

かものはあま 40代前半 男性

3.9

このレビューはネタバレを含みます このレビューを隠す

気合いを入れ、家臣の者達に叱咤激励されながらも戦い抜く元康の必死さに人間臭さを感じ取りました。彼もまた主君でありながらただの1人の人間で、本当は争いなんか好まずただ瀬名たち家族を守り家臣達と平和に暮らしたいだけなんでしょう。でも時代がそれを許さず、戦いに身を投じ何とか持ち堪えようとする姿に応援させられます。ただ、最後の今川への謀反はかなりまずいんじゃないでしょうか。これから先の元康の家族がどうなってしまうのかかなり心配です。

2023年1月15日放送 第2話 兎(うさぎ)と狼(おおかみ)

織田信長(岡田准一)の大軍に取り囲まれ、絶体絶命のどうする松平元康(松本潤)!包囲網を突破し、瀕死の状態で故郷・岡崎の大樹寺に逃げ込むも、さらなるどうする!

最新の感想・コメント

かものはあま 40代前半 男性

4.0

このレビューはネタバレを含みます このレビューを隠す

元康と信長の関係は何だか異質に感じます。信長のあの強烈な振る舞いと史実に残る過激な事を考えると、何故元康をあそこまで鍛えようとするのか気になりますね。それだけ自分の敵となり得る才覚を持っている可能性があるのか、それとも最高の家臣となる可能性があるのかどちらなんでしょう。間違いなく有能だと見込んでいるとは思いますが、敵対関係にあるなかでどう思っているのか聞いてみたいです。信長の元康に対する振る舞いには、器の大きさを感じますね。

K 50代後半 男性

4.6

このレビューはネタバレを含みます このレビューを隠す

松本潤さん演じる後の徳川家康、今はまだ松平家の当主でありながらも、一度も自分の国からである岡崎を守ったことのない青年。駿府の今川義元の元で、決断することなく太守の今川義元の言いなりで、幸せに安全に暮らしていた日々が、桶狭間の合戦で織田信長の奇襲攻撃に合い、太守の今川義元が討ち取られてしまい、人生の歯車が大きく動き出した二話。義元の子、氏真の残虐な処刑にも心痛める家康。どうする家康!波瀾万丈な人生。

2023年1月8日放送 第1話 どうする桶狭間

群雄割拠する戦国時代。尊敬する今川義元(野村萬斎)のもとで、人質ながらも充実した生活を送っていた松平元康、のちの徳川家康(松本潤)は、心優しい姫・瀬名(有村架純)と結婚。このまま幸せな日々が続くと信じていた。そんなある日、織田信長(岡田准一)が領地に攻め込み、元康は前線基地の大高城に米を届ける危険な任務を命じられる。何とか使命を果たしたものの、戦場の真ん中でまさかの知らせが!どうする元康!?

最新の感想・コメント

かものはあま 40代前半 男性

3.9

このレビューはネタバレを含みます このレビューを隠す

この時代の事を、恥ずかしながらあまり知らなかったのですが元康はかつて信長の元で囚われていたのですね。そして信長は敵でありながら、鍛えられた存在でもあると。また、今でこそ天下の将軍で戦でも勝ち続けた印象のある元康ですがむしろ戦嫌いで平和が好きな感じのキャラクターでかなり驚きです。しかしだからこそ、後の世で誰より平和な世の中にしたかったのかなと思いました。ただ、この先の道は険しくいかにして天下に駆け上がるのか気になります。

下野 40代後半 女性

4.0

このレビューはネタバレを含みます このレビューを隠す

「こんな○○、見たことない!」のオンパレードでした。まずいつも半泣きの家康、アウトレイジのような世界観の信長、青くていじらしい本田忠勝。どれも斬新でこれから「どうなる?」のか目が離せません!  特に本田忠勝は無敗の鬼武将のイメージしかなかったので、こんな未完成の時代もあったのか……と新たな性格付けにワクワクしています。これからどんどん絆を深めていってくれることを期待しています。 残念なのがちょっとCGが浮いているというか、馬のシーンが不自然で引っかかってしまいます。同時期の「大奥」では素晴らしい乗馬シーンがあったので余計に残念です。 それ以外は本当に面白いです! 前作の鎌倉殿の余韻が吹っ飛ぶ展開がこれからも続くことを期待して視聴を続けます!

キャスト

徳川家康(松本潤まつもとじゅん

プロフィール

生年月日:
出身地:
血液型:

ジャニーズのグループ "嵐" の最年少メンバー。ドラマ『ごくせん』、『花より男子』でドラマアカデミー賞助演男優賞を受賞。『バンビ〜ノ!』ではドラマアカデミー賞主演男優賞を受賞した。 松本潤は、ジャニーズのアイドルグループ・嵐のメンバー。誕生日は1983年8月30日で、東京都豊島区生まれ。 『花より男子』(TBS系)や映画『ナラタージュ』など、多くのドラマや映画に出演している。 2018年1月放送開始のドラマ『99.9 -刑事専門弁護士-SEASONⅡ』(TBS系)で、弁護士役として主演している。 高校時代のあだ名は「ダース・ベイダー」で、後輩の山下智久からは「キング」と呼ばれている。 これまでに井上真央や葵つかさとの熱愛を報道されたことがある。

出演作品

織田信長(岡田准一おかだじゅんいち

プロフィール

生年月日:
1980年11月18日
出身地:
大阪府
血液型:
B型

ジャニーズ事務所に所属するV6のメンバーで、6人のうち年少の3人組・Coming Centuryの一員。2002年に宮藤官九郎脚本のTBSドラマ「木更津キャッツアイ」で主演を務め、俳優として大ブレイク。以降、TBS「タイガー&ドラゴン」(2005年)、フジテレビ「SP 警視庁警備部警護課四係」(2007年)などで主演を務める。2014年には「軍師官兵衛」でNHK大河ドラマ初出演にして初主演。また、映画俳優としても活躍し、2015年の第38回日本アカデミー賞では「永遠の0」で最優秀主演男優賞、「蜩ノ記」で最優秀助演男優賞と、ダブル受賞を果たした。ほか、出演映画に「追憶」「関ヶ原」(共に2017年)、「散り椿」(2018年)、「来る」(2019年)などがある。

出演作品

瀬名/築山殿(有村架純ありむらかすみ

プロフィール

生年月日:
1993年02月13日
出身地:
兵庫県
血液型:
B型

2010年テレビ朝日ドラマ「ハガネの女」でドラマ初出演。2015年フジテレビドラマ「ようこそ、わが家へ」、2016年フジテレビドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」などに出演。2014年スタジオジブリ映画「思い出のマーニー」でヒロイン・マーニー役に抜てき、声優初挑戦となった。2015年映画「ストロボ・エッジ」、「ビリギャル」で主演を務め、「ビリギャル」ではアカデミー賞優秀主演女優賞・新人俳優賞を受賞。2016年「僕だけがいない街」、「アイアムアヒーロー」、「夏美のホタル」などの映画に出演。

出演作品

豊臣秀吉(ムロツヨシむろつよし

プロフィール

生年月日:
1976年01月23日
出身地:
神奈川県
血液型:

1999年、作・演出・出演を行ったひとり舞台で活動を始め、脚本・演出・出演を務める舞台「muro式」、2010年舞台「U-1グランプリCASE03職員室」などに出演。2010年映画「シュアリー・サムディ」、2012年「踊る大捜査線 THE FINAL」などに起用される。テレビ東京「勇者ヨシヒコと魔王の城」、NHK「連続テレビ小説 ごちそうさん」「LIFE!~人生に捧げるコント~」など、多方面で活躍。2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」、映画「銀魂」出演。

出演作品

今川義元(野村萬斎のむらまんさい

プロフィール

生年月日:
出身地:
血液型:

狂言方和泉流の能楽師。1969年『靱猿』で初舞台。俳優としても幅広く活躍しており、大河ドラマ「花の乱」(94年)、連続テレビ小説「あぐり」(97年)に出演するほか、映画『陰陽師』シリーズ(00~03年)、『のぼうの城』(12年)などでは主演を務める。 年齢は現在、51歳。 伝統芸能として活動している。

出演作品

武田信玄(阿部寛あべひろし

於大の方(松嶋菜々子まつしまななこ

プロフィール

生年月日:
1973年10月13日
出身地:
神奈川県
血液型:
A型

1996年NHK連続テレビ小説「ひまわり」のヒロインに抜擢。その後、TBS「SWEET SEASON」、フジテレビ「救命病棟24時」、「やまとなでしこ」、NHK大河ドラマ「利家とまつ~加賀百万石物語~」、日本テレビ「家政婦のミタ」など数多くのドラマで主演を務める。映画では1998年「リング」や2007年「眉山」、2018年「祈りの幕が下りる時」など多くの作品に出演。2011年6月から大正製薬「パブロン」のCMも務めている。 

出演作品

登譽上人(里見浩太朗さとみこうたろう

プロフィール

生年月日:
1936年11月28日
出身地:
静岡県
血液型:

俳優。里見プロモーション所属。本名佐野邦俊。1956年「東映第三期ニューフェイス」として芸能界入りし「天狗街道」にてデビュー。「金獅子紋ゆくところ」にて初主演。 数多くの東映時代劇に出演し、その後はテレビ時代劇に進出。TBS「水戸黄門」佐々木助三郎役、日本テレビ「長七郎江戸日記」松平長七郎役、日本テレビ年末時代劇スペシャル「忠臣蔵」、「風林火山」で主演を務める。2002年からTBS「水戸黄門」五代目・水戸光圀役を9年に渡って演じ、御園座八月特別公演「大江戸捜査網」で座長公演も務める。

出演作品

主なロケ地

主なロケ地がありません

どうする家康情報まとめ

本日から 3月3日 まで無料!

31日間無料で動画視聴

NHKオンデマンド U-NEXTで見れるおすすめドラマ

2023年曜日別・ドラマの無料動画まとめ

ライブ中継、見逃し動画・無料フル配信サービス一覧

動画配信サービス 配信状況 お試し期間&特典

配信中

配信中

配信中

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

dTV dTV

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

レビューを書く



スコア

現在放送中のドラマ