ちむどんどん見逃し動画2022年10月最新!再放送・無料フル配信はこちら【ネットフリックス・アマゾンプライム・TVerで見れる?】

【公式見逃し配信】無料でフル視聴する方法

サムネイル画像
本日から 11月6日 まで無料!

31日間無料で動画視聴

※2022/03/03時点の情報となります
最新の配信状況は配信サイトなどでご確認ください
猫画像1
この記事を読むと、ちむどんどんを無料で視聴する方法がたった3分でわかるよ♪

こんな方にオススメ!

  • ちむどんどんの第1話を見逃してしまった...
  • ちむどんどんの最終話まで一気に見たい!
  • ちむどんどんの見逃し配信はないの?

目次

ちむどんどんの見逃し動画を無料でフル視聴する方法

結論からお伝えすると、 ちむどんどんの見逃し動画はNHKオンデマンド U-NEXT で視聴しましょう。
広告なし・CMなし・31日間無料・全話フルで快適に視聴することができます。
U-NEXTは、本来は有料の動画配信サービスですが、31日間も無料期間が用意されているので、その期間であればどれだけ動画を見てもOK。

NHKオンデマンド U-NEXT

  • 無料お試し期間
    31日間無料
  • NHK作品
    10000本以上
  • トータル作品数
    24万本以上
  • 料金
    2,189円+990円(実質無料)
  • ダウンロード再生
    可能

ちむどんどんの動画見逃し配信状況

動画配信サービス(VOD)の配信状況をまとめましたのでご覧ください。
動画配信サービス 配信状況 お試し期間&特典

配信中

配信中

配信中

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

dTV dTV

配信なし

配信なし

⇒動画配信サービス徹底比較はこちら

ドラマ『ちむどんどん』の動画は、NHKオンデマンド U-NEXTで配信中です。

※注意!

PandoraTV(パンドラ)・Dailymotion(デイリーモーション)などのその他海外の動画サイトでは違法にアップロードされた本編動画がある場合があり、画質・音質が悪いのはもちろんのこと、外部リンクへ誘導されることによりウィルスやスパイウェア感染の可能性もありますし、個人情報の漏洩やワンクリック詐欺など事件に発展する可能性もあります。

本日から 11月6日 まで無料!

31日間無料で動画視聴

NHKオンデマンド U-NEXTで作品を観る方法

エンタマ編集部のポイント
NHKを見れるサービスの1つです
NHK作品も映画ドラマアニメも楽しみたいという方にぴったりなサービスです。
毎月付与されるポイントを使うことで実質無料でNHK作品がみれるのが大きな強みです。
無料お試し期間
31日間無料
視聴可能作品
U-Next配信作品+NHKオンデマンド配信作品
料金
U-Next月額料金+990円
ダウンロード再生
可能
ポイント付与
月1200ポイント
本日から 11月6日 まで無料!

31日間無料で動画視聴

  1. NHKオンデマンド U-NEXTの公式サイト へアクセス
NHKオンデマンド U-NEXTの会員登録は3分もあればカンタンに登録ができるよ♪
会員登録日から31日以内の解約であれば課金されないので、無料期間だけ楽しみたい方は解約を忘れないようにね♪
NHKオンデマンド U-NEXTで今放送中のドラマ
NHKオンデマンド U-NEXTで人気のドラマ
NHKオンデマンド U-NEXTで人気のその他の動画作品

ちむどんどん再放送情報

月~金曜 12:45~13:00 同日8:00~8:15放送分を再放送

土曜 8:00~8:15にその週のダイジェスト版を放送

特別編 再放送情報

7月24日(日)01:03~01:48 前編「シークワーサーの少女」

       01:48~02:33 後編「別れの沖縄そば」

 

各話のあらすじと感想

2022年9月26日放送 第25週 やんばる!ちむどんどん!(9/26~9/30)

暢子(黒島結菜)が沖縄やんばるに移住してから、毎日の畑仕事が楽しくてたまらない。和彦(宮沢氷魚)も、健彦(三田一颯)もここでの暮らしを満喫、歌子(上白石萌歌)は無事に智(前田公輝)と結婚した。暢子はさらに、地元野菜などを生かして、やんばるで食堂を開きたいと思いつく。そんな中、東京からフォンターナのオーナー・房子(原田美枝子)がやってくる。房子の用件は意外なもので…。そして順調に見えた比嘉家に、思いもしなかった大きなわざわいが…。

口コミがありません

2022年9月19日放送 第24週 ゆし豆腐のセレナーデ(9/19~9/23)

暢子(黒島結菜)は無事に男の子を出産した。和彦(宮沢氷魚)とふたりで、健やかに育つようにと「健彦(たけひこ)」と名付けた。時は流れて…1984年4月。暢子の沖縄料理店「ちむどんどん」は多くの客でにぎわい、健彦は名前の通りすくすく元気に成長していた。一方、和彦は仕事で少し不満があるようで…。そんな中、連休を使って暢子たちは沖縄やんばるに里帰りすることに。この里帰りがきっかけで暢子の人生は大きく変わることに…。

口コミがありません

2022年9月12日放送 第23週 にんじんしりしりーは突然に(9/12~9/16)

暢子(黒島結菜)は、自身の沖縄料理店「ちむどんどん」を立て直すための課題を見つけた。それは「沖縄料理に適した、おいしい豚肉を調達すること」。しかし、暢子の希望の豚肉は東京ではなかなか手に入らない。豚肉について矢作(井之脇 海)と相談していると、そこへやってきたのはなんと清恵(佐津川愛美)だった。賢秀(竜星 涼)が清恵を探していることをまったく知らない暢子は、清恵に店の料理の試食をお願いする…。

口コミがありません

2022年9月5日放送 第22週 豚とニガナは海を越えて(9/5~9/9)

暢子(黒島結菜)の沖縄料理店「ちむどんどん」がオープンして3か月。大盛況だったのは最初だけで、その後は客が減る一方。なんとか客を呼び込もうと、暢子はチラシを配ったり、二ツ橋(髙嶋政伸)に相談したりするのだが…。一方、賢秀(竜星 涼)と寛大(中原丈雄)は、言い争いの末家を飛び出した清恵(佐津川愛美)を探しに、東京へ出てきて…。

口コミがありません

2022年8月29日放送 第21週 君と僕のイナムドゥチ(8/29~9/2)

暢子(黒島結菜)の店の開店準備は矢作(井之脇 海)を料理人として迎えて着々と進んでいた。矢作は腕は確かだが冷めた態度は相変わらずで、和彦(宮沢氷魚)たちは心配していた。そんな中、優子(仲間由紀恵)の計らいで、歌子(上白石萌歌)が上京してくる。暢子の店や家事を手伝うためだ。歌子が東京に来たことで、智(前田公輝)との関係には変化が…。

口コミがありません

2022年8月22日放送 第20週 青いパパイアを探しに(8/22~8/26)

暢子(黒島結菜)の開店準備が進む中、和彦(宮沢氷魚)が東洋新聞を退職することに。そしてその直後、暢子の妊娠が判明。不安もあるが、二人は大きな喜びの中にいた。だが事態を知った房子(原田美枝子)が暢子に告げたことは…。一方、沖縄では、良子(川口春奈)が学校給食を改革しようと奮闘していた。だがこれまでのやり方を変えるのは、相当難しいようで…

口コミがありません

2022年8月15日放送 第19週 愛と旅立ちのモーウイ(8/15~8/19)

暢子(黒島結菜)と和彦(宮沢氷魚)は、もともといたあまゆの部屋で新婚生活を始めていた。先日の披露宴で、暢子は「沖縄料理の店を開く」と宣言し、みんなを驚かせたが、房子(原田美枝子)も重子(鈴木保奈美)もどうやら応援してくれる様子。暢子が独立に向けて動き始めたころ、賢秀(竜星 涼)にも何やら動きが…。一方、沖縄では、給食主任を任された良子(川口春奈)が、子どもたちの野菜嫌いをなくそうと奮闘していて…。

口コミがありません

2022年8月8日放送 第18週 しあわせのアンダンスー(8/8~8/12)

暢子(黒島結菜)が勤めるアッラ・フォンターナに、三郎(片岡鶴太郎)のおかげで、平和が戻ってきた。ただ、房子(原田美枝子)と三郎の再会は果たせなかった。暢子は、大事な人を集めた披露宴をアッラ・フォンターナで行おうと決意する。しかし、重子(鈴木保奈美)からはまだ和彦(宮沢氷魚)との結婚を認めてもらっていない。そんな中、良子(川口春奈)が、妹の結婚のために動き出すことに。

口コミがありません

2022年8月1日放送 第17週 あのとき食べたラフテーの(8/1~8/5)

暢子(黒島結菜)が勤める西洋料理店「アッラ・フォンターナ」に突然やってきたのは、以前フォンターナに勤めていた矢作(井之脇 海)だった。かつて店に多大な迷惑をかけた矢作がいまさらどうしたのか。その矢先、フォンターナには大事件が発生する…。一方で、暢子と和彦(宮沢氷魚)の結婚に反対する、和彦の母・重子(鈴木保奈美)は、なぜか和彦の上司・田良島(山中 崇)のもとを訪ねていた。

口コミがありません

2022年7月25日放送 第16週 御三味(うさんみ)に愛を込めて(7/25~7/29)

暢子(黒島結菜)は、和彦(宮沢氷魚)との結婚を決めた。幸せいっぱいの二人だったが…。二人の結婚に立ちはだかるのは、和彦の母・青柳重子(鈴木保奈美)。暢子と和彦は、なんとか結婚を許してもらおうと説得を試みるが…。そんな中、暢子はある作戦を思いつく。

口コミがありません

2022年7月18日放送 第15週 ウークイの夜 (7/18~7/22)

1978年8月。沖縄のお盆は本土と同じように三日間あり、その最終日が「ウークイ」だ。ご先祖さまをあの世へお見送りする最も重要な日に、暢子(黒島結菜)たち四兄妹が久々にやんばるに集合した。目的は、優子(仲間由紀恵)の話を聞くことだったが、それをきっかけに四人はこれまで知らなかった優子の過去を知ることに。一方、和彦(宮沢氷魚)に大きな仕事のチャンスが舞い込み、急きょ沖縄に向かう。

口コミがありません

2022年7月11日放送 第14週 渚の、魚てんぷら(7/11~7/15)

暢子(黒島結菜)は、和彦(宮沢氷魚)、智(前田公輝)、愛(飯豊まりえ)らと濃密な1日を過ごしてから、何か吹っ切れたように元気に働いていた。だが暢子の思いをよそに、智は暢子に思いを告げようとして、それぞれの恋愛模様は大きく動き出していく…。そんな中、沖縄やんばるの比嘉家では、優子(仲間由紀恵)にとある騒動が巻き起こる。

口コミがありません

2022年7月4日放送 第13週 黒砂糖のキッス(7/4~7/8)

暢子(黒島結菜)は、房子(原田美枝子)と酒を交わすうちに、和彦(宮沢氷魚)への恋心を自覚する。生まれて初めての感情に、仕事ができなくなるほど振り回される暢子。しかし、フォンターナで起こるとある大事件をきっかけに、暢子の中で何かが変わり始める。一方で、和彦と愛(飯豊まりえ)の縁談は進んでいき、関係にも変化が…。智(前田公輝)は事業独立を機に暢子に改めて気持ちをぶつけて…。

最新の感想・コメント

サリー さん

30代前半 女性

投稿日 2022年07月08日 17時36分30秒
このレビューは ネタバレ を含みます。

カズヒコとノブコがどちらも鈍感で、ずっとなんだかな~という感じだったので、相手の気持ちをしっかり察知して自ら身を引こうとするアイさんがとても魅力的に見える週でした。ノブコが自分の気持ちをアイさんに話すのはある意味潔いとも感じましたが、カズヒコの気持ちに勘づいているアイさんからしたら残酷だと感じました。全体的にアイさんに感情移入して見ていたこともあり、ノブコの純粋さ故の残酷さのようなものを痛感する日々でした。サトルはノブコよりもウタコと幸せになってほしいと強く思いましたが、そんなうまくいったら苦労しないよなとも思います。

2022年6月27日放送 第12週 古酒(くーす)交差点(6/27~7/1)

暢子(黒島結菜)は、房子(原田美枝子)と二ツ橋(髙嶋政伸)に見守られ順調に料理人として成長していた。沖縄のやんばる地域では、良子(川口春奈)と石川(山田裕貴)のふたりが、別居状態。夫婦の問題を抱えたまま和解することができずに過ごしていた。ある日、暢子はひょんなことから和彦(宮沢氷魚)と愛(飯豊まりえ)が、まもなく結婚するのでは、ということを知ってしまい、もやもやした今まで経験のない感情に襲われてしまう。

口コミがありません

2022年6月20日放送 第11週 ポークとたまごと男と女 (6/20~6/24)

暢子(黒島結菜)は、房子(原田美枝子)のレストラン「アッラ・フォンターナ」でシェフの二ツ橋(髙嶋政伸)に見守られながら修業を続け、厨房ちゅうぼうの花形「ストーブ前」をこなせるまでに成長していた。そんなある日、二ツ橋が大けがをして入院するという大事件が起こる。二ツ橋を失った厨房は大混乱。退院までの1か月、厨房の司令塔・シェフの役割を誰が代わりに担うのか。房子が二ツ橋と相談して選んだ「シェフ代行」は…。

最新の感想・コメント

和音 さん

20代後半 女性

投稿日 2022年06月23日 06時39分12秒

個人的に、ちむどんどん終わりのあさイチで華丸さんと大吉さんの何とも言えない表情を見るのが辛いです。ちむどんどんの1番の被害者は紛れもなく出演者だと思っているけれど、その次に被害を食らっているのは、朝ドラ受けを毎回しなくちゃいけないあさイチの出演者なのかもしれません。テレビである以上、攻撃的にならないように言葉を選ばなくてはいけないわけで、思っていることの半分も伝えられない状態だと思っています。ただただ可哀想です。

わかやん さん

20代前半 女性

投稿日 2022年06月23日 06時34分35秒
このレビューは ネタバレ を含みます。

男だからとか女だからとか、確かに今見たら口を挟みたくなることは沢山あります。でも、殊にこの年代の人にそういう意識はほとんどなかったと思います。飯を作るのは女の仕事だと言わんばかりの広告だって、今だったら非難轟々だろうけど、70年代だかそこらの時代なら問題視されることさえないと、そう思っている私の考えが間違っているのかなと不安になってきます。こんなに雑な朝ドラって今まであったのかな。期待なんてもうできません。

ココロ さん

10代 女性

投稿日 2022年06月23日 06時28分02秒

ちむどんどんに色恋沙汰なんて必要ないですよ。あっちこっちで恋の嵐。正直需要も何もありません。そんなことしている暇があったらさっさとストーリーを進めてくれって内心思って見ています。前々から変だとは思っていましたが、ここまでくるとあえて視聴者の怒りを買うような真似をしているのではないかと疑ってしまう域。そう考えればこれまでのことが説明つく気がしています。きっと、制作は視聴者を怒らせることに快楽を覚える異常者なんですね、分かります。

2022年6月13日放送 第10週 あの日、イカスミジューシー (6/13~6/17)

暢子(黒島結菜)は、銀座の西洋料理店「アッラ・フォンターナ」に勤めて4年ほどが過ぎた。シェフの二ツ橋(髙嶋政伸)は温厚で確かな技術を誇る厨房ちゅうぼうの中心人物なのだが、その二ツ橋が突然「店を辞めるかも」と言い出し、オーナーの房子(原田美枝子)もなぜかそれを止めようとしない。沖縄やんばるの実家では、歌子(上白石萌歌)の体調不良が続いて、優子(仲間由紀恵)はある決意を固めていた。

最新の感想・コメント

まみこ さん

30代前半 女性

投稿日 2022年06月22日 23時03分24秒
このレビューは ネタバレ を含みます。

歌子が可哀想で見てられませんでした。自分には何もない、生きているだけで迷惑をかけるだけだと感じる気持ちは痛いほどよく分かりました。そんな歌子に対してあっけらかんとしている暢子になんだかモヤモヤしてしまいました。自分のことしか頭にないのか、歌子のことをそれほど深刻に受け止めてない様子にがっかりしました。死にたいという歌子を抱きしめるお母さんには感動しましたが、ころっと立ち直った歌子にもびっくりしました。

アキサ ミヨ さん

40代後半 女性

投稿日 2022年06月22日 22時45分24秒
このレビューは ネタバレ を含みます。

歌子の不調の原因がわかって、やっと夢に向かって動き出すのかと思いきや、東京に来てもなんだかまぶしい暢子を見せつけられて、結局、原因もわからず。暢子のことももっと応援したいのに、応援する要素が見つからず。視聴者みんなが気になっていた髪がやっと結ばれたと思っていたのに、また結ばなくなってしまっていて、そこも気になってしまう。いつか井の脇海君演じる矢作と協力しあって成長していくのかと思っていたのに、そんな日はなかなか来ず。早くもっと朝ドラを素直に楽しみたいのに、なかなかそうさせてくれません。

みんみん さん

30代前半 女性

投稿日 2022年06月22日 22時06分45秒
このレビューは ネタバレ を含みます。

沖縄の方言が満載で見ていて元気が出ます。沖縄が元々大好きなこともあって、出てくる映像、方言などすごく親しみが湧きます。毎回見ていると、お母さんの優しさや子供達への愛の大きさに驚かされます。4人の子供たちもそれぞれの道があり、悩みながらもがきながら生きてる感じがいい時は楽しいし…辛そうな時は応援したくなる話です。 ノブコの東京での修行は正直トントンと簡単に進んでいる感じがしますが、でも物語の中では一応いろんな試練を経験しているから、やっぱり大変なのかな…これはノブコの元気なエネルギーのおかげで大したことないさ〜と見えるのかなと不思議です。どんなふうに成長していくのか今後の展開も楽しみです。兄弟たちもどんなふうになっていくのか気になります。良子の旦那さんは実家を説得できるのか⁈今後も見どころです。

2022年6月6日放送 第9週 てびち!てびち!てびち!!(6/6~6/10)

暢子(黒島結菜)が銀座の西洋料理店「アッラ・フォンターナ」に勤めて2年ほどが過ぎた。徐々に仕事は慣れてきていたが、ある日オーナーの房子(原田美枝子)から、とある店舗の経営立て直しを命じられる。意気揚々と出向いた先とは…。 そのころ、賢秀(竜星 涼)は東京でとあるビジネスに手を染め始める。沖縄やんばるの実家では、優子(仲間由紀恵)の元に良子(川口春奈)がやってきて、衝撃の告白をする。

最新の感想・コメント

かな さん

30代前半 女性

投稿日 2022年06月22日 23時21分24秒
このレビューは ネタバレ を含みます。

最終的におでん屋を再建させることに成功しましたが、なんだかうまくいきすぎな展開で無理矢理感がありました。材料費の問題や余ったおでんのことなど、現実的な問題の方が気になってしまい、あまりストーリーに集中することができませんでさた。また暢子は周りの人たちからアドバイスをもらったときは理解できないという態度を示していたのに、すぐにすんなり受け入れる展開になっていたので少し強引だなと感じました。また賢秀をすんなり受け入れることにも腹が立ちました。

2022年5月30日放送 第8週 再会のマルゲリータ(5/30~6/3)

暢子(黒島結菜)が沖縄を出てから1年が経った。右も左も分からない新人だった暢子も、ある程度仕事ができるようになっていたが、オーナーの房子(原田美枝子)から突然衝撃の通告を受ける。その内容は…。沖縄の実家では良子(川口春奈)が妊娠して間もなく出産を迎えそう。そして母・優子(仲間由紀恵)と暮らす歌子(上白石萌歌)は、誰にも言えないある秘密の思いを抱えていた。

口コミがありません

2022年5月23日放送 第7週 ソーミンチャンプルーvsペペロンチーノ(5/23~5/27)

暢子(黒島結菜)は、レストランでの仕事始めから、厳しい連続勤務を言い渡された。オーナーの房子(原田美枝子)は、何か暢子に因縁があるようだ。シェフの二ツ橋(髙嶋政伸)に心配されながら、暢子は絶対にくじけないと誓い働き始めるが…。一方、沖縄やんばるの実家では、姉・良子(川口春奈)が、友人の石川(山田裕貴)への思いがありながら、金吾(渡辺大知)から執ような求婚を受け続けて…。

口コミがありません

2022年5月16日放送 第6週 はじまりのゴーヤーチャンプルー(5/16~5/20)

1972年5月。高校を卒業した比嘉暢子(黒島結菜)は、復帰した沖縄から東京へ料理人になるためにやってきた。大都会の人ごみ、行き交う車に衝撃を受け、そして銀座のレストランの西洋料理にびっくり! レストランのオーナー・房子(原田美枝子)らの失笑を買う。そして、兄・賢秀(竜星 涼)がいるはずの場所を訪れたところ、衝撃の事実が待っていた。上京初日から、暢子に人生最大のピンチが訪れる。

口コミがありません

2022年5月9日放送 第5週 フーチャンプルーの涙(5/9~5/13)

暢子(黒島結菜)は助っ人として参加した料理大会の会場で、「東京に行き、料理人になりたい」と爆弾発言。すっかりその気になってしまう暢子だったが、そのころ、比嘉家には暗雲が近づいていた。兄・賢秀(竜星 涼)が投資話だと思ったものは、実はだまされていただけと分かってしまった。絶望した賢秀は大荒れに荒れてしまう。そしてその余波は大きく家族にのしかかってくることになる。

最新の感想・コメント

natsu さん

50代前半 男性

投稿日 2022年05月13日 17時46分31秒
このレビューは ネタバレ を含みます。

沖縄が日本に復帰した時は既に生まれていたのですがまだ幼稚園の頃と言う事もあり全く記憶になくそういう事実があった、ぐらいの認識でした。しかしこのドラマで特に今週はまさに沖縄が日本に復帰した時の事を描いていたので、当時の沖縄はこのような状況だったのかというのがわかりましたし、路線バスに復帰を祝う横断幕が貼り付けてあったのがとても印象に残りました。

りえ さん

30代後半 女性

投稿日 2022年05月10日 19時25分04秒

にいにいの情けなさに朝から悲しくなります。 女子たちには頑張ってほしいです

2022年5月2日放送 第4週 青春ナポリタン(5/2~5/6)

暢子(黒島結菜)は決まりかけていた就職を断り、気塞ぎな日々を過ごしていた。だが、料理の腕を見込まれて、料理部に助っ人を頼まれることに。長男・賢秀(竜星 涼)は、家族のために一攫千金を夢見ていてチャンスを探していた。長女・良子(川口春奈)は友人・石川(山田裕貴)への思いがなかなかうまくいかず、三女の歌子(上白石萌歌)は音楽教師・下地(片桐はいり)から逃げ回る毎日だった。

最新の感想・コメント

natsu さん

50代前半 男性

投稿日 2022年05月10日 19時10分41秒
このレビューは ネタバレ を含みます。

麺類もスイーツも大好きなので暢子達が作っていた2種類の麺類も屋良達が作っていたスイーツもぜひ食べたいという気持ちになりました。 何をやっても上手くいかない賢秀が暢子達の麺の宣伝をしているシーンはこれまでで1番輝いていたシーンに思えましたし、まるで男はつらいよの寅さんの口上を見ているかのように様になっていました。

2022年4月25日放送 第3週 悩めるサーターアンダギー(4/25~4/29)

時は1971年。比嘉家の母・優子(仲間由紀恵)は、今は村の共同売店で働いている。そして四兄妹はそれぞれに成長している。暢子(黒島結菜)はやんばるの高校生。相変わらず足が速く活発な人柄だ。そして、暢子は今、卒業後の進路、就職をどうするかを考える季節。兄・賢秀(竜星 涼)、姉・良子(川口春奈)、妹・歌子(上白石萌歌)もそれぞれに大きくなり、やんばるを舞台に兄妹の新たな物語が始まる。

口コミがありません

2022年4月18日放送 第2週 別れの沖縄そば(4/18~4/22)

やんばる小中学校の運動会の日がやってきた。足の速い暢子(稲垣来泉)は、例年通り一等賞まちがいなしと思われたが、意外なアクシデントに見舞われてしまう。母・優子(仲間由紀恵)が見守る中、後を走る兄妹たちも気持ちの入った走りを見せる。さまざまな思いを抱えながら走る、四人の兄妹たちの運動会の行方は…。そして、優子の元に、遠い親戚からある一通の手紙が送られてきて…。

最新の感想・コメント

nattee さん

30代後半 女性

投稿日 2022年04月25日 16時47分14秒
このレビューは ネタバレ を含みます。

沖縄が舞台となる朝ドラは心があったまるというかほんわかした気持ちになれるのでいつも見ています。 元気いっぱいで個性豊な兄妹、そんな兄妹を見ていただけで朝から心があったまりました。しかしお父さんの死は想像していませんでした。その後の兄妹の頑張り、そしてお母さんの頑張りは見ていて胸が熱くなるものがありした。今後、幸せがあの家族にやってくることを願って来週も見ます。

はんな さん

20代前半 女性

投稿日 2022年04月25日 16時16分19秒
このレビューは ネタバレ を含みます。

とにもかくにも、賢三さんの死が本当に辛かったです。あんなにも子どものことをしっかり考えて向き合ってくれる最高のお父さんが、こんなにも呆気なく亡くなってしまったことが残念でなりません。「エール」の時もそうでしたが、朝ドラはお父さん、それも有名俳優をいとも容易く退場させるのがお好みなのか?と訝しんでしまいました。

なるぴい さん

30代前半 女性

投稿日 2022年04月23日 09時00分42秒
このレビューは ネタバレ を含みます。

沖縄生まれ沖縄育ちの私にとって、とても楽しみにしていた朝ドラの一つです。主演ののぶこ役に黒島結菜さんという配役も、沖縄出身の女優さんでとても嬉しいです。第2週までは出てきませんが来週からが楽しみです。今週はまさかの父親の死からスタートとなる物語でしたが、家族の絆に最終日は涙がこぼれました。まさか東京には行かないという結末になるとは思いませんでしたが(笑)

2022年4月11日放送 第1週 シークワーサーの少女(4/11~4/15)

1964年、沖縄本島北部やんばる地域。小学生の比嘉暢子(稲垣来泉)は美味しいものが大好き。ある日、転校生・青柳和彦(田中奏生)がやってくる。暢子にとって、初めて見る東京の人だった。母・優子(仲間由紀恵)と父・賢三(大森南朋)もともに、和彦の父・史彦(戸次重幸)と家族どうしの付き合いが始まるが、肝心の和彦はやんばるでの暮らしが楽しくなさそう。暢子は何とか和彦の心を開かせようと試みるが…。

最新の感想・コメント

はなの さん

20代前半 女性

投稿日 2022年04月23日 05時55分27秒
このレビューは ネタバレ を含みます。

何かとやらかしてくれる賢秀くん、食い物のことしか頭にない暢子。個人的にあまり好きとは言い難い子どもたちであるため、正直見ているのが結構しんどいです。もっとも、悪意のある餓鬼たちの中傷に屈することなく気丈な振る舞いを見せる姿は感心せざるを得ません。

natsu さん

50代前半 男性

投稿日 2022年04月22日 18時47分15秒

新たに始まりましたのでストーリーは勿論、沖縄が舞台なので綺麗な海が登場する事もとても楽しみにしていました。1週目から期待を裏切らないどころか期待以上の綺麗な海を何度も見せて貰う事ができてとても嬉しかったですし、機会があればぜひロケ地巡りをしたいと思えるほどでした。 比嘉家の家屋がいかにも沖縄の家な感じなのも沖縄が舞台のドラマという事が実感できました。

主なロケ地

主なロケ地がありません

ちむどんどん情報まとめ

本日から 11月6日 まで無料!

31日間無料で動画視聴

レビューを書く



スコア

現在放送中のドラマ