津嘉山正種 つかやままさね

沖縄の放送会社に勤務しながら地元の劇団に所属。上京後に劇団青年座入団。舞台俳優として蜷川幸雄作品などに出演する他、NHK大河ドラマなどのドラマや『男はつらいよシリーズ』などの映画でも活躍。70年代より声優としても活動している。 津嘉山正種は俳優。1964年に劇団青年座に入団して以来俳優として数々の演劇、映画、ドラマに出演。ニヒルな権力者役は定番の役どころとなっている。 声優としても活躍しており、洋画の吹き替えやアニメの声優として多くの作品に出演。ケビン・コスナーの吹き替えはほぼ専任で努めている。 妻はオペラ歌手の成田絵智子。


血液型
星座
誕生日
出身

津嘉山正種 の共演者(カッコ内は共演回数)

津嘉山正種 の出演作品 全9件