【2022年5月22日放送回】鎌倉殿の13人 第20話 帰ってきた義経の無料視聴と見逃した方へ再放送情報

サムネイル画像
本日から 12月30日 まで無料!

31日間無料で動画視聴

この記事を読むと、鎌倉殿の13人を無料で視聴する方法がたった3分でわかるよ♪

こんな方にオススメ!

  • 鎌倉殿の13人の第1話を見逃してしまった...
  • 鎌倉殿の13人の最終話まで一気に見たい!
  • 鎌倉殿の13人の見逃し配信はないの?

目次

鎌倉殿の13人の見逃し動画を無料でフル視聴する方法

京を離れ、奥州へ逃れた源義経(菅田将暉)。しかし、温かく迎え入れてくれた奥州の覇者・藤原秀衡(田中泯)が程なく死去。これを知った義時(小栗旬)は、状況を探るため平泉行きを志願するが、義経の才を恐れる源頼朝(大泉洋)は、藤原国衡(平山祐介)・泰衡(山本浩司)兄弟の仲の悪さにつけ込み義経を討つように冷たく命じる。八重(新垣結衣)に見送られ、平泉へと発たつ義時。一方、捕らわれた静御前(石橋静河)は鎌倉で……

もちろん、無料期間のうちに解約すればお金は一切かからないよ♪

NHKオンデマンド U-NEXT

  • 無料お試し期間
    31日間無料
  • NHK作品
    10000本以上
  • トータル作品数
    24万本以上
  • 料金
    2,189円+990円(実質無料)
  • ダウンロード再生
    可能

鎌倉殿の13人の動画見逃し配信状況

動画配信サービス 配信状況 お試し期間&特典

配信中

配信中

配信中

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

dTV dTV

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

⇒動画配信サービス徹底比較はこちら

※注意!

PandoraTV(パンドラ)・Dailymotion(デイリーモーション)などのその他海外の動画サイトでは違法にアップロードされた本編動画がある場合があり、画質・音質が悪いのはもちろんのこと、外部リンクへ誘導されることによりウィルスやスパイウェア感染の可能性もありますし、個人情報の漏洩やワンクリック詐欺など事件に発展する可能性もあります。

本日から 12月30日 まで無料!

31日間無料で動画視聴

NHKオンデマンド U-NEXTで作品を観る方法

エンタマ編集部のポイント
NHKを見れるサービスの1つです
NHK作品も映画ドラマアニメも楽しみたいという方にぴったりなサービスです。
毎月付与されるポイントを使うことで実質無料でNHK作品がみれるのが大きな強みです。
無料お試し期間
31日間無料
視聴可能作品
U-Next配信作品+NHKオンデマンド配信作品
料金
U-Next月額料金+990円
ダウンロード再生
可能
ポイント付与
月1200ポイント
本日から 12月30日 まで無料!

31日間無料で動画視聴

  1. NHKオンデマンド U-NEXTの公式サイト へアクセス
NHKオンデマンド U-NEXTの会員登録は3分もあればカンタンに登録ができるよ♪
会員登録日から31日以内の解約であれば課金されないので、無料期間だけ楽しみたい方は解約を忘れないようにね♪
NHKオンデマンド U-NEXTで今放送中のドラマ
NHKオンデマンド U-NEXTで人気のドラマ
NHKオンデマンド U-NEXTで人気のその他の動画作品

鎌倉殿の13人の番組情報

あらすじと感想

2022年5月22日放送 第20話 帰ってきた義経

京を離れ、奥州へ逃れた源義経(菅田将暉)。しかし、温かく迎え入れてくれた奥州の覇者・藤原秀衡(田中泯)が程なく死去。これを知った義時(小栗旬)は、状況を探るため平泉行きを志願するが、義経の才を恐れる源頼朝(大泉洋)は、藤原国衡(平山祐介)・泰衡(山本浩司)兄弟の仲の悪さにつけ込み義経を討つように冷たく命じる。八重(新垣結衣)に見送られ、平泉へと発たつ義時。一方、捕らわれた静御前(石橋静河)は鎌倉で……

最新の感想・コメント

タケ 60歳以上 男性

5.0

このレビューはネタバレを含みます このレビューを隠す

このドラマでの義経のポジションについては、色々賛否がありますが、最後に来て、ナレ死とはいえ、家族みんなして泣いてしまいました。三谷さんが描いた義経は天才ではあるけれども、嘘つきで傲慢で女好きと言うイメージですが、その義経も最後の死に対しての爽やかな覚悟に涙しかありません。滝沢くんが義経役をやっていた時のイメージとはかけ離れているとはいえ、やはり義経は日本人にとって心の故郷のようなところがあるのでしょうね。修行を積み、頼朝のために尽くした天才にあっぱれと言いたくなります。

かものはあま 30代後半 男性

5.0

このレビューはネタバレを含みます このレビューを隠す

この直近の状況を見る限り、頼朝以外幸せになれない世の中な感じですね。いつ濡れ衣を着せられて自分が殺されてしまうかもしれない、そんな恐怖を抱えながら生きていくのは本当に怖いです。目立つ事は出来ないし、ひっそりと従順に生きていく事がこの世界の正解なのかな。少しでも出た杭は漏れなく打たれている感じがしますね。頼朝は藤原秀衡がいなくなるのを待っていたのでしょうか。二人の息子が仲が良くないのを知りながら。義経にはやはりもう少し生きてて欲しかったです。

30代前半 女性

5.0

このレビューはネタバレを含みます このレビューを隠す

前回、奥州にだけは逃げてはダメだと忠告を受けたにも関わらず、奥州に逃げた義経でしたが、歴史的にそういうお話なので仕方ないことですが、「あんなにダメだと言われて奥州に戻るだなんて!」や「考えればわかるのでは?」などと思いながら序盤を観ていました。 その気持ちは、終盤になるほど募りました。 義時の静御前の話で義経の憎悪を煽るシーンや遺言により義経を受け入れていた奥州藤原泰衡は頼朝の策略により義経を討ち入りするなど忙しなく話が進んでいき、最後の義時と義経、二人きりで戦術を話し合う姿は、やはりあのとき義経が忠告を聞けてたら、と思ってしまうシーンでした。 良く知られている話の回でしたが、討ち取られる前の義経が義時に自分が鎌倉に攻めるとしたらこうする、とキラキラした表情で話す姿にオリジナリティがあり、夢が持てる内容となっていました。人によっては好き嫌いが分かれるかとおもいますが、私はこのオリジナルストーリーを好ましく思います。

まる 50代前半 女性

5.0

このレビューはネタバレを含みます このレビューを隠す

平家を滅亡に追いやった義経。その戦の才能が仇となり、頼朝との間に確執が生まれました。 奥州に帰り着き、藤原秀衡から労を労われその功績を認めてもらえた義経。大好きな兄頼朝から聞きたかった言葉であろうと思うと胸が痛かったです。 頼朝が、鎌倉幕府を守るため義経を処分するよう義時に伝えたときは、なんと非情なことかと思いましたが、その命令を坦々と進めていく義時にそれ以上の恐ろしさを感じました。我が子を抱く優しい父親の顔とは正反対でした。 義経の最後が迫るとき、義時を呼びだし鎌倉討伐の作戦を話す義経。その見事な作戦に感心する尊敬の眼差しの義時。でも、敵に回すにはやはり恐ろしい人だと思ったのではないでしょうか。 義経の首桶に1人むせび泣きながら話しかける頼朝の姿は、とても辛かったです。こんな形でしか再会できなかった兄と弟。人間らしい頼朝の姿を見ることができたのはせめてもの救いとなりました。

cake202 50代前半 男性

4.0

このレビューはネタバレを含みます このレビューを隠す

義経の最期をメインに描いている今回ですが、私はあえて静御前の死への覚悟を描いたシーンが印象に残りました。身分を隠してでも静と宿した命を守ろうとする北條家の計らいに、一度は心を固めたかに思えた静御前でしたが、舞う事で生き抜いてきた己を欺くことはできずに覚悟を持って歌い舞う姿には感動しました。権力争いの思惑に振り回された義経、死んでからしか弟に本音を曝け出すことができなかった頼朝。虚しい気持ちだけが私の心には残りました。

sakuma23 20代前半 女性

5.0

このレビューはネタバレを含みます このレビューを隠す

時代や政治に翻弄された二人の顛末はとても切なく、頼朝の号泣シーンにはこちらも画面越しに涙が止まりませんでした。また、弁慶の立ち往生として有名な弁慶の最期のシーンも、義経との軽快ながらも信頼関係が伝わってくるやりとりの後、弁慶の戦う声と覗き穴から伺う義経という表現だけで描写されたのもとても新鮮で素晴らしかったと感じました。戦の策以外はずる賢さを持ち合わせておらず、兄との関係も上手に運ばないまま時は流れますが、鎌倉を攻める策を持ち合わせてたのに戦は仕掛けず、結局は兄頼朝のことを慕っていたんだろうなと切なくなりました。それぞれの登場人物に思わず感情移入してしまう、役者さん達の演技も素晴らしかったです。

ayumi 40代前半 女性

3.0

このレビューはネタバレを含みます このレビューを隠す

奥州に逃げた義経を受け入れてくれた藤原秀衡がしばらくして亡くなったのが切なかったです。頼朝はどこまでも義経が邪魔なのかすぐに義時を向かわせますが、藤原の兄弟の仲間割れさせて義経を殺させ、さらに大義名分を付けて藤原氏も滅ぼそうとしていて悪意ばかりで嫌になりました。そしてそれに染まっている義時にも魅力を感じません。義経と静御前の子供も生まれてすぐに殺していたし。正妻の里から京で襲われたのは頼朝の仕業ではないと知らされていたけど、静御前を殺そうとして結局自分が報いを受けているので意地悪しなければ良かったのにと思いました。義経の首の前で頼朝が泣きながら問いかけてましたが、そんな気持ちがあるのならもっとやり方があったと感じました。

ryo. 50代後半 男性

5.0

このレビューはネタバレを含みます このレビューを隠す

源義経が育った奥州にまで引っ込み、兄である頼朝が天下を収めることを夢見て、静かに暮らしていく覚悟を決めたのに、権力に取り憑かれた頼朝には義経の真っ直ぐな気持ちが見えなくなってしまっているのが悲しい。平家を倒した立役者だけに、自分を超える能力を恐れてしまった結果か、もし兄弟揃って天下に号令出来ていたならば、歴史は変わっていただろう。静御前の凛とした振る舞い、義経の危惧した鎌倉進行計画、義経が鎌倉に戻れたのは首だけで、頼朝が初めて気づく義経のありがたみが切ない。また、時代は動き始める。

みどり 30代後半 女性

4.0

このレビューはネタバレを含みます このレビューを隠す

夫の趣味で見始めましたがとても素晴らしいです。 登場人物とそれを演じる役者さんの演技に魅力されっぱなしです。 今回九郎義経の最期が描かれましたが、あんなに無邪気で自信家だった九郎の苦悩を菅田将暉さんが見事に演じていました。元は兄である頼朝の役にたちたかったのに色々なしがらみに翻弄され、またその才能や性格が災いしてすれ違ってしまった兄弟の姿はとても切なかったです。 頼朝はあれだけ九郎を追い込んでいたのに死後に戻ってきた九郎に対しすまぬ、と泣き崩れる姿にはもらい泣きしてしまいました。 後白河法王が本当に憎たらしく感じるのは、西田敏行さんのタヌキ具合が素晴らしいからかな、と。 あんなに優しい小四郎も九郎討伐の際の暗躍には、遂に…と悲しい気分になりました。 今回の大河は小四郎が主人公だけど、その周りの人々それぞれのドラマが強すぎて誰がメインかわからなくなる時もしばしば。今後頂点に登り詰める鎌倉殿の隣でどう活躍するかに期待です。

サメのえさ 20代後半 男性

5.0

このレビューはネタバレを含みます このレビューを隠す

源頼朝と義経の確執終了が大きなテーマとなった回でした。最後、大きくすれ違った義経は文字通り物言わぬ帰還となりました。菅田将暉演じる義経はまさに嵐のように去っていきました。登場時の奔放さ、戦における非凡な才、そして才ある故迎えた悲劇的な最後。私の中の悲劇の軍神・義経をきっちり演じてくださいました。最後、義時に無邪気に鎌倉攻めを説明しその案を、景時なら分かるといい書状を渡すシーン、そして続く外で弁慶が時間を稼いでいるところを楽しそうに見つめるシーンは脚本家と演者の魂を感じました。史実は別にして、実に三谷さんの描く源義経らしさが出ていて静かですが立派な最後でありました。首と対面した時、頼朝は実際何を思っていたのでしょう。事実は明確な記録が残っていないのでわかりません。頼朝を演じる大泉洋さんのように気持ちが耐え切れず慟哭したのでしょうか。はたまた事も無げに確認しただけでしょうか。最後の答えのない2人の問答は今回のドラマ性がある見どころの1つでした。解釈は人それぞれなので賛否はありますが泣き叫ぶ頼朝もあったのかと思います。何処で道を間違えてしまったのだろうか、他に方法があったのでは考えたのかもしれません。今後、頼朝は本格的に幕府を設立に向けて動き出し、義時を含めどのようなドラマが待っているのでしょう。この先の歴史をある程度知っている身としては気が重いところはありますが来週以降も楽しみです。

ツッキー 50代前半 女性

5.0

このレビューはネタバレを含みます このレビューを隠す

とうとうこの時が来てしまいましたか。仲の良かった頼朝と義経、義経が平家を倒した事を直接頼朝にあって報告できていたら、義経の奥さんが刺客を仕向けなければ、今思えば少しの事で、頼朝も義経も勘違いをしていた事、悲しい事です。静御前の話を義経にし、頼朝への怒りを義経に植え付けさせた後に、泰衡に義経の首をとらせるという自分を手をつけない作戦。それを実行仕掛けたのは義時ということもショックでしたが、義経が亡くなる前の鎌倉を攻める作戦の話を聞いている義時の顔は義経への色んな思いを感じましたし、義経らしい亡くなり方で菅田将暉さんの演技に感動しました。なんて頼朝はひどい人だと感じてましたが、頼朝が一番辛かったかもしれませんね。義経の首と話をしていたシーンは涙涙でした。

レオコネ 60歳以上 男性

5.0

このレビューはネタバレを含みます このレビューを隠す

法皇のように、ライバルを競わせて高見の見物を楽しむ権力者は、いずこの時代も同じです。壇之浦の戦いで、義経のせいで、安徳天皇と、三種の神器である宝剣を失って、源氏と朝廷との関係を悪化させたと平家物語で書かれたのも、義経には不運でしたが、常識を破る時代の寵児はいつでも、叩かれ役です。義経をめぐる3人の女も波乱の人生でした。ドラマでは里と静が対立しますが、正妻の里御前は、義経が法皇に検非違使に任命された前後、頼朝の因縁で、結婚した頼朝の家臣の川越重頼の娘だったのですが、頼朝に、にらまれても、義経と娘を連れて奥州に逃げて義経と命を絶つのは可哀そうです。兄に裏切られた義経が精神的に頼れるのは里だけだったのかも知れません。かたや、妾の静御前だけは生き延びますが、義経の息子を出産すると、政子が助命を頼んでも頼朝に殺されるのは、坊主憎ければ袈裟まで憎いのたとえ通りです。更には義経は壇ノ浦の戦いの後、平時忠に頼まれ21歳の蕨姫を囲ったようですが、脇が甘い義経が、頼朝の反感を買う原因のひとつになった説もあるようですが、頼朝も八重と政子と、亀の3人の女の間を、遊泳する姿が笑えますが、非情な戦闘マシーンのように見えた義経も、色恋には、血が通っていたのが人間らしくて、可愛いです。

キャスト

政子(小池栄子こいけえいこ

プロフィール

生年月日:
1980年11月20日
出身地:
東京都
血液型:
AB型

1998年フジテレビドラマ「美少女H」で主演を務める。2006年映画「接吻」で第63回毎日映画コンクール女優主演賞、2011年「八日目の蝉」で第35回日本アカデミー賞優秀助演女優賞、「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」でも第85回キネマ旬報ベスト・テン助演女優賞受賞。2013年フジテレビドラマ「リーガルハイ」、2016年日本テレビ「世界一難しい恋」に出演、テレビ東京ドラマ「水曜ミステリー9『乃南アササスペンス 鎖 女刑事 音道貴子 』」では主演を務め、テレビ東京「カンブリア宮殿」にインタビュアーとしてレギュラー出演するなど、ドラマやCM、吹替えやナレーションと幅広く活躍している。2017年舞台「陥没」、「子供の事情」、映画「彼らが本気で編むときは、」、「ちょっと今から仕事やめてくる」に出演。

出演作品

北条 時政(坂東 彌十郎バンドウヤジュウロウ

プロフィール

生年月日:
1956年05月10日
出身地:
東京都
血液型:

父は初代坂東好太郎。1973年、歌舞伎座『奴道成寺』で坂東彌十郎を名乗って初舞台を踏み、立役、敵役、老役と幅広い役柄をこなす。同世代の十八代目中村勘三郎による「平成中村座」にも参加しニューヨーク公演を行うなど、国際的な活動にも積極的。

出演作品

出演作品がありません

八重(新垣結衣あらがきゆい

プロフィール

生年月日:
1988年06月11日
出身地:
沖縄県
血液型:

ローティーン向けファッション誌「ニコラ」の専属モデルを経て女優に。以降CM・ドラマ・映画など幅広い分野で活躍。2011年フジテレビ「全開ガール」でドラマ初主演。2012・2013・2014年にはフジテレビ「リーガル・ハイ」でヒロインを務めた。2016年にはTBS「逃げるは恥だが役に立つ」で主演を演じ大きな話題を呼ぶ。2017年10月公開の映画「ミックス。」 では第60回(2017年度)ブルーリボン賞・主演女優賞を受賞。2018 年7月27日公開の映画「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」が大ヒット。2018年日本テレビ「獣になれない私たち」で主演を務めた。

出演作品

土肥実平(阿南健治あなんけんじ

プロフィール

生年月日:
1962年02月24日
出身地:
大分県
血液型:
A型

1991年より活動を開始し、多くの舞台やテレビドラマで活躍。かつて劇団、東京サンシャインボーイズに所属していた。2006年に出演した映画「THE有頂天ホテル」より三谷幸喜監督作品の常連となる。2016年はNHK「真田丸」、映画「太陽の蓋」、舞台「メルシー!おもてなし~志の輔らくごMIX~」にも出演。

出演作品

比企尼(草笛光子くさぶえみつこ

プロフィール

生年月日:
1933年10月22日
出身地:
神奈川県
血液型:
B型

1950年松竹歌劇に入団、1953年松竹大船に入社、1956年東宝に入社。ドラマでは、1978年日本テレビ「熱中時代」の他、2005年テレビ朝日ドラマ「熟年離婚」、2006年フジテレビドラマ「結婚できない男」などに出演。舞台では、1959年「火刑台上のジャンヌダルク」、1976年「ピピン」などに出演。

出演作品

三善 康信(小林隆こばやしたかし

プロフィール

生年月日:
出身地:
血液型:

三谷幸喜主宰の劇団「東京サンシャインボーイズ」を経て、舞台や映画、TVドラマと活躍。TV『古畑任三郎』シリーズ(94)『新選組!』(04)、舞台『オケピ!』(03)など、三谷作品に起用されることも多い。 小林隆は1988年から劇団・東京サンシャインボーイズに所属し、俳優として舞台作品に出演していた。以来、現在に至るまで多数の映画、テレビドラマや舞台作品に出演している。 2016年放送の大河ドラマ『真田丸』(NHK)に、豊臣政権を支える中枢・片桐且元役で出演している。 特技はヨット。大学在学中にはヨット部に所属し、4年生の時に関東インカレスナイプ級を制している。

出演作品

りく(宮沢りえミヤザワリエ

プロフィール

生年月日:
1973年04月06日
出身地:
東京都
血液型:
B型

11歳でモデルとしてデビュー。1987年に放送された「三井のリハウス」CMにリハウスガール“白鳥麗子”として出演し、脚光を浴びる。1988年映画「ぼくらの七日間戦争」主演で女優デビュー。同年フジテレビ「追いかけたいの!」でドラマデビューも飾る。1989年には小室哲哉プロデュースの「ドリームラッシュ」で歌手デビュー。同年のカレンダーでのふんどしルックで話題をまき、1991年には篠山紀信撮影写真集「Santa Fe」で人気絶頂の中でヌードを披露するという仕掛けで日本中を驚かせた。その後は女優として華々しい活躍を見せる。NHK大河ドラマは1989年「春日局」、1991年「太平記」、1999年「元禄繚乱」、2003年「武蔵 MUSASHI」、2011年「江〜姫たちの戦国〜」に出演。ほかドラマは、1989年フジテレビ「スワンの涙」、TBS「オシャレ泥棒」、1990年フジテレビ「いつも誰かに恋してるッ!」「いつか誰かと朝帰りッ!」、1992年TBS「東京エレベーターガール」、1993年日本テレビ「西遊記」、フジテレビ「北の国から'95 秘密」「北の国から'98 時代」「 北の国から 2002 遺言」、2005年フジテレビ「女の一代記」、2014年WOWOW「グーグーだって猫である」など多数。映画出演は、1994年「四十七人の刺客」、1995年「天守物語」、2001年「釣りバカ日誌12 史上最大の有給休暇」、2002年「華の愛 遊園驚夢」「うつつ」「たそがれ清兵衛」、2003年「運転手の恋」、2004年「父と暮せば」、2005年「トニー滝谷」「阿修羅城の瞳」、2006年「花よりもなほ」、2007年「オリヲン座からの招待状」、2009年「ゼラチンシルバーLOVE」、2014年「魔女の宅急便」「紙の月」、2015年「トイレのピエタ」、2016年「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」「湯を沸かすほどの熱い愛」などがある。舞台も「透明人間の蒸気」「ロープ」「人形の家」「MIWA」などで演劇賞を授賞している。

出演作品

源頼朝(大泉洋おおいずみよう

プロフィール

生年月日:
出身地:
血液型:

大学時代に出演した北海道テレビのバラエティー番組「水曜どうでしょう」が高視聴率を記録し、北海道のスターとして人気を集める。その後、東京に進出し、タレント、俳優として幅広く活動。 大泉洋(おおいずみよう)は、日本で活動する役者。北海道出身の1973年4月3日生まれ。CREATIVE OFFICE CUE所属。 北海学園大学に入学後、演劇研究会に所属。研究会で、現在も続く演劇チーム「TEAM NACS」の面々と対面している。 所属した劇団の舞台が話題となったことをきっかけに、所属事務所会長でもある鈴井貴之の目に留まり、テレビ出演を果たした。 1996年放送開始の北海道ローカルバラエティ『水曜どうでしょう』(HTB)に初回からレギュラー出演。番組の人気と共に自身も大ブレイクを果たした。 2004年に東京進出を始め、2005年放送のドラマ『救命病棟24時 第3シリーズ』(フジテレビ)から東京での役者業を本格化させている。

出演作品

大姫(南沙良みなみさら

プロフィール

生年月日:
2002年06月11日
出身地:
神奈川県
血液型:

第18回ニコラモデルオーディションのグランプリを受賞、その後同誌専属モデルを務める。女優としては、映画「幼な子われらに生まれ」(2017年/三島有紀子監督)に出演し、デビュー作ながらも、報知映画賞、ブルーリボン賞・新人賞にノミネート。その後、行定勲が監督を務めた、ロックバンド・レベッカの17年ぶりの新曲「恋に堕ちたら」(2017年)のミュージックビデオに主演。2018年公開の映画「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」(湯浅弘章監督)では、映画初主演ながらも、第43回報知映画賞、第61回ブルーリボン賞・新人賞、第33回高崎映画祭・最優秀新人女優賞、第28回日本映画批評家大賞・新人女優賞を受賞し、その演技力が業界関係者から高く評価される。2019年は、1月4日放送の第30回フジテレビヤングシナリオ大賞・大賞受賞作フジテレビ「ココア」でドラマデビュー&ドラマ初主演を務め、2月8日公開のオムニバス映画「21世紀の女の子」内の「愛はどこにも消えない」(松本花奈監督)、5月17日公開の映画「居眠り磐音」(本木克英監督)、8月24日公開の主演映画「無限ファンデーション」(大崎章監督)に出演。2020年は、3月4日放送のドラマ「ピンぼけの家族」(NHK)でヒロイン、3月20日全国公開の映画「もみの家」(坂本欣弘監督)で主演、5月15日公開の映画「太陽は動かない」(羽住英一郎監督)を控える。江崎グリコ「ポッキー」、「キリン 午後の紅茶」イメージキャラクター。ソフトバンク「SoftBank学割」CMキャラクター。

出演作品

源 範頼(迫田孝也さこだたかや

プロフィール

生年月日:
1977年04月06日
出身地:
鹿児島県
血液型:
O型

広島大学教育学部卒業後、役者を志し上京。 劇団STRAYDOGに約8年間在籍し、舞台をはじめ数々のドラマに出演。 2006年、映画「ザ・マジックアワー」のオーディションで三谷幸喜氏と出会い、その後数々の三谷作品に出演。2014年に初演、2018年に再演された舞台「酒と涙とジキルとハイド」で助手のプール役を熱演。独特の存在感で好評を博した。

出演作品

平清盛(松平健まつだいらけん

プロフィール

生年月日:
出身地:
血液型:

「暴れん坊将軍」シリーズをはじめ時代劇を中心に70年代から活躍する人気俳優。歌手としてのデビューは、1980年リリースのドラマ『走れ!熱血刑事』主題歌主題歌「夜明けまで」。2004年に発表した「マツケンサンバII」が大ヒット。 松平健は 1953年11月28日生まれ。愛知県豊橋市出身。 年齢は現在、66歳。 1970年にデビューをした。 俳優として活動している。

出演作品

武田信義(八嶋智人やしまのりと

プロフィール

生年月日:
1970年09月27日
出身地:
奈良県
血液型:

2011年映画「3D怪物くん」、2015年映画「HERO」などに出演。2012年カムカムミニキーナの舞台「ひーるべる」、2014年舞台「抜け目のない未亡人」などで活躍。フジテレビ「dinner」「Oh,My,Dad!!」、テレビ朝日「遺留捜査」戦後70年ドラマスペシャル「妻と飛んだ特攻兵」など、テレビ出演多数。2016年NHKEテレ「チョイス@病気になったとき」、フジテレビ「早子先生、結婚するって本当ですか?」ではレギュラーを務める。

出演作品

道(堀内敬子ほりうちけいこ

プロフィール

生年月日:
1971年05月27日
出身地:
東京都
血液型:
O型

劇団四季在籍時代に舞台「美女と野獣」、「ウエストサイド物語」などで活躍。以後は「12人の優しい日本人」などの三谷幸喜作品ほか、数々の舞台に出演。NHK「サラリーマンNEOseason3」、フジテレビ「絶対零度~特殊犯罪潜入捜査~」、NHK「フルタ家の不思議なテレビ」など数多くのドラマに出演。映画では「THE 有頂天ホテル」、「旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ」、「スープ 生まれ変わりの物語」などに出演している。2016年TBS「砂の塔~知りすぎた隣人~」、2017年映画「君と100回目の恋」、舞台「パレード」に出演。

出演作品

平 知康(矢柴俊博やしばとしひろ

プロフィール

生年月日:
1971年10月02日
出身地:
埼玉県草加市
血液型:
A型

加藤健一事務所俳優教室出身の俳優。ソツのない確かな芝居で、ドラマ、映画などで活躍中。ゲスト出演が多いが、作品をきゅっと締める存在感を発揮。

出演作品

亀(江口のりこえぐちのりこ

プロフィール

生年月日:
1980年04月28日
出身地:
兵庫県
血液型:
O型

2001年より舞台「パック探偵団」「夏の夜の夢」「長屋紳士録」などに出演。2002年「桃源郷の人々」で映画デビュー、2004年「月とチェリー」で主役を演じ、2006年主演作「お姉ちゃん、弟といく」では第2回シネアスト・オーガニゼーション・大阪エキシビション(CO2)女優賞を受賞する。またテレビ朝日ドラマ「時効警察」や日本テレビドラマ「1ポンドの福音」にレギュラー起用され、2011年NHKドラマ「野田ともうします。」シリーズ、2015年NHKドラマ「マッサン スピンオフ~たそがれ好子~」では主演を務めた。2016年日本テレビドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」、テレビ東京ドラマ「徳山大五郎を誰が殺したか?」にレギュラー、2017年には舞台「ザ・空気」に出演する。特技はピアノ、中距離走。

出演作品

上総 広常(佐藤浩市さとうこういち

プロフィール

生年月日:
1960年12月10日
出身地:
血液型:

映画では、2015年「愛を積むひと」、「起終点駅 ターミナル」、2016年「64-ロクヨン-」の前偏、後編で主演を務めたほか2017年には「花戦さ」に出演。テレビでは、2016年朝日ドラマ「狙撃」、TBS「LEADERS」 に主演。CMでは、トヨタ、三井住友信託銀行、サントリー「-196℃ 極キレ」に起用された。

出演作品

安達盛長(野添義弘のぞえよしひろ

プロフィール

生年月日:
1958年07月03日
出身地:
大阪府
血液型:
O型

1993年日本テレビドラマ「ちょっと危ない園長さん」、1997年テレビ朝日ドラマ「電磁戦隊メガレンジャー」、2001年TBSドラマ「ブラックジャック3」、2005年フジテレビドラマ「海猿」、2010年NHKドラマ「ゲゲゲの女房」、2011年フジテレビドラマ「ストロベリーナイト」などに出演。2011年テレビ朝日ドラマ「Dr.伊良部一郎」、2012年TBSドラマ「コドモ警察」、2013年TBSドラマ「タンクトップファイター」などではレギュラーを務め、2014年フジテレビドラマ「HERO」では羽毛田役を演じる。2015年BSジャパンドラマ「ワカコ酒」では大将役でレギュラー出演し、2016年TBSドラマ「神の舌を持つ男」第4・5話などにも出演。映画では、2004年「ロード88」でサブ役を演じ、2009年「20世紀少年 第2章」、2011年「白夜行」、2014年「黒執事」、2015年「天空の蜂」などでも活躍。2016年舞台「真田十勇士」では柳生但馬守宗矩役を務める。スキー、オートキャンプ、ドラムが趣味。特技はアクション、殺陣、殺陣振付。

出演作品

平宗盛(小泉孝太郎こいずみこうたろう

プロフィール

生年月日:
1978年07月10日
出身地:
神奈川県
血液型:
AB型

2002年、フジテレビドラマ「初/体/験」に出演。2007年日本テレビ「ハケンの品格」、2013年NHK大河ドラマ「八重の桜」、 2015年TBS「下町ロケット」などに出演。同年、TBSドラマ「魔性の群像 刑事・森崎慎平」では、主演を務めた。2016年BSプレミアムドラマ「受験のシンデレラ」に出演。映画では、2003年映画「踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」、2005年映画「交渉人 真下正義」などに出演している。2016年、テレビ東京「リオデジャネイロ五輪」のメインキャスターに就任が決定した。趣味はゴルフ、スポーツ全般。

出演作品

畠山重忠(中川大志なかがわたいし

プロフィール

生年月日:
1998年06月14日
出身地:
東京都
血液型:
B型

主な出演ドラマは、2011年NHK連続テレビ小説「おひさま」、2011年NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国」、2011年日本テレビドラマ「家政婦のミタ」、2012年フジテレビドラマ「GTO」、2014年日本テレビドラマ「地獄先生ぬ~べ~」、2015年フジテレビドラマ「南くんの恋人~my little lover~」、2018年TBSドラマ「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」、2018年フジテレビドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」など。主な出演映画は、2017年「きょうのキラ君」、2018年「坂道のアポロン」、「虹色デイズ」、「覚悟はいいかそこの女子。」などがある。

出演作品

阿野全成(新納慎也にいろしんや

プロフィール

生年月日:
1975年04月21日
出身地:
兵庫県神戸市
血液型:
A型

16歳の時にスカウトされ、関西を中心にモデルとして活躍。1996年舞台「アラジン」、2002年「GODSPELL」などで主役を務め、2014年舞台「アリス・イン・ワンダーランド」、2015年「ラ・カージュ・オ・フォール」の他、2006年フジテレビドラマ「役者魂!」、2008年テレビ朝日「仮面ライダーキバ」などに出演した。

出演作品

実衣(宮澤エマみやざわえま

プロフィール

生年月日:
1988年11月23日
出身地:
血液型:
O型

舞台・テレビと幅広く活躍。ドラマ「いつかこの雨がやむ日まで」(CX)、ミュージカル「ジキルとハイド」、「日本の歴史」、「ペテン師と詐欺師」など多数出演。「モーニングサテライト『リーダーの栞』」(TX)、「AbemaPrime」(abemaTV)等でも活躍。ラジオ「Show me love!」ではパーソナリティーを務めている。初の映画出演となる三谷幸喜監督作品「記憶にございません!」が2019年9月13日公開。2020年秋からはNHK連続テレビ小説「おちょやん」に出演。

出演作品

比企能員(佐藤二朗さとうじろう

プロフィール

生年月日:
1969年05月07日
出身地:
愛知県春日井市
血液型:

1996年演劇ユニット・ちからわざを旗揚げし、全公演で作・出演する。BS-TBS「ケータイ刑事銭形シリーズ」、「恋する日曜日」、毎日放送「家族八景」、関西テレビ「笑福亭仁鶴50周年記念ドラマ『だんらん』」などのドラマ脚本を執筆し、2008年映画「memo」、LaLaTVドラマ「私たちがプロポーズされないのには101の理由があってだな」では脚本、監督を務める。テレビドラマでは2000年TBS「QUIZ」安部刑事役(レギュラー)、2001年TBS「ハンドク!!」、日本テレビ「本家のヨメ」のレギュラー、2011年独立U局ネット「マメシバ一郎」では主役を務め、2016年TBS「神の舌を持つ男」などに出演。映画では2001年「溺れる魚」、2010年「BECK」などの堤幸彦作品、2009年「大洗にも星はふるなり」、2013年「俺はまだ本気出してないだけ」2014年「薔薇色のブー子」、「女子ーズ」などの福田雄一監督作品の常連ほか、数多くの作品で活躍。

出演作品

三浦義村(山本耕史やまもとこうじ

プロフィール

生年月日:
1976年10月31日
出身地:
東京都新宿区
血液型:
B型

0歳からモデルを始め、1987年の舞台『レ・ミゼラブル』で本格的に活動を開始。93年、「ひとつ屋根の下」で注目を集め、2004年の大河ドラマ「新選組!」で人気が高まった。10年の舞台『GODSPELL ゴッドスペル』では演出も務める。15年8月、女優の堀北真希と交際2カ月で結婚した。

出演作品

和田義盛(横田栄司よこたえいじ

プロフィール

生年月日:
出身地:
東京都
血液型:

俳優、声優。文学座所属。初舞台は、1996年文学座本公演紀伊國屋ホール「特ダネ狂騒曲」。舞台出演は、2000年松竹新橋演舞場「智恵子飛ぶ」、2010年彩の国さいたま芸術劇場大ホール「じゃじゃ馬馴らし」、2016年東宝シアタークリエ「ピアフ」。ドラマ出演は、TBS「下町ロケット」、NHK「真田丸」。ANA機内番組「発想の来た道」のナレーションを務める。CMはTOTO「ネオレスト」に出演中。

出演作品

後白河法皇(西田敏行にしだとしゆき

プロフィール

生年月日:
1947年11月04日
出身地:
福島県郡山市
血液型:

出演作品

源行家(杉本哲太すぎもとてった

プロフィール

生年月日:
1965年07月21日
出身地:
神奈川県
血液型:

TBS「もう一度君に、プロポーズ」「天皇の料理番」、フジテレビ「HERO」、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」などでレギュラーを務める。2014年テレビ東京「日経スペシャル ガイアの夜明け」、2015年NHKスペシャル「いのち~瀬戸内寂聴 密着500日~」など多くの番組でナレーションを担当する。2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」出演。

出演作品

丹後局(鈴木京香すずききょうか

プロフィール

生年月日:
出身地:
血液型:

1989年映画「愛と平成の色男」に出演。1997年に主演を務めた映画「ラヂオの時間」では第21回日本アカデミー賞優秀主演女優賞などを受賞。2004年の映画「血と骨」では第28回日本アカデミー賞にて最優秀主演女優賞を獲得。2010年のNHKドラマ「セカンドバージン」では主役を演じ、国際ドラマフェスティバルinTOKYO2011にて主演女優賞を受賞する。また、2000年舞台「カノン」、2013年舞台「声」など舞台やCMでも活躍。2016年NHK大河ドラマ「真田丸」、舞台「家族の基礎~大道寺家の人々~」で活躍。

出演作品

梶原景時(中村獅童なかむらしどう

プロフィール

生年月日:
1972年09月14日
出身地:
東京都
血液型:
O型

歌舞伎の名門一家に生まれ、1981年に歌舞伎座にて8歳で初舞台を踏み、2代目中村獅童を襲名した。歌舞伎「義経千本桜」をはじめ、多くの歌舞伎舞台で主演や座長を務めている。2003年に映画「阿修羅のごとく」で日本アカデミー賞優秀助演男優賞、浅草芸能大賞新人賞を獲得。2014年には映画「アメイジング・スパイダーマン2」日本語吹き替え版で声優を務めるなど、多方面で活躍している。

出演作品

源 義経(菅田将暉すだまさき

プロフィール

生年月日:
出身地:
血液型:

2008年、ジュノンスーパーボーイコンテストがきっかけで芸能界デビュー。史上最年少主演ライダーとして抜擢された「仮面ライダーW」のフィリップ役で人気を集める。その後も映画、ドラマ、舞台と幅広く活動。 菅田将暉(すだまさき)は、日本で活動する役者・歌手。大阪府箕面市出身の1993年2月21日生まれ。トップコート所属。 2008年開催の「第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でファイナリストに選ばれ、事務所所属が決定し、芸能界入り。 2009年放送の特撮ドラマ『仮面ライダーW』(テレビ朝日)で、最年少で仮面ライダーを演じドラマ初出演・初主演を務めた。 2013年以降、映画・ドラマ共に数々の賞を受賞している。 歌手としても活動しており、2017年にソロデビュー。2019年に『紅白歌合戦』(NHK)初出場を果たし、『まちがいさがし』を披露した。

出演作品

北条宗時(片岡愛之助かたおかあいのすけ

プロフィール

生年月日:
1972年03月04日
出身地:
大阪府
血液型:

1981年十三代目片岡仁左衛門の部屋子となり、南座「勧進帳」の太刀持で片岡千代丸を名のり初舞台を踏む。1992年片岡秀太郎の養子となり、大阪・中座「勧進帳」の駿河次郎ほかで六代目として片岡愛之助を襲名。2008年三代目楳茂都扇性(うめもとせんしょ う)を襲名し、上方舞楳茂都流四代目家元を継承。2013年TBSドラマ「半沢直樹」で黒崎駿一役を演じる。2016年、京の年中行事「當る酉年 吉例顔見世興行」東西合同大歌舞伎 五代目中村雀右衛門襲名披露に出演。

出演作品

北条義時(小栗旬おぐりしゅん

プロフィール

生年月日:
1982年12月26日
出身地:
東京都
血液型:
O型

1998年関西テレビ「GTO」で連続ドラマに初レギュラー出演。その後、TVドラマ、映画、舞台など活躍の幅を広げ、2014年フジテレビ「信長協奏曲」、2015年TBS「ウロボロス~この愛こそ、正義。」、2017年関西テレビ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」、映画作品は、2014年「ルパン三世」、2016年「信長協奏曲」「ミュージアム」、2017年「追憶」「銀魂」「君の膵臓をたべたい」、2018年「銀魂2 掟は破るためにこそある」「響-HIBIKI-」などに出演。舞台では2007年「カリギュラ」、2011年「時計じかけのオレンジ」、2011年「髑髏城の七人」、2013年「あかいくらやみ」、2014年「カッコーの巣の上で」、2015年「RED」、2017年「髑髏城の七人 Season花」「ヤングフランケンシュタイン」に出演。

出演作品

善児(梶原善かじはらぜん

プロフィール

生年月日:
1966年02月25日
出身地:
岡山県
血液型:

2012年舞台「南部高速道路」、2014年舞台「蒼の乱」などに起用される。フジテレビ「TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~」、NHKBSプレミアム「黒猫、ときどき花屋」BS時代劇「一路」、日本テレビ「家売るオンナ」ではレギュラーを務める。2016年映画「後妻業の女」「グッドモーニングショー」に出演。

出演作品

源頼家(金子大地かねこだいち

プロフィール

生年月日:
1996年09月26日
出身地:
北海道
血液型:

2014年、アミューズオーディションフェス2014にて俳優・モデル部門で受賞し芸能界デビュー。2016年フジテレビドラマ「坊っちゃん」テレビ東京ドラマ「昼のセント酒」映画「人狼ゲーム プリズン・ブレイク」「14の夜」、2017年関西テレビドラマ「明日の約束」映画「逆光の頃」「ナラタージュ」に出演。2018年テレビ朝日ドラマ「おっさんずラブ」にて栗林歌麻呂を演じ知名度を高め、映画「わたしに××しなさい」「家族のはなし」と次々と話題作に起用され、活躍の場を広げている。特技はバスケットボール。

出演作品

主なロケ地

主なロケ地がありません

【2022年5月22日放送回】鎌倉殿の13人 第20話 帰ってきた義経情報まとめ

本日から 12月30日 まで無料!

31日間無料で動画視聴

おすすめVODで見れるドラマ

NHKオンデマンド U-NEXT

レビューを書く



スコア

現在放送中のドラマ