鎌倉殿の13人 - 評判・口コミ・レビュー・感想まとめ【面白い!面白くない!ひどい?高評価や不評をあらずしから完全網羅】

4.6

あらすじ

鎌倉殿の13人 再放送情報

NHK総合にて翌週土曜13:05~13:50に放送

 

もっと見る
タグ
笑える テレビ 歴史 歴史

エピソード

2022年12月11日放送 第47話 ある朝敵、ある演説

3.0

2022年12月4日放送 第46話 将軍になった女

3.0

2022年11月27日放送 第45話 八幡宮の階段

3.0

2022年11月20日放送 第44話 審判の日

3.0

2022年11月13日放送 第43話 資格と死角

3.0

2022年11月6日放送 第42話 夢のゆくえ

3.0

2022年10月30日放送 第41話 義盛、お前に罪はない

3.0

2022年10月23日放送 第40話 罠と罠

3.0

2022年10月16日放送 第39話 穏やかな一日

3.0

2022年10月2日放送 第38話 時を継ぐ者

3.0

2022年9月25日放送 第37話 オンベレブンビンバ

3.0

2022年9月18日放送 第36話 武士の鑑(かがみ)

3.0

2022年9月11日放送 第35話 苦い盃(さかずき)

3.0

2022年9月4日放送 第34話 理想の結婚

3.0

2022年8月28日放送 第33話 修善寺

3.0

2022年8月21日放送 第32話 災いの種

3.0

2022年8月14日放送 第31話 諦めの悪い男

3.0

2022年8月7日放送 第30話 全成の確率

3.0

2022年7月31日放送 第29話 ままならぬ玉

3.0

2022年7月24日放送 第28話 名刀の主

3.0

2022年7月17日放送 第27話 鎌倉殿と十三人

4.7

2022年7月3日放送 第26話 悲しむ前に

4.0

2022年6月26日放送 第25話 天が望んだ男

4.7

2022年6月19日放送 第24話 変わらぬ人

4.3

2022年6月12日放送 第23話 狩りと獲物

5.0

2022年6月5日放送 第22話 義時の生きる道

4.0

2022年5月29日放送 第21話 仏の眼差し

4.7

2022年5月22日放送 第20話 帰ってきた義経

4.7

2022年5月15日放送 第19話 果たせぬ凱旋

4.9

2022年5月8日放送 第18話 壇ノ浦で舞った男

4.9

2022年5月1日放送 第17話 助命と宿命

5.0

2022年4月24日放送 第16話 伝説の幕開け

4.0

2022年4月17日放送 第15話 足固めの儀式

4.5

2022年4月10日放送 第14話 都の義仲

4.0

2022年4月3日放送 第13話 幼なじみの絆

5.0

2022年3月27日放送 第12話 亀の前事件

5.0

2022年3月20日放送 第11話 許されざる嘘

5.0

2022年3月13日放送 第10話 根拠なき自信

5.0

2022年3月6日放送 第9話 決戦前夜 

5.0

2022年2月27日放送 第8話 いざ、鎌倉

5.0

2022年2月20日放送 第7話 敵か、あるいは

4.0

2022年2月13日放送 第6話 悪い知らせ

4.0

2022年2月6日放送 第5話 兄との約束

4.0

2022年1月30日放送 第4話 矢のゆくえ

4.0

2022年1月23日放送 第3話 挙兵は慎重に

3.0

2022年1月16日放送 第2話 佐殿の腹

3.0

2022年1月9日放送 第1話 大いなる小競り合い

3.0

もっと見る

口コミ・感想

ペンシル 40代後半 男性

5.0

視聴者が話の内容を理解し易いように、またストーリー展開が早く作られていてテンポも良く構成されており、見ていて楽しいし満足できる。北条氏が鎌倉幕府の執権として成り立つまでに至る数々の危機や、征夷大将軍となる源頼朝などとの関係性を、歴史に忠実に描写されており、毎回見終わった後は次回が楽しみな作品となっている。配役も今後の展開を加味した、良く似合うものになっているのとともに、大姫や安徳天皇といった今後の話の中でポイントとなる人物も早い段階から顔出しさせることで視聴者への意識づけもさせておく上手な作品構成となっており、非常に見ごたえがあります。
もっと見る
ナミコ 50代前半 女性

5.0

今まで大河ドラマを続けて見たことない私が、今ハマってます。歴史がわからなくてもとてもわかりやすい描かれ方です。笑いどころがあったり、戦地の過酷さを味わったり色々な面で楽しめます。しかも、役者さんと配役がぴったりで、楽しさも倍増です。このドラマに合わせて日曜日は家に早めに帰る事になりました。
もっと見る
アカ 60歳以上 女性

4.0

大河ドラマでは少ない鎌倉時代の話で、最初はどうかなと思っていましたが、三谷幸喜さんらしい現代的な感覚で見られる時代劇となっており毎回引き込まれています。特に「無理無理」とか「そっちかい」などの今風のセリフがとても楽しいです。学校の歴史で習ったことはとんと忘れてしまいましたので、この大河で鎌倉時代を楽しく復習したいと思っています。
もっと見る
mt 30代後半 女性

4.0

このレビューはネタバレを含みます このレビューを隠す

いつもの大河とは違い、所々コミカルにえがかれて面白い。 現代がミックスされたような感覚になる。 特に小池栄子さんが魅力的で、毎回楽しみにしている。 そしてやはり、小栗旬の演技力。前回の頼朝をふるいだたせる迫力表情。一皮むけた義時、これからがますます楽しみだ。 13人というが、役者がすごすぎて誰を指すのかわからないほどだ。

てむ 40代前半 女性

3.0

このレビューはネタバレを含みます このレビューを隠す

キャストが豪華です。大河はあまり継続して見ることが少ないのですが、今回はキャストがよいので見ています。大泉洋さんと小池栄子さんのキャラクターが特に好きです。三谷幸喜さんの世界観で描かれているからちょっと時代劇のようなかんじがせず今風なところも多々あるように思いますが、それがまた面白くあります。楽しく歴史を学べるのが良いです。

あるみ。 30代後半 女性

4.0

このレビューはネタバレを含みます このレビューを隠す

大河ながらもやはり三谷幸喜ワールドが全開です!主人公の義時が頼りないキャラクターの中、頼朝の周りも何処となく心配が拭えない面々です。一方で女性陣が地に足をつけた佇まいで力強い中、戦のシーンも出てきても義時がへなちょこだったりしましたが、後半へ向けてキャラクターが大きく逞しく成長していくのではと予想しています。シリアスな中でも次の場面ではコミカルさがすぐ出てきたり、豪華俳優陣で見られるのが贅沢ですね。

ryo. 50代後半 男性

5.0

脚本、出演者の皆さんの顔ぶれ、源平合戦の始まりのストーリー。源頼朝を支えて鎌倉時代を築いていく北条や伊東、三浦などの豪族たちの思惑と、三谷幸喜さんの世界観、大泉洋さん、小栗旬さん、新垣結衣さん、小池栄子さんの想いが交錯する貴重で興味深い歴史ドラマです。ひっそりと階段の上に祀られていた頼朝さんの墓も記憶が蘇って来ました。
もっと見る
タケ 60歳以上 男性

5.0

さすが三谷さんの脚本であるだけに面白いです。また、頼朝役の大泉のマルチな演技に笑えたり、尊敬できたりと本当に中身の濃いドラマです。これから義経が出てきますが、彼の末路がどうなるのか今からハラハラしています。
もっと見る
たねぽん 60歳以上 女性

4.0

今年の大河ドラマは何年かぶりに見ていますが、今回は鎌倉時代、現代語セリフもそんなに気にならず、非常に展開がわかりやすいのが良いと思います。頼朝が幕府を立ち上げるまでの歴史には大変興味をもっていて、多少勉強したりしていたのですが、今回のドラマは大変参考になります。細かいところまで、史実をいろいろ吟味して、エンターティメント性のある良質な歴史ドラマとして出来上がっていると思います。今後の展開が非常に楽しみです。
もっと見る
あおい 30代後半 女性

5.0

このレビューはネタバレを含みます このレビューを隠す

三谷脚本の大河ドラマなのでコメディタッチで明るく楽しめる場面も多いものの、歴史上残酷でつらい展開も多く、そのギャップがこのドラマの魅力になっていると思います。主人公は小栗旬さん演じる義時ですが、あまり有名ではない存在ということもあり、今までにない地味な主人公なのも注目ポイントです。特に権力を持った頼朝に翻弄されることが多いですが、歴史上では派手な主要人物だけではなく、義時のような地味でありながらたくさん苦労してきた人がいたからこそ支えられてきた、ということを改めて感じることができます。

レモ 50代後半 男性

5.0

三谷幸喜氏の脚本が光る斬新な傑作。源頼朝、義経、源平合戦などは多くの小説、ドラマなどあり、 私も確立されたイメージや好きな作品があります。その古典的な作品を、さらに現代に蘇らせ、新たなイメージの構築に挑んだ作品です。その過去の作品と対比させながら観ることが何より面白いです。私は義経が好きなのですが、義経を演じる菅田将暉さんに良い意味でビックリして、私的には一番の注目です。後は頼朝や義経ほど私は知らなかった北条義時が主人公というも楽しみの一つです。今後の展開から目が離せません。
もっと見る
シバ 30代後半 男性

5.0

このレビューはネタバレを含みます このレビューを隠す

鎌倉殿は、今一番ハマって見ているドラマである。木曽義仲の最後はつい涙してしまった。木曽義仲は、義のある人だったんだなぁと感じた。今まで名前は知っていたが、どのような戦いをし、どのような最後を遂げたのかまでは知らなかった。あのような裏切りを受けても、頼朝を憎まないところ、後白河法王に最後に挨拶に行ったところ、感動した。それに対して、後白河法王をだんだん許せなくなってきた。なかなか感情移入できるドラマが最近ないが、すごく良い脚本だと感じている。ところどころに笑いがあるのもよい。

ぺんぺん草 20代後半 男性

5.0

時代の変化にもまれ、中間管理職の苦悩…という立ち位置だった主人公義時が成長してきていて、より面白くなってきています。三谷幸喜節のコメディシーンも多く、堅苦しくない大河ドラマですが、それが残酷でえげつないシーンとのギャップを生んでいてゾクゾクします。心理描写と演出・演技が素晴らしく、義時を通して登場人物の本心や葛藤が伝わってくる場面が非常に魅力的です。特に頼朝は毎週リアルタイム視聴者を振り回しています。これからの主人公の立ち回りが見ものですね。
もっと見る
ゆず 30代後半 女性

5.0

このレビューはネタバレを含みます このレビューを隠す

菅田将暉さん演じる義経が主人公かと思うくらいとても魅力的に描かれていて、彼の人間らしい振る舞いに目を奪われてしまいました。兄頼朝とのすれ違いがなんとも切なくて彼の最期には涙が止まりませんでした。大泉洋さん演じる頼朝も時に自分勝手に感じるものの、カリスマ性も感じるところがさすがだなと思います。三谷脚本らしいコミカルな演出はもちろんですが、行間が感じられる展開になっているのも素晴らしくて見入ってしまう理由のひとつですね。

たまこ 40代前半 女性

5.0

三谷幸喜氏の脚本とはいえ、どちらかと言うとマイナーな源平合戦〜鎌倉時代が舞台なので、期待もありつつ、不安もありながら見始めましたが…そんなことは杞憂でしかありませんでした!まず、主人公・北条義時をはじめ、源頼朝、北条政子、源義経、後白河法皇などが個性的で、歴史上の偉人なのに、どこかおかしみのある、とても人間味あふれるキャラクターに描かれているのが楽しいです。そして、三谷氏の想像力の豊かさを毎回、痛感します。史実に忠実でありながらもその合間を埋める、三谷氏の描くエピソードの数々は「本当にこんなことだったかもしれない」と思わせる説得力があります。三谷氏お得意のコメディ部分には存分に笑わせられるので、より登場人物のすれ違いや陰謀によって起こる悲劇が衝撃的です。これからの1番の見どころは「頼朝の死」をどう描くかですが、きっと何か大きな仕掛けがあるのだろうと期待してしまいます。頼朝と出会えなければ歴史の表舞台に出ることはなかった、北条義時という人物の行末を最後までしっかり見届けようと思っています。
もっと見る
ぽりぽり 20代後半 男性

5.0

大河ドラマで武士の時代の話といえば、合戦の迫力や逸話の描き方に注目が集まりますが、鎌倉殿は権力闘争に焦点が当てられています。コミカルさでごまかされていますが、失脚に追い込む手段など、かなりえぐい手段も頻発し、様々な派閥が登場するので現代の政治に通ずるものを感じます。登場人物が現代語で話すので内容が入りやすく、心情描写に注力していることがうかがえます。それもあって各登場人物の魅力が引き立っていると感じます。特に二面性を描くのがうまく、明確に味方・敵、いい人物・悪い人物が分かれていないところが視聴者の心をつかみヤキモキさせていると思います。
もっと見る
大河ドラマ大好き男 40代前半 男性

4.0

当初は時代設定と合わない現代語のセリフに違和感を感じましたが、見進めていくうちに慣れて気にならなくなりました。 ストーリーは源平合戦を軸に、登場人物の個性を生かして、史実とエンタメ性をバランス良く仕上げた脚本になっていると思います。 源平合戦にはあまり興味のない人でも楽しめる内容になっているのではと。 大河ドラマは1年間と言う長いスパンですので、途中で間延びを感じがちですが、鎌倉殿においては現在の所、そのようなことはなく、毎週、楽しんで視聴しています。
もっと見る

レビューを書く



スコア