AppleTV +の解約は難しい?パターン別解約方法を徹底解説!

出典:https://www.apple.com/jp/apple-tv-plus/

AppleTV+とは

AppleTV+(AppleTVプラス)とは、iPhoneやMacで有名なApple社が運営する動画配信サービスです。

そのため、AppleIDを持っていれば非常に簡単にサービスを開始することができ、Appleユーザーにとって嬉しいコンテンツと言えるでしょう。

2019年11月から開始したまだ新しい動画配信サービスにはなりますが、価格設定やハイクオリティなオリジナル作品が話題で、利用者が急増しています。

サービスの利用を検討する方の中には

「解約手続きって簡単にできるの?」

「解約するタイミングはいつがいい?」

など、解約時の不安を感じる方もいるのではないでしょうか?

この記事では、AppleTV+の概要と気になる解約手続き、解約する際の注意点などを詳しく解説します。

事前に解約方法を知ることで、より安心してサービスを利用できますのでぜひ参考にしてみてださいね。

配信作品は完全オリジナル作品

解約方法の前に、まずはApple TV+がどのようなサービスなのか簡単にご紹介します。

Apple TV+で配信されている動画は、他では視聴することができない完全オリジナル作品です。

このオリジナル作品に特化したサービスは、Apple TV+の一番の特徴と言っていいでしょう。

人気のアニメやドラマ、映画などは扱っていませんのでそのような作品が見たい方には不向きのサービスと言えます。

「オリジナル作品だけなら見たい作品が見つかるだろうか?」

と感じる方もいるかもしれませんが、そこは心配不要です!

Apple TV+のオリジナル作品製作には、ハリウッドの錚々たるクリエイターが参加しており、製作費も桁違い。

そのクオリティは圧倒的で、見て後悔はさせない作品が多数揃っています。

無料体験も実施していますので、「まだ見ていない新しい作品に出会いたい」「海外ドラマや映画にハマっている」という方は、ぜひサービスの利用を検討してみてくださいね。

月額料金600円(税込)で動画見放題

Apple TV+は月額600円(税込)で利用できる定額サービスです。

月ごとの支払いの他に、年間契約をすることもできます。

その場合の年間料金は6,000円で、1ヶ月あたりなんと100円も安くサービスを利用することができてしまうんです。

長期的に利用を考えている方は、年間契約が絶対的にお得ですよ。

その他の動画配信サービスの月額料金はどのくらいなのでしょうか?

【主な動画配信サービスの月額料金一覧】

  • Apple TV+   600円
  • U-NEXT    2,189円
  • NETFLIX    990 円 1,490円  1,980円(コースによって異なる)
  • hulu      1,260円
  • FODプレミアム 976円

以上のことから、Apple TV+の月額料金は他社のサービスと比べても、比較的リーズナブルと言えます。

ですので、ひつ目のサービスとしての利用はもちろん、現在登録しているサービスがある方の「動画のバラエティを増やすための追加契約」としてもおすすめです!

Apple TV+のサブスクリプションでは、AppleIDを持っている家族最大6人までファミリー共有が可能です。

家族内で一人登録しているユーザーがいれば、他の5人は無料でサービスを共有できますよ。

Apple TVとの違いは

インターネット上でApple TV+とよく似た「Apple TV」というワード目にする機会があるのですが、両者にはどのような違いがあるのでしょうか?

Apple TVよりさらにサービスの充実したものがApple TV+ であると勘違いしてしまうかもしれませんが、この二つは全く違う意味を持っています。

【Apple TV+とApple TVの違い】

  • Apple TV+…オリジナル作品に特化した定額動画配信サービス
  • Apple TV …大画面で動画を視聴するためにテレビに接続するデバイス

Apple TV+はこの記事で紹介したように定額制の動画配信サービスです。

一方Apple TVはiPhoneの画面や、YouTubeなどをテレビの大画面に映して視聴するためのデバイス(機器)のことを意味します。

Apple TV+の登録方法

Apple TV+のサービスを利用するにはAppleIDが必要です。

ですので既にAppleIDを持っているAppleユーザーと、AppleIDっていない非Appleユーザーではサービス開始時の手続きが違ってきます。

タイプ別に詳しくみていきましょう。

Appleユーザーの場合の登録方法

  1. Apple TV+アプリをインストール
  2. [無料トライアルを開始]をクリック
  3. サブスクリプションに登録

Apple TV+のアプリは基本的に元からインストールされていますが、iPhoneに入っていない場合は、App Storeからインストールしてください。

画面下に表示される[無料トライアルを開始]をクリックします。

表示に従ってサブスクリプションに登録しましょう。

この時の画面に無料期間が表示されますので覚えておくと解約の際慌てず済みます。

非Appleユーザーの場合の登録方法

  1. AppleTV+公式サイトにアクセス
  2. [サインイン]をクリック
  3. [AppleIDでサインインしてください]と表示されるので[AppleIDを新規作成]をクリック
  4. 氏名、住所、パスワードを入力
  5. 内容を確認後承認

非Appleユーザーがサービスに登録する場合、AppleIDを新規作成する必要があります。

解約にベストなタイミング

解約にベストなタイミングは無料期間中か課金利用中かで異なります。

解約手続きに不備が発生した場合も考慮して、それぞれの解約期限より2~3日程度余裕をもって手続きすると安心です。

無料期間中の解約

Apple TV+では、無料体験期間が終了すると自動的に有料会員に切り替わり、利用料金が発生する仕組みになっています。

無料体験期間中に解約を希望する場合は、更新日までに手続きをしましょう。

Appleの公式サイトでは、更新日の24時間前には解約手続きを済ませることが推奨されています。

無料期間はどのユーザーも一律ではなく、登録時の条件によってその期間が違います。

自分の無料期間はどのパターンかしっかり把握し、有料会員になるつもりがないのであれば更新日までに確実に解約手続きをしましょう。

無料期間が長い場合は、スケジュール帳にメモするなど忘れない工夫が必要かもしれません。

無料期間①ー初回登録【7日間無料】

Apple TV+に初めて登録したユーザーは7日間無料でサービスを体験できます。

完全オリジナル作品のみを配信しているため、既存の作品を取り扱っているサービスより作品数も少なく7日間でも十分楽しむことができます。

登録から解約までの期間が短いため、解約日を忘れる心配も比較的少ないでしょう。

無料期間②ーAppleOne初回登録【1ヶ月無料】

AppleOneに初めて登録したユーザーは、1ヶ月間無料でサービスを体験できます。

AppleOneとは、本記事で取り上げている「Apple TV+」に加えて「Apple Music 」「AppleArcade」「 iCloud+」の人気サブスクリプション4つをセットでお得に利用できるプランです。

AppleOneは個人で月額1,100円、最大5人招待可能なファミリープランは月額1,850円の利用料金がかかります。

解約せず有料会員に切り替わった場合、Apple TV+の月額料金ではなくAppleOneの月額料金が請求されますので注意が必要です。

無料期間③ーApple指定デバイス購入【3ヶ月無料】

iPhoneなどのApple製指定デバイスを購入したユーザーは3ヶ月無料でサービスを体験できます。

2021年7月1日までは無料期間が1年間でしたが、現在は期間が短くなってしまいました。

注意すべきは、デバイスを購入してから90日以内にApple TV+に申し込みをしなくてはいけないという点です。

自動的に利用開始できるわけではないので、iPhone等を買い替えた際は忘れず無料体験に申し込む必要があります。

有料会員になるまでの期限が3ヶ月と長いので、このタイプの無料体験が適応された方は解約日を忘れないように気をつけましょう。

無料期間④ーAppleMusicの学生プランに加入【加入中無料】

Apple Musicの学生プランを利用すると、Apple TV+も無料で利用することができます。

この場合、付属のサービスであるApple TV+を個別に解約するという必要はありません。

学生プラン適応中は更新日など気にせず、サービスを思う存分楽しみましょう。

課金利用中の解約

次に有料でサービスを利用している会員のベストな解約日についてです。

無料期間と同様、課金利用中の場合も契約は自動更新されます。

まず、Apple TV+の契約は

  • 月額契約
  • 年間契約

の2通りです。

月額契約の場合は月末までに、年間契約の場合は最終月の月末までに解約手続きを完了しておけば追加の料金が発生せずに済みます。

ちなみに、課金利用中に解約してもサービスは次回請求〆日まで利用可能です。

更新日ギリギリに焦って解約手続きをする必要はなく、解約の意志が決まった時点で早めに手続きをしておくことをお勧めします。

解約方法

条件ごとの解約手順を解説します。

設定からの解約手順

  1. [設定]アプリをクリック
  2. 自分のアイコンをクリック
  3. [サブスクリプション]をクリック
  4. 画面下部の[無料トライアルをキャンセルする]をクリック
  5. [確認]をクリック

アプリからの解約手順

  1. AppleTV+のアプリをクリック
  2. 画面右上の人型アイコンをクリック
  3. [サブスクリプションの管理]をクリック
  4. 画面下部の[無料トライアルをキャンセルする]をクリック
  5. 確認をクリック

非Appleユーザーの解約手順

  1. AppleTV+公式サイトにアクセス
  2. アカウント設定を開く
  3. サブスクリプション登録の[管理]をクリック
  4. [サブスクリプションをキャンセルする]をクリック

解約前に知っておくべき注意点

誤ってApple IDを削除しない

Apple TV+を解約する際に、誤ってApple IDを削除してしまうことがあるようです。

誤ってAppleIDのアカウントをしてしまうと、紐付けしているサービスが利用できなくなる、購入したコンテンツが消えるなど様々な問題が起こります。

解約に必要なのはあくまで「サブスクリプションのキャンセル」です。

Apple IDの誤削除には十分に注意しましょう。

無料体験中の解約はサービス停止日を確認

無料期間中の解約手続き画面に出てくるメッセージは下記の2パターンあるようです。

  1. 解約後、無料期間が残っていても即時サービスが停止するという内容。
  2. 解約後、無料期間中はサービスが受けられるという内容。

表示されるメッセージによって解約後も更新日までサービスを利用できるかどうかが決まります。

ちなみに筆者は、解約後も無料期間満了日までサービスを受けることができるという旨のメッセージが表示されました。

逆に即時サービス停止の表示が出た方は、無料期間にまだ余裕があれば一度手続きを保留して見たい作品を全て視聴してから再度解約手続きをした方がいいでしょう。

Apple TV+の解約に関するQ&A

AppleTV+解約に関するよくある疑問をQ&A方式で紹介します。

AppleTV+を解約する際、AppleIDでログインできない

ログイン情報が間違っているかもしれません。

AppleIDでログインできないときは、まず入力している情報が間違っていないか確認しましょう。

【IDを忘れた場合】

①Appleのサポートページにアクセスする

②「AppleIDやパスワードを忘れた場合」をクリック

③「こちらで検索できます」をクリック

④登録した氏名、メールアドレスを入力して「続ける」をクリック

次の画面でAppleIDをできます。

【パスワードを忘れた場合】

①Appleのサポートページにアクセスする

②「AppleIDやパスワードを忘れた場合」をクリック

③AppleIDを入力後「続ける」をクリック

④電話番号を入力後「続ける」をクリック

⑤表示された画面でパスワードを再設定する

【2ファクタ認証のコードが届かないとき】

①サインイン画面で「確認コードが届いていない場合」をクリック

②「信頼された電話番号に送信する」というオプションを選択してコードを再度送信

設定アプリに「サブスクリプション」が表示されない

解約のためにiPhoneやiPadの設定アプリを起動しても「サブスクリプション」の項目が表示されないケースがあります。

サブスクリプションが表示されない場合はWebブラウザやApple TV+の公式ホームページから解約手続きをしてみましょう

現在契約中のサービスがない場合、サブスクリプションは表示されません。

設定やWebブラウザ、公式ホームページからなど、どの方法からアプローチしてもサブスクリプションが表示されない場合は、Apple TV+が既に契約状態にないものと考えられます。

解約したはずなのにAppleTV+が利用できている

解約手続きが完了したのにApple TV+のサービスが利用できると「解約がうまくいってないかも?」と不安に思うかもしれません。

ですが、Apple TV+では解約手続き完了後もサービスが引き続き利用できるパターンもありますので心配いりません。

【Apple TV+の解約とサービス停止日】

  • 有料会員の解約:請求〆日までサービス利用可
  • 無料期間中の解約:即時停止もしくは無料期間終了日までサービス利用可

このように解約後すぐサービスが停止するのは無料期間中の一部ユーザーのみです。

解約したのに請求が届いた場合

解約が完了していないかも

Apple TV+を解約したはずなのに請求書が届いた場合、まず考えられるのが「解約がうまく完了していない」ということです。

サブスクリプションを確認して、現在の契約状況を確かめましょう。

もし、解約したのにも関わらず請求が届いているのであれば、Appleサポートに返金依頼を行ってください。

解約後におすすめのサービス

AppleTV+を解約した後、「次にどんな動画配信サービスを利用しようかな」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方に、無料でお試し利用できるおすすめの動画配信サービスをいくつかご紹介します。

U-NEXT

  • 月額料金:2,189円
  • 取り扱い作品数:約230,000作品
  • 無料期間:31日間

U-NEXTは、見放題作品数No.1を誇る業界トップの動画配信サービスです。

取り扱っている約230,000本のうち、およそ9割が見放題の対象作品です。

月額料金は少し高めですが、サービスによっては人気作品のほとんどが有料のレンタル作品になっているものもあるので、コスパでは優れていると言えるのではないでしょうか?

毎月付与される1,200円相当のポイントを賢く使えば、見放題対象外の作品も追加料金なしで視聴することができますよ。

さらに、U-NEXTはマンガや小説などの電子書籍なども取り揃えており、あらゆるコンテンツをまとめて楽しむことができます。

FODプレミアム

  • 月額料金:976円
  • 取り扱い作品数:約8,000作品
  • 無料期間:14日間

FODプレミアムには、フジテレビが運営する動画配信サービスです。

フジテレビで過去に放送された名作や、現在放送中の最新話を視聴することができます。

人気の高い過去の「月9ドラマ」も一度に見返すことができますよ。

FODプレミアムではオリジナル作品や、独占配信作も豊富で14日間の無料期間中飽きずにサービスを楽しめるでしょう。

毎月付与される最大1,300円相当のポイントを利用して、レンタル作品を無料で楽しむこともできます

さらに、購入金額の20%がポイントで還元される「20%ポイントバック」サービスや、電子書籍が読み放題になる「FODマガジン」など、お得な特典が満載です。

Hulu

  • 月額料金:1,026円
  • 取り扱い作品数:約100,000作品
  • 無料期間:14日間

Huluは2011年にサービスが開始された、日本テレビ系の動画配信サービスです。

日テレで放送された番組の最後に流れる「見逃し配信はHuluで」というフレーズで耳馴染みのある方もいるのではないでしょうか。

配信作品は約100,000作品と豊富で、ドラマ、アニメ、映画、バラエティなど配信ジャンルも幅広いため誰でも自分のみたい作品がきっと見つかりますよ。

まとめ

出典:https://www.photo-ac.com

Apple TV+は、リーズナブルな利用料金とハイクオリティなオリジナル作品が魅力の動画配信サービスです。

登録はもちろん、解約の手続きも非常に簡単なため安心して利用できるコンテンツと言えます。

無料体験も実施していますので、気になる方は一度サービスを体験してみてはいかがでしょうか?

有料会員に切り替える意向のない場合は、「契約更新日までの解約を忘れないようにする」という点だけ気をつけてサービスを思う存分楽しんでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。