dTVってどんなサービス?口コミやメリットデメリットを詳しく紹介!

dTVとは

出典:https://video.dmkt-sp.jp/

dTV(ディーティービー)とは、エイベックスがマネージメントし、ドコモが提供している動画配信サービスです。

映画やアニメ、ドラマなど様々なジャンルの映像作品を格安な月額料金で楽しむことができます。

この記事では、dTVの口コミや評判を実際に使っている方の声も紹介しながら詳しく解説していきます。

「dTVって他の動画配信サービスと比べてどんな特徴があるんだろう?」「dTVの口コミや評判って実際どうなの?」という疑問を持った方はぜひ参考にしみて下さいね。

dTVは月額料金550円で動画見放題

dTVを紹介する上でまず外せないのが、月額料金安さなのではないでしょうか。

dTVの月額料金は550円(税込)です。

この価格は、数ある動画配信サービスの中でもトップクラスの安さと言えます。

実際にその他のサービスの月額料金と比べてみたものがこちらです。

【主な動画配信サービスの月額料金比】

dTV          月額550円

U-NEXT     月額2,189円

Hulu    月額1,026円

FOD          月額977円

prime video 月額550円

FODやprime videoも1,000円を切る月額利用料金となっていますが、どちらも作品数が約3万本程度なのに対し、dTVでは約12万本の取り扱いがありかなりコスパのいいサービスと言えるのではないでしょうか。

月額料金は毎月1日から末日までの料金です。

日割り計算はしていませんので、利用する際には注意が必要です。

視聴できる作品は細かくジャンル分けされているため、自分の好みに合ったものを簡単に見つけることができます。

dTVで視聴できるジャンルは以下の通りです。

【dTVの動画ジャンル】

  • dTVオリジナル
  • 音楽
  • 洋画
  • 邦画
  • アニメ
  • キッズ
  • 国内ドラマ
  • 海外ドラマ
  • 韓流・華流
  • 教養・バラエティ

その他にも、「新着」「ランキング」「今後のラインナップ」など検索しやすい機能が充実しています。

「dTVチャンネル」との違い

dTVと似た名前のサービスに、「dTVチャンネル」というものがありますが両者の違いはなんなのでしょうか?

どちらもドコモが運営する動画配信サービスですが、その違いは動画の配信方式です。

dTVチャンネルはリアルタイム配信のため、決められた時間にしか見ることはできませんがdTVはオンデマンド配信ですので自分の好きな時間に動画を視聴できます。

好きな番組をリアルタイムで見たい方には、dTVチャンネルがおすすめですが、時間に縛られず動画を楽しみたいという方にはdTVが合っていると言えますね。

無料体験は初回限定31日間

dTVでは、初回に限り31日間の無料体験を実施しています。

無料期間中に解約をすれば利用料金は発生しませんので、dTVのサービスが気になっている方は一度サービスを試してみてはいかがでしょうか。

ただし、1日でも解約が遅れると自動的に有料会員に切り替わってしまうので解約日は把握しておくようにしましょうね。

出典:https://video.dmkt-sp.jp/

無料体験に申し込む際、上記のように画面中央に無料期間が表示されていますので忘れないようメモしておくといいかもしれません。

また、無料期間が31日間なのに対し、有料会員はその月1日でもサービスを利用すると一律月額料金が発生します。

例えば、有料会員になるタイミングが月初の6月1日でも月末の6月30日でも同じように6月分の月額料金が満額請求されるというわけです。

もし有料会員になる可能性がある方は、無料期間が月末に終わるよう逆算して無料体験を始めるとお得に有料会員に移行することができますよ。

dTVに関する利用者の口コミと評判

出典:https://www.photo-ac.com

dTVの口コミと評判【良いところ】

1話目無料作品がある

dTVでは、会員登録しなくても視聴可能な“1話目無料作品”があります。

パソコンではdTV公式ページから簡単に視聴できます。スマホの場合はdTVアプリをインストールしなくてはいけませんが、会員登録の必要ありません。

無料体験の会員登録が面倒!という方はまず1話無料の作品からdTVのサービスを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ハイクオリティなオリジナルドラマ

出典:https://panasonic.jp/viera/apps/vod_dtv.html

近年のオリジナル作品に力を入れる動画配信サービスが増えていますが、dTVでもオリジナル番組が面白いと利用者から好評を得ています。

テレビ番組にはないターゲットをしぼった内容と、何よりここでしか見られないという特別感が面白さをより際立たせているのかもしれません。

dTVのオリジナル作品は下記のジャンル分けがされています。

  • お笑い・バラエティ
  • マンガ
  • ドラマ
  • キッズ
  • ガールズ

韓流、華流ドラマのラインナップが豊富

dTVの特徴として韓流・華流作品のラインナップがとにかく豊富だということが挙げらます。

取り扱い数はなんと400作品以上!

韓流スター出演作から、正統派ラブストーリー、時代劇に至るまで幅広い作品が視聴可能で何から見ようか迷ってしまう程です。

その他のサービスでは多くて100〜200程度の作品数が相場で、U-NEXTでは1000作品以上取り扱っているのですが、月額料金が2,189円なことを考えるとコスパではdTVが優っていると言っていいのではしょうか。

手軽に韓流、華流作品を楽しみたい方にはdTVはかなりおすすめなサービスです。

新ジャンル「ライブ」でお家ライブを楽しめる

dTVでは2021年5月より、新ジャンルとして「ライブ」を立ち上げました。

オンラインライブを自宅から視聴することができる、コロナ禍に合った新しいサービスとなっています。

メジャーなアーティストでは

  • BTS
  • TWICE
  • Mr.Children
  • ONE OK ROCK
  • AAA
  • Da-iCE
  • ももいろクローバーZ

などのライブを配信しています。

数ある動画配信サイトの中でも、音楽ライブが視聴できるのはまだ一部のサービスのみですのでこれはdTVの強みと言えるでしょう。

筆者もライブが大好きでコロナ前は年に何度もライブに行っていたのですが、ライブってなかなか体力を使うんですよね。

場所が遠方な場合はチケットと別に交通費や宿泊代もかかりますし、会場のトイレは大行列で自由にいけない、席が遠くて見えなかった、帰宅時は人混みにもみくちゃにされたりと大変なことを挙げればきりがありません。

自宅でくつろぎながらライブを見ることができれば、ライブに対するハードルがかなり下がるんじゃないでしょうか。

もちろん肉眼で見るライブにしかないよさもありますが、「当日どうしても都合が合わない」「そもそもチケットが取れなかった」という場合の救済的な使い方もできますし、需要は益々増えていくと思われます。

その他にもミュージックビデオやライブ特典映像など、音楽好きにはたまらないサービスが充実していますよ。

dTVの口コミと評判【悪いところ】

視聴中に動画が止まる

dTVを実際に利用している口コミに「視聴中に動画が止まる」という声がいくつか見られました。

月額550円という格安設定のせいもあるのか、動画が何度も止まってしまうのは避けられないようです。

せっかく見ていたのに動画が途中で何度も停止してしまうと、ストーリーに集中できずストレスを感じてしまいますよね・・・

デバイスを再起動したり、動画を一度閉じて再度再生して対応すれば問題なく見れる場合もあるようです。

それでも上手くいかないという方はダウンロード機能がありますので、事前にダウンロードをしたうえで視聴をスタートすれば、ストレスフリーに動画を楽しむことができますよ。

動画が止まりやすいという声を紹介しましたが、現在は徐々に改善されつつあるということで、問題なく視聴できている方もいる様です。

これからさらに改善が進み、すべての利用者にスムーズな動画視聴が可能になることを期待します。

最新作のほとんどが有料作品

dTVは月額料金を支払えば約12万作品すべての動画を好きなだけ視聴できるかというとそうではありません

実はレンタル作品が存在し、別途料金必要になってくるのです。

その他の動画配信サービスでも最新作が有料となっている場合は多いのですが、dTVでは最新作に限らず有名作品など有料のレンタル作品がかなりの数あります。

見たい作品を見つけても、月額料金内で視聴ができるか確認してからサービスの利用を検討することをおすすめします。

多少月額料金が高くても作品をもれなく見たいという方は、完全見放題のサービスを検討した方がいいかもしれません。

支払い方法が限られている

dTVでは支払い方法が少ないという口コミもよく見かけます。

支払い方法の選択肢が少ないことを不便に感じている人も少なくない様です。

dTVの支払い方法は、月額料金の支払いか有料レンタル作品の購入であるか、そしてドコモユーザーかどうかによっても変わってきます。

〈月額料金の支払い方法〉

【ドコモユーザーの場合】
・ドコモのキャリア決済

 

【非ドコモユーザーの場合】
・クレジットカード払い(VISA、MASTER、JCB、AMEX)
※利用は国内発行のクレジットカード限定

・App Store、Google Playから購入

・コンビニで視聴シリアルコード購入

・gifteeで購入

・プリペイドカードの購入

・dポイントで充当

海外で発行したクレジットカードは利用できませんので注意が必要です。

クレジットカードを持っていない人でもコンビニやギフトショップでシリアルコードを購入すれば見放題プランのサービスを受けることができます。

チケットに記載された14桁のコードを入力し、支払いをしてください。

ただし、シリアルコードは3ヶ月分まとめての支払いしか対応しておらず、1ヶ月単位の利用ができません。

前払いシステムなので無料体験の利用も不可です。

非ドコモユーザーの場合月額料金の支払い方法はいくつかありますが、基本的にはクレジットカード決済が無難と言えるでしょう。

<有料レンタル作品の支払い方法>

【ドコモユーザーの場合】
・ドコモ キャリア決済
・dポイント、ドコモポイント
・クレジットカード払い(VISA、MASTER、JCB、AMEX)
※国内発行のクレジットカード限定
※有料レンタル作品の支払いはクーポン利用可

 

【非ドコモユーザーの場合】
・dポイント 、ドコモポイント
・クレジットカード払い(VISA、MASTER、JCB、AMEX)
※国内発行のクレジットカード限定
※有料レンタル作品の支払いはクーポン利用可

有料レンタル作品の支払いは、ドコモユーザーでない場合にはクレジット決済のみ対応となっています。

つまり学生など自分のクレジットカードを作れない非ドコモユーザーの方は基本的にdTVの有料作品を視聴することができないというわけです。

ドコモが提供する動画配信サービスなので、ドコモユーザーに特化した仕組みとなっていますが、SoftBankやauなどドコモユーザーでない場合もキャリア決済などの支払い選択肢が増えてくれるともっと利用しやすくなりそうですね。

dTVを利用するメリット・デメリット

出典:https://atcl-dsj.com/work

dTVを利用するメリット

月額料金が格安

はじめにお伝えしたように、dTVの月額利用料金は550円(税込)と格安であるため、そこをメリットと考える方は多い様です。

ただ、「価格よりも作品数を重視したい」「とにかく海外ドラマを見たい」など、人によって何がサービスを利用するうえでのメリットなるかは変わってきます。

d TVは気軽な料金で国内作品や韓流作品、音楽を楽しみたいという方にはメリットだらけのサービスと言えるのではないでしょうか。

オフラインで動画を楽しめる

一般的に動画視聴する際にはインターネット環境が必要ですが、dTVでは一度ダウンロードした動画を後からオフライン再生できる「ダウンロード機能」があります。

この機能を使うと、制限速度などを気にせず外出先で動画視聴できます。

スマホやタブレットにダウンロードしておけば、通勤時間やちょっとした隙間時間に屋外で気になる作品をチェックできて便利ですね。

ダウンロードした作品は直接スマホに保存されるのではなく、アプリ内に保存される仕組みになっており、ダウンロードに必要な容量は作品の長さや画質によっても違います。

映画1本(約90分)のダウンロードに必要な容量はこちらです。

ダウンロードに必要な容量】

  • きれい    約320MB
  • 非常にきれい 約1GB
  • HD                     約1.8GB

その他の動画サービスでは、一度ダウンロードした動画も一定時間経過すると再度ダウンロードが必要になる場合がありますが、dTVでは基本的に保存期間は定められていません。

ただし、有料レンタル作品や配信期限が設定されている作品など一部例外もあります。

倍速再生機能がある

dTVでは動画の再生スピードを標準、1.5倍、2.0倍と3種類から選ぶことができます。

作品の概要を知りたい時や、時間があまり取れない時に使うと便利な機能です。

dポイントが使える

dTVでは、dポイントを貯めたり、支払いに使ったりできるというメリットもあります。

dポイントとはドコモが提供しているポイントサービスです。

月額料金や有料レンタル作品購入の代金がdポイントとして貯まるだけでなく、有料レンタル作品の支払いに使用が可能です。

レンタルの際には、支払い方法の中から「dポイント」を選択し設定してくださいね。

dポイントは、ドコモ回線やドコモ光などのドコモユーザーが貯めやすいポイントサービスですので、やはりドコモを利用中の方はメリットが大きいと言えます。

dTVを利用するデメリット

同時視聴に対応していない

dTVのデメリットとしてまず挙げられるのが、同時視聴に対応していないということではないでしょうか。

家族がサービスを利用している時間に、ドラマや映画など別の動画を視聴することはできません。

動画視聴をするタイミングは帰宅後から就寝までが多いでしょうし、家族一緒に同じ作品を見る、あるいは一人暮らしで自分しかサービスを利用しないという方以外は不便さを感じる場合が多いはずです。

家族がそれぞれ頻繁に動画視聴をする場合は、月額料金が安いので各々がサービスに加入する、もしくは同時視聴機能があるサービスを選択する必要があるかもしれません。

家族でアカウントを分けることができない

dTVではdアカウントを紐付けしているので、家族で共有する場合アカウント分けることができません。

共通のアカウントを利用した場合、視聴履歴も共有されることになり家族が何を見ているかなどの情報が簡単にわかってしまいます。

もし視聴履歴を家族に見られたくない場合は、動画を視聴する度に履歴を削除する必要があります。

視聴履歴を削除する方法は下記の通りです。

視聴履歴の削除方法】

  1. dTVアプリを開く
  2. 画面下部にある「マイリスト」をタップする
  3. 「すべての視聴履歴を見る」をタップする
  4. 削除をするタイトルを選択し、「1件削除する」をタップする

アニメが代わり映えしない

dTVのアニメジャンルでは「名探偵コナン」や、「クレヨンしんちゃん」「アンパンマンチャンネル」などのメジャーなアニメが配信されています。

有名どころがあるから充分と考える方がいる一方で、他のサービスのラインナップと変わり映えしない」「作品の更新頻度が遅く飽きてしまった」と感じる方もいる様です。

もし動画配信サービスを利用する理由が「アニメをとことん楽しみたい」ということでしたら、dTVは不向きかもしれません。

その方には同じくドコモが提供する動画配信サービスの「dアニメストア」がおすすめです。

ドラマや映画の通り扱いは一切なく、とにかくアニメ一択!

月額440円(税込)で4,600作品が見放題のサービスです。

海外ドラマのラインナップが少ない

dTVは韓流、華流作品が充実しているとお伝えしましたが、実はそれ以外の海外ドラマの取り扱いがあまり多くありません。

  • 定番人気シリーズ
  • スパイ・犯罪捜査
  • 恋愛・青春
  • サスペンス・超常現象
  • 医療
  • その他
  • スタジオ

とジャンル分けされており、ウォーキングデッドやトランスポーターザ・シリーズなど有名作品もありますが、視聴できる作品数自体は伸び悩んでいる印象を受けます。

海外ドラマメインで視聴したい方はU-NEXTやHuluなど他社のサービスもおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

今回はdTVの評判や口コミ、メリットデメリットについて詳しく紹介させていただきました。

dTVの特に知っておくべき特徴をまとめたものがこちらです、

【dTVの主な特徴】

  • 月額料金が安い
  • 国内、韓流、華流作品が豊富
  • 同時視聴できない
  • 有料レンタル作品も多い

以上のことから、サービスを一人で利用する、コスパを重視していて韓流・華流作品が好きである、ドコモユーザーであるなどに当てはまる方にはdTVは魅力的な動画配信サービスと言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。