Disney+(ディズニープラス)の解約手順まとめ!スムーズに退会できる方法【2022年7月最新】

ディズニー作品やマーベル、ピクサー、スターウォーズといった人気作品に特化した動画配信サービス「Disney+」。

そんなDisney+ですが、

「解約したいけどやり方が分からない」「見るものが無くなったので別の動画配信サービスに乗り換えたい」「月額が高いので解約したい」

こんな悩みを持っていませんか?

本記事ではDisney+の解約方法について詳しく解説します。

Disney+を契約中の方も、登録を検討中で予め解約方法を確認しておきたい方もぜひ参考にしてください。

また、解約時の注意点や押さえておきたいポイント、乗り換えにおすすめの動画配信サービスについても記載しています。

やり方は簡単なので、解約手続きを行う前に要チェックです。

Disney+ (ディズニープラス)の解約前に確認すべきポイント

 

Disney+の解約前に、確認しておきたいポイントについて解説します。

項目は以下の通りです。

・無料期間終了後は自動更新され料金が発生
・毎月1日の更新日で日割り返金は無し

・アプリの削除だけでは退会にならない
・解約した瞬間から視聴できなくな
・再加入時は無料期間は無い
・特典キャンペーンなどの応募が無効に

解約自体は、基本的に手順に沿って行えば問題なく解約することが可能です。

一方で、上記の様な項目を知っておくと、後から不安になったり混乱したりする可能性を軽減できます。

Disney+の場合料金に関わる内容もあるので、解約手続きに移る前にぜひチェックしてみてください。

 

無料期間終了後は自動更新され料金が発生

 

ドコモのキャンペーンなどで無料期間を利用していた方は、無料期間終了後は自動的に更新されて月額料金が発生してしまいます。

自動更新自体はDisney+に限ったことではありませんが、無料期間だけ使用して辞めようと考えていた場合は、必ず期間内に解約手続きをしましょう。

無料期間の確認方法は下記の通りです。

1:My docomoを開き「dアカウント」でログイン
2:「契約内容の確認・変更」を選択
3:「全てのご契約状況を確認」を選択
4:「Disney+(ドコモ)」の無料期間が確認可能

「202〇年〇月〇日まで無料でご利用いただけます」と記載されているので、この日までに解約手続きを行う必要があります。

 

毎月1日が更新日で、日割り計算での返金は無し

 

Disney+の更新日は「毎月1日」です。

1日になった瞬間にひと月分の、料金が発生してしまいます。

他社だと登録日から1ヶ月毎に料金発生というようなパターンもあるので、混同しないように注意しましょう。

Disney+の契約時は、月末に登録しても1ヶ月分の料金が発生してしまうので、できるだけ月初に登録すると損がありません。

一方で、解約時に残日数に応じて差額が返金されることも無いため、逆に解約手続きは月末に行うのがオススメです。

 

アプリの削除だけでは退会にならない

 

スマホのアプリ一覧画面や、FireTVStickなどのメニュー画面からDisney+のアプリを削除しても解約したことにはなりません。

アプリが消えるだけで契約自体は残ったままなので要注意です。

解約するためには、次項で解説している正しい手順で行う必要があります。

「アプリを削除して安心していたら翌月請求が届いていた」というような事態が起こらないよう、アプリ削除は解約手続き終了後にしましょう。

 

解約した瞬間から視聴できなくなる

 

Disney+は解約した瞬間から動画視聴ができなくなります。

他社だと更新日までは利用できることが多いので、間違えないように注意しましょう。

そのため、解約を考えている場合はできるだけ更新日のギリギリまで利用するのがオススメですが、解約し忘れは本末転倒なので要注意。

前述の通り更新日は1日と決まっているので、月末に忘れずに手続きを行いましょう。

なお、Disney+を解約してもディズニーアカウントは残るので、一部サービスについては引き続き利用できます。

 

再加入時は無料期間は無い

 

ドコモのキャンペーンなどで無料期間が付与される場合がありますが、無料期間が付与されるのはあくまで初回登録時だけなので注意が必要です。

無料期間内に解約手続きを行い、再びキャンペーンへの登録などはできません。

また、過去にディズニーDXを利用していた方もDisney+への登録は2回目とみなされキャンペーンの対象外となります。

再加入自体はもちろん可能ですが、登録した瞬間に当月料金が発生するので、再加入はできるだけ月初に行うようにしましょう。

 

特典キャンペーンなどの応募が無効に

 

Disney+を解約すると、応募中のキャンペーンなどはすべて無効になります。

Disney+では、たびたび会員限定のプレゼント企画やキャンペーンなどが開催。

しかし、応募から抽選結果の発表には少し時間差があるので、この間に退会すれば応募は無効になるので注意が必要です。

dTVとの同時登録で毎月500ポイントのdポイントがもらえるといったキャンペーンがありますが、こちらも無効になります。

また、会員を継続した月数でもらえる特典が異なりますが、会員継続月数もリセットされてしまいますので長期間登録していた方はよく検討しましょう。

 

Disney+(ディズニープラス)を解約する方法

 

Disney+を解約する方法を解説します。

解約方法はいくつかあるので、下記項目についてひとつずつ記載。

・My docomoからの解約方法

・公式サイトからの解約方法

・AppStore・GooglePlay・Amazonからの解約方法

・電話での解約方法

 

My docomoからの解約方法

 

最もオーソドックスな、My docomoからDisney+を解約する方法は以下の通りです。

1:My docomoから、Disney+を契約しているdアカウントへログイン

2:「ご契約内容」⇒「現在契約中の主なサービス」⇒「Disney+」の横にある「解約する」を選択

3:「Disney+(ドコモ)注意事項」を選択し、注意事項の内容を確認

4:「Disney+(ドコモ)の注意事項に同意する」をチェックし、「次へ」を選択

5:「手続きを完了する」を選択

手続き完了画面が表示されれば、解約完了です。

 

公式サイトからの解約方法

 

公式サイトからの解約方法を記載します。

1:マイページから「ディズニープラス解約手続きページ」へアクセス
2:「アンケートに答えて退会を進める」を選択
3:「ディズニーアカウントのID・パスワードでログイン
4:アンケートに答え、「My docomo」へ移動
5:「dアカウント」でログイン
6:「契約内容・手続き」をク選択
7:「ご契約中のサービス」から「ディズニープラス(ドコモ)」を選択
8:「解約する」を選択

以上で解約手続きは完了。

公式サイトからの解約も、結局はMy docomoで操作することになります。

 

AppStore・GooglePlay・Amazonからの解約方法

 

Disney+をdアカウント無しで登録した方の解約方法を記載します。

下記のパターンを解説。

・iPhoneなどのAppStore経由

・AndroidスマホなどのGooglePlay経由

・Amazon経由

 

AppStore経由の解約方法

 

iPhoneなどの、Apple製品経由で解約する方法は下記の通りです。

1:「設定」画面を開く。
2:「アカウント」を選択。
3:「サブスクリプション」を選択
4:「Disney+」を選択
5:編集管理の画面に遷移するので、解約手続きを行う

 

GooglePlay経由の解約方法

 

Androidスマホなど、GooglePlay経由での解約手順は以下の通りです。

1:Google Playを開き、Disney+に登録したアカウントでログインする
2:「定期購読」を選択する。
3:Disney+のサブスクリプションを選択し、解約手続きを行う

 

Amazon経由の解約方法

 

Amazon経由で登録した場合の、解約手順は以下の通りです。

1:Amazonにログインし、アカウント画面へ

2:「デジタルコンテンツとデバイス」⇒「アプリライブラリと端末の管理」を選択
3:「管理」⇒「定期購読」を選択。
4:「Disney+」を選択し、オプションから解約手続きを行う

 

電話での解約方法

 

Disney+は電話やチャットでの解約も受け付けてくれます。

どうしても自分で解約できない場合は、Diseny+ヘルプセンター画面下部より問合せてみましょう。

カスタマーサービス

受付時間:午前9時~午後9時(年中無休)

 

Disney+(ディズニープラス)解約時のよくある質問

 

Disney+の解約時によくある質問を記載します。

項目は以下の通りです。

・My docomoがメンテナンス中で解約できない
・IDとパスワードを忘れてdアカウントにログインできない
・解約のおすすめタイミングは?
・解約したのに請求が来た

スムーズに解約できなかったという方は確認してみてください

 

Q1:My docomoのメンテナンス中は解約できない?

 

My docomoでは、毎週火曜午後10時30分~翌午前7時まで定期メンテナンスを行っています。

メンテナンス中はMy docomoからの解約を行うことができないので注意しましょう。

また、定期メンテナンス以外にも臨時メンテナンスが行われる場合もあります。

予定が決められているものは公式サイトで確認可能。

月末の更新日ギリギリにメンテナンスに入ってしまうと、更新日を過ぎてしまう可能性があるので、解約は少し余裕を持って行うのがオススメです。

 

Q2:IDとパスワードを忘れてdアカウントにログインできない

 

dアカウントのIDとパスワードを忘れてログインできない方は、My docomoの「IDをお忘れの方」から再設定や確認が可能です。

店頭で申し込んだ場合はログイン情報が書かれた紙をもらっているはずなので探してみましょう。

基本的には再設定すればログインできるので、万が一忘れてしまっても安心です。

また、最悪の場合はドコモショップに身分証明書や支払に使用しているクレジットカードなどを持っていけば解約まで行ってくれる場合もあるようです。

どうしてもわからない場合は、一度問い合わせてみると良いでしょう。

 

Q3:解約のおすすめタイミングは?

 

Diseny+を解約するのにおすすめのタイミングは月末です。

前述の通り、Disney+は毎月1日が課金日(更新日)なうえ、解約後即利用できなくなるので、ギリギリまで登録しておくと無駄がありません。

とは言え、解約を忘れて更新日が来てしまうと意味がないため、もう見るものが無くなったというタイミングで解約手続きを行うのがオススメです。

 

Q4:解約したのに請求が来た

 

Diseny+を解約したはずなのに「翌月に請求がきた」という場合は、以下が考えられます。

1:そもそも請求日は次月
2:解約ができていない

まず、Diseny+の当月分の料金は翌月に請求が来るので、基本的に翌月請求は普通です。

ただし、それ以降も来るような場合は解約が上手くできていない可能性があります。

手順を最後まで行っていない場合や、アプリを削除しただけの場合などが考えられるので、登録状況を確認してみましょう。

最悪やり方が分からなくても電話解約ができるので、安心してください。

 

Disney+以外のおすすめVOD

 

Disney+以外のおすすめVODについて簡単に解説します。

解約後に乗り換えを行う場合には参考にしてみてください。

以下のVODについて記載しています。

・U-NEXT
・Netflix
・Hulu
・AmazonPrimeビデオ
・FODプレミアム
・dアニメストア
・dTV
・ABEMAプレミアム

Disney+とは異なる特徴や配信作品を持っているので、見たい作品があるところを選ぶのがおすすめです。

また各社の解約方法を予め調べたうえで登録を行うと、無料期間内での解約もスムーズに行うことができます。

Netflixは無料お試し期間が無いので注意が必要です

 

おすすめVOD①:U-NEXT

 

U-NEXTは見放題作品数が国内最大級の22万本を誇るVODです。

月額は2,189円(税込)とやや高めですが、それに見合った作品数と機能性が特徴となっています。

140誌以上の雑誌が読み放題で、電子書籍で漫画や小説を購入することも可能。

毎月1200ポイントが付与されるので、有料作品のレンタルだけでなく電子書籍購入や映画館チケットとの交換に利用できます。

無料登録だけでも600ポイント付与されるので、有料作品や電子書籍の漫画1作品程度は実質無料で買えるのもポイントです。

 

おすすめVOD②:Netflix

 

Netflixは世界で最も利用者数の多いVODです。

最大の特徴は、Netflixでしか見られないオリジナルコンテンツが充実しているという点です。

もちろん洋画・海外ドラマ・アニメを中心に多くの見放題作品もあります。

また、料金は990円(税込)のベーシックプランをはじめ、画質や機能ごとに3段階の料金体系があるので、利用方法に応じて選ぶようにしましょう。

見られる作品はプランごとに違いはなく、機能のみが異なります。

一方で無料のお試し期間が無いという点には注意が必要です。

 

おすすめVOD③:Hulu

 

Huluは日本テレビが運営する動画配信サービスです。

そのため日テレ系列のTV番組が多く配信されており、未公開話が独占コンテンツになっている場合もあります。

さらに海外ドラマジャンルに強いという点もポイント。

月額1,026円(税込)で約10万本の動画が見放題なコスパの良いVODです。

お試し期間も14日間あるので、見たい動画がある場合はとりあえず登録してみましょう。

 

おすすめVOD④:Amazonプライムビデオ

 

AmazonプライムビデオはAmazonプライム会員の特典サービスの1つです。

年額4,900円(税込)で利用可能で、月額換算だと408円程度なので、他社と比較しても最安クラスの料金がポイント。

配信作品数は非公開ですが、他社サービスと比べると見放題本数は少なめです。

一方で、独自コンテンツが豊富で作品の入れ替わりも頻繁に行われるため、その月額の安さとあわせて考えるとコスパの良いVODとなっています。

プライム会員は他にも翌日配送などのお得な特典が多数あるので、Amazonユーザーは特におすすめです。

 

おすすめVOD⑤:FODプレミアム

 

FODプレミアムはフジテレビが運営する動画配信サービスです。

月額976円(税込)で7万本以上の動画が見放題で、130誌以上の雑誌見放題や電子書籍購入も可能です。

フジテレビ系列のドラマ・バラエティ・アニメなどが多数配信されています。

独占配信のコンテンツもあるため、これらの作品が見たい場合にはオススメ。

また、毎月最大1300ポイント獲得できるので、有料作品や電子書籍購入にも利用可能です。

 

おすすめVOD⑥:dアニメストア

 

dアニメストアはアニメ専門の動画配信サービスです。

月額440円(税込)で約4600作品以上のアニメ関連作品が見放題になります。

他社との最大の違いは、アニメとそれに関連する一部の実写作品しかないことです。

アニメの作品数はVOD業界でも最大級なので、新旧問わずアニメをたくさん見たい人にとってはコスパの良いVODとなっています。

初月無料なので、見たいアニメがある場合は最後まで見てから退会すれば、無料で最後まで視聴できてオススメ。

 

おすすめVOD⑦:dTV

 

dTVはドコモとエイベックスが運営に関わるVODです。

月額550円(税込)と安価ながら12万本以上の動画が配信されています。

ただし、見放題作品はそこまで多くは無く、カラオケ映像なども多数含まれています。

一方でエイベックスが運営に携わるだけあり、ライブ映像など他社では見られない独占配信作品も豊富。

韓国ドラマの配信も多いので、こうしたジャンルが好きな人にはオススメです。

月額が安い点がメリットなので、とにかく月額を安く抑えて多くの作品を見たい人はdTVを選ぶと良いでしょう。

 

おすすめVOD⑧:ABEMAプレミアム

 

ABEMAプレミアムはインターネットTVとVODの性質をあわせ持った動画配信サービスです。

月額960円(税込)で番組表に沿ってリアルタイム放送されるネットTVと、約1万5千本の見放題動画が利用可能。

映画・アニメ・バラエティだけでなく、釣り・麻雀・ヒップホップなど少しニッチなジャンルの作品も配信されています。

作品数自体はあまり多い方ではないので、オリジナル番組もあわせて見たい方にオススメとなっています。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

Disney+は解約方法がいくつかあるのが特徴です。

手順自体は簡単なので、分からない場合は是非本記事を参考に行ってみてください。

これからDisney+の登録を考えている方も、解約方法が分かっていれば安心して登録できるのではないでしょうか。

また、Disney+を解約して次のVODに登録する場合は、解約方法を調べてから登録するのがオススメ

更新日が毎月1日で、月の途中での登録や解約時に日割り返金が無く、解約後即利用出来なくなる点には要注意です。

現時点では無料期間はドコモからの登録者のみが対象ですが、念のため覚えておくと良いでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。