Huluの料金と特徴について解説

Hulu<フールー>

日本テレビの系列会社が運営する動画配信サービス「Hulu」は、動画本数が多く、画質等の機能面にも優れたVODです。

そんなHuluですが、

 

「名前は聞いたことがあるけど利用したことがない」
「料金はどれくらい?」
「特徴やメリット・デメリットは」

 

このような疑問を持っていませんか?

本記事では、動画配信サービス「Hulu」の料金や特徴を詳しく解説していきます。

これから登録を考えている人や、他社からの乗り換えを検討している人はぜひ参考にしてみてください。

Huluの料金と特徴を解説

 

Huluの基本的な特徴や機能について解説します。

主に、以下の項目について記載しています。

・Huluとは
・料金
・配信作品
・支払い方法
・画質
・対応デバイス一覧
・Huluストア
・無料お試し期間

 

特に料金面や配信作品は最も気になる部分かと思いますので、他社と比較しながら詳しく解説していきます。

 

Huluとは

 

Huluは日本テレビ傘下のHJホールディングス株式会社が運営する動画配信サービス(VOD)です。

元々はディズニー傘下の「Hulu,LLC」が運営するアメリカのVODで、2011年に日本でサービスが開始されています。

現在はアメリカと日本のHuluでは、サイトの内容は全く異なります。

運営会社が日本テレビ系列ということもあり、同社の作品が多数配信されており、総合的な配信作品数も国内では上位に入る大手VODとなっています。

 

Huluの料金は月額1,026円(税込)

 

Huluの利用料金は月額1,026円(税込)で、itunes決済の利用時のみ月額1,050円(税込)です。

 

有料コンテンツもありますが、他社のように有料作品と見放題作品が混在しておらず、サイト内の動画は見放題となっているのが特徴。

有料作品については後述の「Huluストア」にて解説します。

Netflixのような複数の料金体系は無く、月額を支払えば全ての機能と見放題動画が利用可能。

シンプルに多くの動画を高画質で利用したい方におすすめのVODとなっています。

 

他社との比較

 

主要他社とHuluの料金を比較すると以下のようになります。

 

・Hulu:1,026円/月

・U-NEXT:2,189円/月
・Disney+:990円/月
・Netflix:990円~1,990円/月(ベーシック)
・FODプレミアム:976円/月
・Abemaプレミアム:960円/月
・dTV:550円/月
・dアニメストア:440円/月
・Amazonプライム:4,900円/年(月換算で約408円/月)

※すべて税込

 

月額料金を主要な動画配信サービスと比較すると、平均より少し上の金額です。

ただし、配信作品数も多いためコストパフォーマンスの観点から考えると決して劣っているわけではありません。

画質などの機能などを含めれば、むしろコスパの良いサービスとなっています。

 

Huluの配信作品について

 

Huluの見放題作品数は約10万本です。

また、テレビのように決まった配信スケジュールで番組を配信する「ライブTV」というサービスも利用可能。

月額料金1,026円(税込)で10万本の動画が見放題なので、かなりお得に動画視聴ができるサービスとなっています。

 

Huluの配信作品と得意ジャンル

 

Huluの配信作品は以下のようなジャンルが主になります。

・洋画
・邦画
・海外ドラマ
・国内ドラマ
・アジアドラマ
・アニメ
・ドキュメンタリー
・バラエティ

全体的にまんべんなく配信されていますが、特に強いジャンルは「海外ドラマ」と「日テレ系列の番組(ドラマ・バラエティなど)」です。

海外ドラマは、Huluが日本で初配信となる作品も多数あり「Huluプレミア」と銘打たれて特集されます。

なお、プレミアとついていますが追加料金は必要ありません。

また、日テレが運営に携わっているので、同社で放送されている番組の見逃し配信やオリジナルコンテンツが豊富です。

 

他社との比較

 

主要他社の見放題作品数は概ね以下の通りです。

・Hulu:約10万本

・U-NEXT:約22万本
・dTV:約12万本
・FODプレミアム:約5万本
・Disney+:約1万6千本
・Abemaプレミアム:非公開
・Amazonプライム:非公開
・Netflix:非公開

dTVはカラオケ動画なども有るので実質主要なVODの中では2番目に多い見放題作品数となっています。

もちろん作品数は重要ですが、見たい動画があるかどうかもチェックが必要なので、登録前にラインナップを確認しておくのがおすすめです。

 

Hulu(フールー)の支払い方法

 

Huluで利用できる支払方法は下記の通りです。

・クレジットカード
・ドコモ払い
・auかんたん決済
・ソフトバンクまとめて支払い
・Google Play 決済
・iTunes Store 決済
・Yahooウォレット
・Amazon アプリ内決済
・PayPay
・LINE Pay
・PayPal
・Hulu チケット
・他社サービスのオプション支払い
(eo光・mineoなど)

大手動画配信サービスだけあり、多数の決済方法が利用可能。

自分が使いやすい決済を利用すると良いでしょう。

 

Huluの画質はフルHD

 

Huluの基本の画質は「フルHD(1080p)」になります。

2021年に一部動画の4k対応も開始され、動画配信サービスとしては最高クラスの画質で視聴することが可能です。

また、画質は利用しているデバイスによって自動で調整されますが、手動で変更することもできます。

外で見る場合に通信容量が気になるという人は、画質を落として視聴するのが良いでしょう。

 

Hulu対応デバイス

 

Hulu対応のデバイスは以下の通りです。

・PC
・スマホ・タブレット
・PS4・PS5
・テレビ
・ブルーレイレコーダー/プレーヤー
・Air Stick
・Amazon Fire TV
・Apple TV
・AQUOS ココロビジョンプレーヤー
・Chromecast
・J:COM LINK
・KDDI セットトップボックス
・Panasonic セットトップボックス
・PIXELA 4K スマートチューナー/PIXELA Smart Box
・テクニカラー セットトップボックス
・AMIGO 7X
・Xperia Touch (G1109)
・Aladdin プロジェクター
・Anker Nebula Capsule II

※TVやブルーレイプレーヤーの型番詳細はコチラ

VODの中でも対応デバイスは多い方なので、自分が使いやすいものを選択しましょう。

 

有料作品「Huluストア」について

 

Huluストアは、2020年からスタートしたHulu内の有料レンタル配信サービスのことです。

それまでは全ての動画が見放題でしたが、最新作品の配信が遅いというデメリットがありました。

しかし、Huluストアの開設により、最新作品も追加料金を払うことでレンタルが出来るようになりました

クレジットカード、PayPay、LINE Payが利用可能で、視聴期限は作品によって異なります。

Huluの無料アカウントさえ作成すれば利用可能で、月額見放題に加入しなくてもレンタルが可能になります

 

Huluの無料お試し期間は14日

 

Huluには、初回登録時のみ14日間の無料トライアル期間があります。

無料期間も有料作品以外は見放題です。

期間内に解約すれば料金が一切かからず利用できるので、登録を迷っている場合や、どうしても見たい作品がある場合におすすめです。

ただしHuluチケットのみでの登録の場合、無料トライアル期間が無いので、できるだけそれ以外の決済方法を利用しましょう。

 

Huluのメリット・デメリット

 

Huluのメリット・デメリットについて解説します。

他ではあまり見ない独自の機能もありますので、登録を検討している方は是非参考にしてみてください。

 

メリット

 

Huluの主なメリットや強みは以下の通りです。

・作品数が多くコスパが良い
・海外ドラマが充実
・日テレ系の番組に強い
・画質がフルHDの高画質
・ダウンロード再生が可能
・ファミリーアカウントで子供にも安心
・有料作品と無料作品が混在しない
・英語字幕利用可能

大手動画配信サービスというだけあり、作品も機能面も充実しており、使いやすいVODとなっています。

かゆいところに手が届く独自の機能もあり、使い勝手の良いサイトで、全体的にストレスの少ない使用感がポイントです。

 

メリット①:作品数が多くコスパが良い

 

Huluは約10万本の作品が月額1,026円(税込)で見られるコスパの良いVODです。

ジャンルの偏りも少なく、料金も平均的なので、多くの人におすすめできる動画配信サービスとなっています。

配信作品は毎月入れ替わり、ラインナップは登録前でも確認できるので、公式サイトを要チェックです。

 

メリット②:海外ドラマが充実

 

Huluは主要な動画配信サービスの中でも海外ドラマが充実したVODとなっています。

Huluライブでは国内初上陸の作品も放送され、海外ドラマ好きな方はぜひチェックしてみてください。

吹替作品も豊富で、後述の英語字幕機能など海外ドラマをさまざまな見方で楽しむことができます。

 

メリット③:日テレ系の番組に強い

 

Huluは日本テレビが運営に携わっているため、同社の作品が豊富に配信されています。

過去の名作ドラマだけでなく、最新ドラマやバラエティの見逃し配信も行われており、ラインナップを見ているだけでも見たい作品が多数出てくるのではないでしょうか。

また、ドラマの未公開シーンの配信などもあるため、地上波テレビで見た後でもチェックする価値があります。

近年のヒット作で言えば、「あなたの番です」のオリジナルコンテンツや、「今日から俺は!」の未公開シーンが配信されたことで話題を呼びました。

 

メリット④:画質がフルHDの高画質

 

Huluはほとんどの作品がBlu-ray並みのフルHD高画質で視聴可能。

他社だとほぼ全てがフルHD対応しているのはU-NEXTぐらいです。

そのため、コスパ良く高画質の動画を見たい場合はHuluがおすすめです。

数は多くないですが、一部動画が4Kにも対応しているのであわせてチェックしてみてください。

 

メリット⑤:ダウンロード再生が可能

 

Huluでは動画をスマホなどの端末にダウンロードしてオフライン状態でも視聴することが可能です。

注意点として、再生開始から48時間で期限切れとなり、視聴できなくなります。

一部対象外の動画もありますが、出かけた先や移動中に作品を見たい場合に重宝する機能となっています。

 

メリット⑥:複数プロフィール作成可能で子供にも安心

 

Huluでは1つのアカウントにつき6人分のプロフィールを作成することが可能です。

同時視聴はできませんが、ログインするプロフィールを分けることにより視聴履歴やお気に入りなどを分けて管理することが可能です。

プロフィールにはパスワードや年齢設定を行うことができるので、子供に年齢制限のある動画を見せたくない場合に便利。

また、プロフィールの年齢設定を12歳未満にするだけで、キッズプロフィールとなり子供向けの作品のみが表示されるようになります。

 

メリット⑦:有料作品と無料作品が混在しない

 

Huluならではの特徴として、見放題作品と有料作品が完全に別のページで管理されています。

これにより、検索画面に出てきた「見たい動画が有料だった」ということも起こりません。

他社だと混在して表示されることが多いので、煩わしく感じる人にはおすすめとなっています。

 

メリット⑧:英語字幕利用可能

 

一部の動画配信サービスのみ搭載されている機能として、英語字幕があります。

Huluでも利用可能で、本来日本語で表示される字幕を英語で表示することができます。

この機能を使って英語学習を行うという方法が人気を博しました。

全ての動画というわけではありませんが、英語字幕を利用可能な作品は多数あります。

自分の英語力を映画や海外ドラマを見ながら鍛えたいという方におすすめです。

 

デメリット

 

Huluのデメリットは以下の通りです。

・洋画や最新作品は少な目
・同時視聴ができない
・一部ダウンロードできない動画がある

どんな動画配信サービスにもデメリットはあるので、予め確認しておけば後悔する可能性を軽減できます。

登録時には留意しておくようにしましょう。

 

デメリット①:洋画や最新作品は少な目

 

Huluは洋画や最新作品の数は少な目です。

少ないとは言っても、作品はトータル10万本あるのでそれなりの数は配信されています。

ただし、洋画だけなら他社で強みを持つVODもあるので、洋画をよく見る人は予めラインナップを確認しておきましょう。

 

デメリット②:同時視聴ができない

 

Huluでは同時に作品を視聴できるのは1台のデバイスまでです。

そのため、家族で同じ時間に違う部屋で作品を見るというような使い方はできません。

登録前に、同時視聴をする機会が多いかどうかは確認しておくと良いでしょう。

 

デメリット③:一部ダウンロードできない動画がある

 

Huluのダウンロード再生は一部の動画が対象外となっています。

全ての動画がオフラインで視聴できるわけではないので、注意が必要です

とは言え、ダウンロードできない作品よりはできる作品の方がはるかに多く、全く使いどころのない機能というわけではないのでそこまで心配する必要はないでしょう。

 

Huluの登録・解約方法

 

Huluの登録と解約の方法を簡単に記載します。

登録したいけどやり方が分からない場合や、無料期間内の解約を考えている場合は予め確認しておくのがおすすめです。

いずれもマイページから行うことができます。

 

登録方法

 

最もオーソドックスな、Webサイトからの登録手順を解説します。

1:Webサイト上で「今すぐ無料でおためし」を選択

2:ログイン用に設定するメールアドレスを入力

3:「確認コードを送信する」を選択

4:登録メールアドレスに確認コードが届くので入力

5:「お客様情報の入力へ進む」を選択

6:指定の項目に入力し、支払い方法を選択

7:利用規約にチェックを入れて「登録してトライアルを開始」を選択

以上で登録は完了です。

 

解約方法

 

Webサイト上からの解約方法について記載します。

1:TOP画面のアカウントアイコンから「アカウント」を選択

2:オーナープロフィールを選択(「OWNER 」と書いてあるもの)

3:アカウントのログインパスワードを入力

4:「解約する」を選択

5:「解約ステップを進める」を選択

6:アンケートに答え、「解約する」を選択

7:「まもなくご契約が解除されます」と表示されれば解約手続き完了。

以上で手続きは終了となります。

なお、解約時に表示される解約日までは、引き続きHuluの利用が可能です。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

Huluは追加料金無しで10万本以上の動画が見放題となるVODです。

月額料金も1,026円(税込)と平均的なので、コスパよく多くの動画を視聴したい人におすすめとなっています。

また、海外ドラマや日テレ系列の番組に強い点もポイント。

適度な料金で動画配信サービスをしっかり利用したい人にもおすすめです。

初回14日無料のトライアルに登録し、期間内の解約で無料視聴が可能なので、登録を考えている場合はぜひ一度試してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。