ザ・トラベルナース見逃し動画2022年12月最新!再放送・無料フル配信はこちら【ネットフリックス・アマゾンプライム・TVerで見れる?】

サムネイル画像
本日から 12月17日 まで無料!

2週間無料で動画視聴

この記事を読むと、ザ・トラベルナースを無料で視聴する方法がたった3分でわかるよ♪

こんな方にオススメ!

  • ザ・トラベルナースの第1話を見逃してしまった...
  • ザ・トラベルナースの最終話まで一気に見たい!
  • ザ・トラベルナースの見逃し配信はないの?

目次

ザ・トラベルナースの見逃し動画を無料でフル視聴する方法

結論からお伝えすると、 ザ・トラベルナースの見逃し動画はAbemaプレミアム で視聴しましょう。
広告なし・CMなし・14日間無料・テレビ放送と同時に視聴可能で快適に視聴することができます。
Abemaプレミアムは14日間も無料期間が用意されているので、その期間であればどれだけ動画を見てもOK。PCやスマホ、タブレットにテレビと様々なデバイスで見ることができます。

もちろん、無料期間のうちに解約すればお金は一切かからないよ♪

Abemaプレミアム

  • 無料お試し期間
    14日間無料
  • サービス種類
    月額動画配信サービス
  • 見れるジャンル
    アニメ・ドラマオリジナル作品が視聴可能
  • 料金
    960円(税込)
  • ダウンロード再生
    可能

ザ・トラベルナースの動画見逃し配信状況

動画配信サービス 配信状況 お試し期間&特典

配信中

配信中

期間限定

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

dTV dTV

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

配信なし

⇒動画配信サービス徹底比較はこちら

ドラマ『ザ・トラベルナース』の動画は、Abemaプレミアムで配信中です。

※注意!

PandoraTV(パンドラ)・Dailymotion(デイリーモーション)などのその他海外の動画サイトでは違法にアップロードされた本編動画がある場合があり、画質・音質が悪いのはもちろんのこと、外部リンクへ誘導されることによりウィルスやスパイウェア感染の可能性もありますし、個人情報の漏洩やワンクリック詐欺など事件に発展する可能性もあります。

本日から 12月17日 まで無料!

2週間無料で動画視聴

Abemaプレミアムで作品を観る方法

エンタマ編集部のポイント
この作品はもちろんのこと、話題の作品を数多く見られるのがAbema premiumです。 月額960円で見放題の作品も多く、いろんな番組や映画に出会うことができます。 見逃し作品以外にもここでしか配信されていない作品も多く、登録は簡単なので、今すぐ登録して気になる作品をチェックしましょう!
無料お試し期間
14日間無料
サービス種類
月額動画配信サービス
見れるジャンル
アニメ・ドラマオリジナル作品が視聴可能
料金
960円(税込)
ダウンロード再生
可能
本日から 12月17日 まで無料!

2週間無料で動画視聴

  1. Abemaプレミアムの公式サイト へアクセス
Abemaプレミアムの会員登録は3分もあればカンタンに登録ができるよ♪
会員登録日から14日以内の解約であれば課金されないので、無料期間だけ楽しみたい方は解約を忘れないようにね♪

ザ・トラベルナースの番組情報

ザ・トラベルナース 再放送情報

第7話再放送情報

12月8日(木)14:50~15:48

口コミ

口コミがありません

口コミをもっと見る

口コミを書く

各話のあらすじと感想

2022年12月8日放送 第8話 (最終回)

 契約ナースとして「天乃総合メディカルセンター」で働き始めて以来、ことあるごとに衝突しながらも固い絆を育んできたトラベルナース・那須田歩(岡田将生)とスーパーナース・九鬼静(中井貴一)。2人の契約満了日が2週間後に迫る中――歩の目の前で、静が急性心不全を起こして倒れた! 幸いにも、歩と外科医・郡司真都(菜々緒)の適切な処置が功を奏し、静は一命を取り留めることに。ところが…検査結果が出るや、歩は愕然とする。あろうことか心不全の原因が、遺伝子異常で突然死を起こすこともあるマルファン症候群である疑いが浮上! しかも、病状はひどく悪化しており、手術で治る可能性が極めて低い状態に陥っていたのだ。  もちろん、静本人も以前から病状を把握し、死期が近いことも悟っていた。にもかかわらず、意識を取り戻した静は病室をこっそり抜け出し、看護師の仕事を再開! 歩は慌てて連れ戻そうとするが、「動けるうちに患者さんの助けになりたい」と譲らない。1日も長く患者に寄り添い、「命をまっとうしたい」と強く願う静。その決意は、歩が怯むほどの凄みに満ちていて…。  それでも何とかして静の命を救いたい歩は、最新の治療法について懸命に調査。かつて「天乃総合メディカルセンター」をクビになった外科医・神崎弘行(柳葉敏郎)が、マルファン症候群のオペを何度も成功させていることを知る。静を救えるのは神崎しかいない!――歩は一縷の望みに賭け、神崎に手術をしてほしいと直談判。だが、歩が必死で頭を下げるも、神崎は首を縦に振ろうとせず…!?  この3カ月ずっと近くにいたのに…もっと早い段階で静の病気に気づけなかった自分を悔やむ歩。そんな中、ふたたび静が倒れてしまう――!

口コミがありません

2022年12月1日放送 第7話 

 医療従事者を目指す貧しい人たちを支援する「フローレンス財団」の理事長であることを隠し、「天乃総合メディカルセンター」で契約ナースとして働く九鬼静(中井貴一)。細やかな気配りで人を見て人を治してきた、あのスーパーナースが突然、胸元を押さえて苦しみだした! 静の異変を偶然にも目撃してしまった看護部長・愛川塔子(寺島しのぶ)は、体調を心配するのだが…!?  かたや筋線維芽細胞腫が再発し、「天乃総合メディカルセンター」に再入院していた大学生・三上礼(荒木飛羽)の身にも異変が起こる。がんの進行が思いのほか速い上に、脳転移までもが見つかり、もはや外科的治療が極めて困難な状態になっていたのだ! 主治医である外科医・郡司真都(菜々緒)らは心を痛めながらも、女手ひとつで礼を育ててきた母親・三上七海(青山倫子)に説明。延命効果が望める専門病院での抗がん剤治療を勧められた七海は、愛する息子に1日でも長く生きてほしい一心から、礼本人に相談することなく転院を決めてしまう。  奇しくも、礼は映画祭でシナリオ大賞を受賞したばかり。賞金で映画を作れることになり、喜び勇んで仲間たちと撮影計画を練っている最中だった。しかし、七海から治療に専念するよう言われた礼は一切抵抗せず、ずっと夢だった映画製作を断念しようとする。その姿を目の当たりにし、やるせない思いを募らせるトラベルナース・那須田歩(岡田将生)。だが為すすべもなく、ただ見守ることしかできず…。  そんな中、静は礼に向って、諦めずに映画を作るよう鼓舞する。今の礼には残酷すぎる…と、静の言動をとがめる歩。だが静は、礼には“親にも友人にも言えない本音”があるはずだと断言し…!?

口コミがありません

2022年11月24日放送 第6話

 相変わらずの人手不足で、看護師たちが激務に追われている「天乃総合メディカルセンター」。ところが、経営第一主義の院長・天乃隆之介(松平健)と事務長・西千晶(浅田美代子)は看護部長・愛川塔子(寺島しのぶ)を呼び出し、ただでさえ少ない夜勤の看護師数をさらに減らすと告げる。いつもは彼らに頭の上がらない塔子も今回ばかりは異論を唱えようとするが、案の定あっさり押し切られてしまうことに。この非情な決定をどう看護師たちに伝えるべきか――塔子はひとり頭を悩ませる。  その矢先、元ボクサーの患者・六川源太(六平直政)が「歩ちゃ~ん」と連呼しながら、院内を徘徊し始める。実は、六川は軽度の認知症なのだが、いつもスパーリングの相手をしてくれるトラベルナース・那須田歩(岡田将生)の名前だけはしっかりと覚えているのだ。歩は取り掛かっていた作業を中断し、六川とスパーリングを開始。だが、よりによって目元にパンチを食らってしまうことに…。塔子は歩の担当業務をいったん割り振ろうとするが、手一杯の看護師たちから次々と断られてしまう。  精神的にも体力的にも限界に達しつつある中、それでも「みんな頑張っているから」と己を奮い立たせる塔子。謎のスーパーナース・九鬼静(中井貴一)はそんな彼女にそっと寄り添い、今にも壊れそうな心を救おうとする。ところが…他所から夜勤人数の削減策を聞きつけた看護師・森口福美(野呂佳代)が、塔子に詰め寄ったことで状況は悪化! 優柔不断な塔子の“リーダーとしての資質”に疑問を抱いた看護師・金谷吉子(安達祐実)も、塔子をきつく責め立て…。  そんな中、六川が病室で暴れだし、天乃院長たちから責任を問われた塔子がついに“退路を断たれる事態”へと追い込まれることに! 一方、静の身にも“とてつもなく不穏な影”が忍び寄り…!?

口コミがありません

2022年11月17日放送 第5話

 人気講談師・五反田宝山(松尾諭)が検査のため「天乃総合メディカルセンター」に入院。看護部長・愛川塔子(寺島しのぶ)はトラベルナース・那須田歩(岡田将生)を受け持ち看護師に任命する。ところが、いつもは淡々と業務をこなす看護師・金谷吉子(安達祐実)がいきなり、しかも一歩も引かぬ勢いで、自分を五反田の担当にしてほしいと塔子に直訴! あのクールな吉子が…もしや五反田のファンなのか!? 意外すぎる言動に担当医である内科医・天乃太郎(泉澤祐希)や看護師らが色めき立つ中、吉子は希望通り五反田を受け持つことになる。しかし、彼女はなぜか五反田に対し、殺気すら感じるほどのツン対応。ビクついた五反田が、歩に看護師のチェンジを依頼するほどで…!?  そんな中、五反田が直腸がんを患っていることが判明。外科医・古谷亘(吉田ウーロン太)がオペを担当することも含め、太郎が告知することになったのだが…。なんと行き違いが行き違いを呼び、医師でもない歩が五反田に告知してしまうことに! しかも、余命半年だと誤解し、激しく動揺した五反田が行方をくらましてしまい…!! 五反田を必死に捜す歩と謎のスーパーナース・九鬼静(中井貴一)。一方、吉子はというと、何を考えているのか一人で飲みに出かけてしまい…!?  さらに、この一大事は予期せぬ波紋を広げることに。なんと、静からいつになく厳しい口調で、今回の失態をとがめられ、“ナースとしての致命的な欠点”を指摘された歩が激怒。しかも静が荷物をまとめ、看護師寮から出て行ってしまう事態へと発展し…!

口コミがありません

2022年11月10日放送 最4話 

 「天乃総合メディカルセンター」の外科医・郡司真都(菜々緒)は目上の医師たちから見下され、担当患者の治療方針変更すら相談ひとつなく変えられてしまう日々…。自分では何も決断できず、アメリカ仕込みのトラベルナース・那須田歩(岡田将生)からも指示の遅さを指摘されてしまう。  そんな折、末期の大腸がん患者・四方田和子(岸本加世子)が入院してきた。病院中にお菓子を配り、愛想よく挨拶して回る和子。しかし、彼女のがんは根治手術が難しいほど進行…。医師たちは即座に、和子を緩和ケアに特化した病院へ移すべきだと判断する。だが、担当医師の古谷亘(吉田ウーロン太)から和子本人に伝えるよう命じられた真都は、内心納得が行かず、頭を悩ませることに。彼女の心模様を察した謎のスーパーナース・九鬼静(中井貴一)は、そっと寄り添おうとするのだが…。  まもなく真都は歩の同席のもと、和子に病院の意向を伝える。ところが、当の和子は手術を強く希望。返答に窮する真都を尻目に、歩が「検討する余地はあると思います」とキッパリ即答したことで、背中を押された和子は「治らなくてもいいから、手術してください」と涙ながらに懇願する。だが、病院側が一度決定したことを、そう簡単に覆すわけがない。現状を何とか打開しようとした歩は、和子のオペ・プランを真都に提案。しかし、真都は「ナースのくせに外科医に意見しないで!」と声を荒らげ…!?  そんな中、歩は四方田に啓介(元之介)という息子がいること、そして彼女が手術を希望する“本当の理由”を知る――。

口コミがありません

2022年11月3日放送 第3話

 深夜の「天乃総合メディカルセンター」に、大学生の三上礼(荒木飛羽)が救急搬送されてきた。礼は半年前、同院で筋線維芽細胞腫の手術を受け、未来への希望を胸に退院したが、非情にもここへ来て再発してしまったのだ。礼はふたたび入院し、治療に専念することに。以前から彼と親しくしていた担当看護師・向坂麻美(恒松祐里)は、我が事のように胸を痛めながらも、懸命に励ます。だがその一方で、彼女はことあるごとに看護師としての技量不足を自覚。すっかり自信を失っていた…。  そんな中、院内でトラブルが発生する。礼と同じ大部屋には、不摂生から生活習慣病を併発した会社経営者・三雲大悟(村杉蝉之介)もいたのだが、これがセクハラ&パワハラ三昧で看護師たちを困らせるモンスターペイシェント! 見兼ねたトラベルナース・那須田歩(岡田将生)は三雲を厳しく注意するが、それが原因で病院にクレームが入り、大問題に。謎のスーパーナース・九鬼静(中井貴一)からも、自分の感情をコントロールできない未熟さをたしなめられた歩は、腹の虫がおさまらない。  しかも、トラブルはまだまだ続く。なぜか深夜に一人で廊下を歩いていた三雲が転倒し、骨折。そこへ畳み掛けるように、麻美が“命の現場で絶対にあってはならないミス”を犯してしまったのだ!  度重なる病院側の失態に、三雲の妻・弓枝(杉田かおる)は激怒。なんと怒りの矛先は病院だけでなく、歯に衣着せぬ物言いを繰り返す歩個人にも向けられることに! 結果、歩は考えてもみなかった“最悪のピンチ”に追い込まれ…!?

口コミがありません

2022年10月27日放送 第2話

 「天乃総合メディカルセンター」で働き始めたトラベルナース・那須田歩(岡田将生)が、とある店で一人ランチをしていると、同じく一人客の女性・二階堂日向子(キムラ緑子)が脳梗塞で倒れた! 歩の適切な判断のおかげで一命を取り留めるも、後遺症で発話も食事もできなくなった二階堂は、搬送先の「天乃総合メディカルセンター」にそのまま入院。歩と謎のスーパーナース・九鬼静(中井貴一)が担当看護師となり、リハビリのサポートに着手する。ところが…なぜか静はいきなり、少しずつ口から食べられるようトレーニングしようと提案。早急だと判断した歩は猛反対するが、静は「やはりあなたは何も分かっていない馬鹿ナースです」と言い捨て、嚥下トレーニングの準備を始め…!?  時を同じくして「天乃総合メディカルセンター」に、政財界の大物のオペを多数成功させてきた、グルメなスーパードクター・神野博道(六角精児)が着任する。しかも、院長・天乃隆之介(松平健)から“病院のシンボル”として迎えられた神野は我が物顔。初日から堂々と、自らのやり方や都合を貫く。  その矢先のことだ。なんと二階堂が「天乃総合メディカルセンター」の大スポンサーである資産家だと判明! 経営第一主義の天乃院長はすぐさま独断で、二階堂の秘書・日下部二郎(手塚とおる)に“リスクのない治療”を約束し、胃に管を通して栄養を摂取する「胃ろう」のオペを担当医・郡司真都(菜々緒)に命じる。ところが、二階堂がVIP患者だと知った神野が、オペを横取りしてしまい…。  そんな中、静が嚥下トレーニングを強行! あろうことか、二階堂が誤嚥を起こしてしまう――。

口コミがありません

2022年10月20日放送 第1話

 トラベルナースの那須田歩(岡田将生)は、アメリカ国内を転々としながら医療活動に従事。手術場で医師を補助し、一定の医療行為を実施できる看護資格「NP(=ナース・プラクティショナー)」を存分に生かし、数々の命を救っていた。そんな折、歩は“ある人物”からの要請で日本へ帰国し、民間病院「天乃総合メディカルセンター」で働くことになる。実は、同院では看護師が次々と辞め、慢性的な人手不足が深刻な問題に…。看護部長・愛川塔子(寺島しのぶ)も日々の激務に加え、院長・天乃隆之介(松平健)や、ナースを下に見ている医師たちへの謝罪に追われ、疲弊していた。  そんな同院へやって来た歩は、初日から院内のヒエラルキーなどお構いなし。天乃院長の前でもやけに態度が大きく、外科部長・神崎弘行(柳葉敏郎)らを憮然とさせる。しかも、同じ日から働くことになっていた“院長お墨付きのベテラン看護師”も、なぜか一向に姿を見せず…!?  その矢先、経営第一主義者でVIP患者を優先する天乃院長は、急きょ転院してくることになった議員・一ノ瀬勲の意向を汲み、「ゴッドハンド」と呼ばれるスター外科医の神崎を執刀医に任命。神崎にしかできない一般患者・一村香澄(春木みさよ)の難手術を延期し、一ノ瀬のオペを滑り込ませる。実は、香澄のオペが延期されるのは、これで数回目。外科医の郡司真都(菜々緒)は香澄のオペを急ぐべきだと意見するが、神崎は耳を貸さず…。  こうして一ノ瀬のオペは、神崎によって行われることに。歩もオペ看として出術室へ向かう。ところが…神崎がメスを手に取った直後、一ノ瀬の“ある異変”を察知した歩は、オペを中止すべきだと主張。気分を害した神崎は、歩を手術室から追い出してしまう!  為す術もなく、手術室の前に立ち尽くす歩。そんな彼の前に、白衣を着た男が現れる。その男こそは…例の院長お墨付きのベテラン看護師・九鬼静(中井貴一)! しかも、静はいきなり「私の診立てではこの手術、中止になる可能性があります」と、歩に告げ…!?

口コミがありません

キャスト

那須田 歩(岡田将生おかだまさき

神崎 弘行(柳葉敏郎やなぎばとしろう

プロフィール

生年月日:
1961年01月03日
出身地:
秋田県
血液型:
O型

"劇男一世風靡セピア"のメンバーとして活動。1986年映画「南へ走れ、海の道を!」で本格的にスクリーンデビューし、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞する。1987年TBSドラマ「男女7人秋物語」、1991年NHK大河ドラマ「太平記」に出演。1997年フジテレビ「踊る大捜査線」シリーズに室井慎次役として起用、2005年同映画シリーズのスピンオフ「容疑者 室井慎次」で主役を演じた。2014年フジテレビドラマ「あすなろ三三七拍子」、TBS「月曜ゴールデン『検事 霧島三郎』」の両作品でも主演を務める。2014年映画「アゲイン 28年目の甲子園」、2016年「幸福のアリバイ~Picture~」、2017年テレビ朝日ドラマ「そして誰もいなくなった」に出演。特技はスキー、ゴルフ、野球。

出演作品

九鬼 静(中井貴一なかいきいち

プロフィール

生年月日:
1961年09月18日
出身地:
血液型:

1981年映画「連合艦隊」でデビューする。映画「ビルマの竪琴」「マークスの山」「梟の城」など出演多数。2003年主演を務めた「壬生義士伝」では第27回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞した。TBSドラマ「ふぞろいの林檎たち」、NHK大河ドラマ「武田信玄」「義経」、フジテレビドラマ「風のガーデン」「わが家の歴史」など多くのドラマに出演。「ミキプルーン」「DCカード」のCMに起用される。2016年10月には主演映画「グッドモーニングショー」が公開された。

出演作品

愛川 塔子(寺島しのぶテレシマシノブ

プロフィール

生年月日:
1972年12月28日
出身地:
京都市
血液型:
B型

2004年に映画「赤目四十八瀧心中未遂」をはじめ数多くの女優賞を受賞、2010年には若松孝二監督の映画『キャタピラー』で第60回ベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞した。舞台、映画のみならず2010年NHK大河ドラマ「龍馬伝」や2016年NHK連続テレビ小説「あさが来た」などドラマにも数多く出演している。

出演作品

西 千晶(浅田美代子アサダミヨコ

プロフィール

生年月日:
1955年02月15日
出身地:
血液型:

歌手としてデビュー後、女優として数々の作品に出演。2015年には、映画「あん」で活躍したほか、hulu・J:COMドラマ「フジコ」に出演。2016年はフジテレビ「ザ・ノンフィクション」に出演した。CMでは、サントリー「Milcolla」に起用された。H-E-L-Pキャンペーン動画「テキストバージョン 家族の一員編」、「フリートークバージョン」にも出演。

出演作品

向坂 麻美(恒松祐里つねまつゆり

プロフィール

生年月日:
1998年10月09日
出身地:
東京都
血液型:

NHKドラマ「まれ」「真田丸」、フジテレビドラマ「5→9(5時から9時まで)~私に恋したお坊さん~」、日本テレビドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」、MBSドラマ「覚悟はいいかそこの女子。」に出演。映画出演作は「散歩する侵略者」「レンタネコ」「俺物語!!」「虹色デイズ」「3D彼女 リアルガール」「アイネクライネナハトムジーク」など。2016年8月公開の「ネスレシアター『その一言がいえなくて』」では主演を務めた。BS-TBS「Seiko presents Sound Inn “S”(サウンドインエス)」にてレギュラーでナレーションを担当、雑誌「CINEMA SQUARE」ではコラムの連載も行っている。趣味は海外ドラマ鑑賞、羊毛フェルト。特技は歌、ダンス、バレエ。

出演作品

天乃 隆之介(松平健まつだいらけん

プロフィール

生年月日:
出身地:
血液型:

「暴れん坊将軍」シリーズをはじめ時代劇を中心に70年代から活躍する人気俳優。歌手としてのデビューは、1980年リリースのドラマ『走れ!熱血刑事』主題歌主題歌「夜明けまで」。2004年に発表した「マツケンサンバII」が大ヒット。 松平健は 1953年11月28日生まれ。愛知県豊橋市出身。 年齢は現在、66歳。 1970年にデビューをした。 俳優として活動している。

出演作品

金谷 吉子(安達祐実あだちゆみ

プロフィール

生年月日:
1981年09月14日
出身地:
東京都
血液型:
A型

1994年日本テレビドラマ「家なき子」、1995年「家なき子2」に主演し、劇中のセリフが流行語となった。1997年テレビ朝日「ガラスの仮面」主演、2005年フジテレビ 「積木くずし真相 ~あの家族、その後の悲劇~」主演、2010年東海テレビ「娼婦と淑女」主演など、多くの作品に出演。映画では1994年「家なき子」、2014年「花宵道中」で主演、2017年映画「TOKYOデシベル」でフミ役を演じる。他にも舞台、ラジオ、CDリリースと活動は多岐に渡る。

出演作品

郡司 真都(菜々緒ななお

プロフィール

生年月日:
1988年10月28日
出身地:
埼玉県
血液型:
O型

2009年より芸能活動を始める。映画「ONE PIECE FILM GOLD」バカラ役、「土竜の唄 香港狂騒曲」胡蜂役のほか、フジテレビドラマ「好きな人がいること」高月楓役、WOWOW「ふたがしら2」おこん役を演じた。2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」瀬名役、TBS「A LIFE ~愛しき人~」榊原実梨役で出演。KDDI「au 三太郎シリーズ」では乙姫役を演じている。趣味はゴルフ、釣り。特技は書道(7年)、バレーボール。

出演作品

主なロケ地

主なロケ地がありません

ザ・トラベルナース情報まとめ

本日から 12月17日 まで無料!

2週間無料で動画視聴

Abemaプレミアムで見れるおすすめドラマ

2022年曜日別・ドラマの無料動画まとめ

レビューを書く



スコア

現在放送中のドラマ